Internet Speculative Fiction Database

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ISFDB: The Internet Speculative Fiction Database
URL www.isfdb.org
営利性 非営利
タイプ オンラインデータベース
登録 閲覧は登録不要
運営者 Al von Ruff
設立者 Al von Ruff, Ahasuerus
設立日 1995年
現状 483,656タイトル、70,966名の作家

Internet Speculative Fiction Database (ISFDB) はサイエンス・フィクションと、関連するジャンルであるファンタジーおよびホラー小説についての書誌情報データベースである[1][2]

概要[編集]

ISFDBはボランティアによって成り立っており、データベースもウィキもユーザーが編集・情報更新可能である。ISFDBのデータベースとコードはクリエイティブ・コモンズライセンスで利用可能で[3]、ウィキペディアとの双方向のインターリンクがサポートされている[4]。そのデータはクリエイティブ・コモンズのライセンスで Freebase などの他の組織で再利用されている[5]。ISFDBは基本的には書誌情報データベースだが、書籍・作家・シリーズ・出版社についての簡単な歴史や伝記も含んでいる。

ISFDBのデータベースは、作家、長編小説、短編小説、出版社、賞、雑誌で索引が付与されている。さらに作家の筆名、シリーズ名、賞、表紙イラスト作者、挿絵作者もサポートしており、作家、アーティスト、出版社の伝記・歴史情報とリンクしている。現在は書誌情報と二次的書誌情報源の照合を行っており、データの正確さを向上させ、スペキュレイティブ・フィクションを100%網羅することを目標としている[6]。現在のデータベースの統計情報もオンラインで公開されている。ISFDBは 2005 Wooden Rocket Award の最優秀辞書サイト部門を受賞した[7]

1998年、コリイ・ドクトロウScience Fiction Age にて「SF的事柄についての最良のオールラウンドのガイドは Internet Speculative Fiction Database である」と書いている[2]。2009年4月、Freebase で Zenkat は「SF、ファンタジー、ホラー文学についてインターネット上で最も権威ある情報源と広くみなされている」と書いている[5]

2012年1月現在、Quantcastの推定では月に78,000人以上が訪れているという[8]

本格的データベースの具体例として、ISFDBのスキーマMySQLファイルがいくつかの手引書で使われている。ISFDBのスキーマとデータは、Rails For Java Developers という書籍の第9章で使われている[9]Lucid ImaginationSolr に関する一連のチュートリアルでも例として使用されている[10]

歴史[編集]

1984年から1994年にかけてネットニュースの rec.arts.sf.written というニュースグループに、Jerry Boyajian、Gregory J. E. Rawlins、John Wenn の3人がスペキュレイティブ・フィクション作家の書誌情報を投稿していた。それらの投稿から、ある程度標準的な書誌情報フォーマットが出来ていく[11]。それらの書誌情報の大部分は今も The Linköping Science Fiction Archive にある[12]。1993年、Al von Ruff がSFの賞に関する情報を検索可能なデータベースを開発[11]。1994年、John R. R. Leavitt が Speculative Fiction Clearing House (SFCH) を作った。同年後半、Leavitt が von Ruff に賞関連情報を自身のサイトで表示したいと相談し、データベース・ツールを提供してもらったが、同サイトの他の部分との連携がうまくいかず、導入を断念。1995年、Al von Ruff と rec.arts.sf.written によく投稿していた Ahasuerus が、SFCHでの経験と John Wenn が完成させた書誌情報フォーマットに基づきISFDBの構築を開始。1995年9月にISFDBが一応完成し、1996年1月にURLが公表された[11][13]

当初はイリノイ州シャンペーン郡ISPにあり、ディスク容量やデータベースサポートの面で制限されているという問題があった[11]。そこで1997年10月、SFのポータルおよびレビューのサイトとして知られている SF Site に移転[2][11]。その後 SF Site での維持コストが増大してきたため、2002年12月に自前のドメインを取得してそこに移動した。しかしあまりにも大量のリソースを消費するため、そのドメインをホスティングしていたISPが間もなくサイトを閉鎖した[11][14]

2003年1月からオフラインとなっていたが、同年3月テキサスA&M大学がホスティングを開始[11][15]

2007年、テキサスA&M大学でリソース割り当てに関する問題が発生し、ISFDBは独自にサーバを借りてホスティングするようになった。

ISFDBの編集は、Al von Ruff と "Ahasuerus" を中心とする一部の限られた人々が行っていたが[16]、2006年にオープンコンテント化されて(登録すれば)誰でも編集できるようになった[17]

ISFDBのソースコードと中身はクリエイティブ・コモンズの表示ライセンスで利用可能である[3]。2005年2月27日から、この方針になっている[11][18]

脚注・出典[編集]

  1. ^ Link Sites”. SF Site. 2009年5月17日閲覧。
  2. ^ a b c Cory Doctorow (1998年9月). “Internet Column from Science Fiction Age”. Science Fiction Age. 2009年5月17日閲覧。 “The best all-round guide to things science-fictional remains the Internet Speculative Fiction Database.”
  3. ^ a b General disclaimer”. ISFDB Wiki. ISFDB. 2009年7月30日閲覧。
  4. ^ Template:isfdb nameTemplate:isfdb title を参照。また、ISFDBでの書名データまたは作家データの編集における "Wikipedia link" フィールドを参照。詳しくは Help:Screen:EditTitle”. ISFDB Help. 2012年2月29日閲覧。
  5. ^ a b "zenkat" (2009年4月14日). “Our latest mass data load: science fiction books”. Freebase. 2009年7月30日閲覧。 “...it is widely considered one of the most authoritative sources about Science Fiction, Fantasy, and Horror literature available on the Internet.”
  6. ^ ISFDB Statistics.
  7. ^ 2005 winners: Wooden Rocket Awards”. SF Crowsnest. 2009年2月8日閲覧。 “14 Best Directory Site. Directories, online databases or search engines with a worthy SFF section. Winner: Internet Speculative Fiction Database www.isfdb.org.”
  8. ^ Site Statistics”. Quantcast. 2012年2月29日閲覧。
  9. ^ Rails For Java Developers [ISBN 0-9776166-9-X]”. 2011年3月14日閲覧。
  10. ^ Solr Powered ISFDB – Part #1”. 2011年3月14日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h Internet Speculative Fiction Database”. onpedia. 2009年5月17日閲覧。
  12. ^ The Linköping Science Fiction & Fantasy Archive”. 2009年7月23日閲覧。
  13. ^ What's New”. ISFDB. 2009年5月18日閲覧。
  14. ^ Cory Doctorow (2003年1月25日). “Literary treasure needs new home”. Boing Boing. 2009年5月17日閲覧。
  15. ^ Cory Doctorow (2003年3月25日). “ISFDB rises from the grave”. Boing Boing. 2009年5月17日閲覧。
  16. ^ Major Contributors”. ISFDB. 2009年5月18日閲覧。
  17. ^ Gandalara (2006年12月23日). “Changes to the ISFDB”. Science Fiction Brewed Fresh Daily. Other*Worlds*Cafe. 2009年5月17日閲覧。
  18. ^ What's New - 27 Feb 2005”. ISFDB What's New. ISFDB (2005年2月27日). 2009年7月30日閲覧。

外部リンク[編集]