トランスヒューマニズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トランスヒューマニズム: Transhumanism)は、新しい科学技術を用い、人間身体認知能力を進化させ、人間の状況を前例の無い形で向上させようという思想である[1][2]。省略して>HH+と書かれる場合もある。日本語では超人間主義などと訳される[3]

トランスヒューマニズムは人間の機能拡張やその他将来の科学技術の開発・使用により、将来起こりうることを研究する学問でもある。[1][2]

概要[編集]

トランスヒューマニズムの根は古くはルネサンスにも見られるが、着想自体は1923年J・B・S・ホールデンによる『ダイダロス、あるいは科学と未来』(: Daedalus or Science and the Future)が先駆けとされている[1]。なお、"Transhumanism" という語を最初に用いた人物は、幼少期からホールデンと親友であるオルダス・ハクスリーの兄のジュリアン・ハクスリーである。

トランスヒューマニズムは新興の哲学として、一般的なヒューマニズムのカテゴリーの中では低く見られている。

一般的に、トランスヒューマニズムでは新しい科学技術、たとえばNBICと呼ばれるナノテクノロジーバイオテクノロジー情報技術認知科学、また未来技術として考えられている仮想現実人工知能精神転送人体冷凍保存などを支持しており[2]、この考え方に則り、実際に薬品遺伝子操作による寿命の延長・肉体の強化、脳とコンピュータの接続、などの研究が行われている[3]。トランスヒューマニストは、人間は人間以上の存在になるためにこれらの科学技術を使用すべきであり、使用できると考えている。

主なトランスヒューマニスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c ニック・ボストロム, A history of transhumanist thought, 2005
  2. ^ a b c 太田述正 (2005年6月9日). “トランスヒューマニズム(その3)”. 太田述正ホームページ 時事コラム. 2006年3月6日閲覧。
  3. ^ a b ラメズ・ナム 『超人類へ! -バイオとサイボーグ技術がひらく衝撃の近未来社会-』 西尾香苗訳、河出書房新社2006年ISBN 4-309-90698-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]