SF映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

SF映画(エスエフえいが)は、SFサイエンス・フィクション)をモチーフにした映画宇宙人の襲来、宇宙旅行宇宙戦争、海底探検、タイムマシンなどの題材がよく扱われる。

SFは現在の世界とは違う作品世界を、社会的、文化的、技術的な考証を元に構築するが、SF映画では非現実の世界を映像で実現する事と、一般大衆を対象にした物語が要求され、作品世界の背景を解説するより、映像的な驚きに主体を置き、勧善懲悪の物語の作品が多い。

実写作品の場合はSFX を駆使して作られることが多い。そのためSF映画の多くはSFXによる特殊映像を売り物にする特撮映画の形をとっている。なお、SFXは映像における特殊効果・特殊撮影のことであり、SF映画に限らず戦争映画などの一般映画でも用いられる。

歴史[編集]

1900年~[編集]

世界初のSF映画は、1902年ジョルジュ・メリエスジュール・ヴェルヌの小説に鼓舞され製作した、フランスの映画月世界旅行』(Le Voyage dans la Lune)と言われている。この映画では、強力な大砲から発射された宇宙船での月旅行を描き、宇宙旅行や異星人の設定、当時では革新的な特殊効果により、空想的な映像を具体化し将来のSF映画に大きな影響を及ぼした。

1910年にはJ・シャーリー・ドーレイがメアリ・シェリーの小説『フランケンシュタイン』(Frankenstein)を映画化。

1925年ロスト・ワールド』(The Lost World)は、アーサー・コナン・ドイルの原作での人気があるテーマであり、1960年失われた世界』(The Lost World)でリメイクされている。

1927年フリッツ・ラングによる『メトロポリス』(Metropolis)は、未来都市とロボットを登場させ、未来社会を描いたSF映画として有名で、前出の『月世界旅行』は空想に重きを置いた物語であるが、SF的設定の確かさでは本作がSF映画の始祖とも言える。1984年には現存するフィルムを集め、ジョルジオ・モロダーにより纏められた再編集版が公開されている。

1930年~[編集]

1930年代からはトーキーが入り、今日のSF映画に直接影響を残す作品が作られている。

1931年のジェームズ・ホエール(James Whale)の『フランケンシュタイン』(FRANKENSTEIN)は、ロンドンの喜劇舞台が元になっているため、原作との相違点が多いが、モンスターの造形は、「フランケンシュタイン」のキャラクターを決定付ける影響があった。

1933年にはメリアン・C・クーパー、アーネスト・B・シェードザックによる、『キング・コング』(KING KONG)が製作され、アメリカのKING OF MONSTERとして幾度とリバイバル上映され、1976年2005年に同名でリメイクが作成されている。特にピーター・ジャクソン監督版は、初代に忠実である。

H・G・ウェルズの原作では、1933年透明人間』(THE INVISIBLE MAN)、『獣人島』(ISLAND OF LOST SOULS):モロー博士の島が製作されており、以後何度かリメイクされることになる。

1940年にはアニメーション、1948年には実写版の『スーパーマン』(SUPERMAN)が、1943年には『バットマン』(THE BATMAN)が製作され、コミックヒーローの映画化がされている。この頃は、スペクタクルなSF映画よりホラーの「吸血鬼」「狼男」「ドラキュラ」「ミイラ男」などが多く作成されている。

1950年~[編集]

1950年代はSF映画ブームと言える。

ジョージ・パルは特撮を生かした4本の本格SF映画を製作している。1950年月世界征服』(DESTINATION MOON)、1951年地球最後の日』(WHEN WORLDS COLLIDE)、1953年宇宙戦争』(WAR OF THE WORLDS)、1959年『タイム・マシン』(THE TIME MACHINE)、それぞれの原作は、ロバート・A・ハインライン『宇宙船ガリレオ号』、エドウィン・パルマーとフィリップ・ウィリー『地球最後の日』、ハーバート・ジョージ・ウェルズ宇宙戦争』、『タイム・マシン』。

1951年地球の静止する日』(THE DAY THE EARTH STOOD STILL)ロバート・ワイズ監督、同年『遊星よりの物体X』(THE THING FROM ANOTHER WORLD)ハワード・ホークス製作(監督)。

1954年には『海底二万哩』(20,000 LEAGUES UNDER THE SEA)をウォルト・ディズニーが製作。ネモ船長とノーチラス号のイメージはこの作品が決定づけていると言っても過言ではない。

1956年禁断の惑星』(FORBIDDEN PLANET)のロボットロビィは、『地球の静止する日』のゴートと、『宇宙家族ロビンソン』(1965年からのアメリカのTVシリーズ)のフライディと共に、いわゆる「ロボット」のキャラクターを確立した。

ボディ・スナッチャー/恐怖の街』(INVASION OF THE BODY SNATCHERS)は、独立系プロによる低予算映画である。

1957年縮みゆく人間』(THE INCREDIBLE SHRINKING MAN)は、リチャード・マシスンの原作で、この時代、放射能を題材にした映画が多く作成されている。

日本では、1954年本多猪四郎監督が『ゴジラ』を製作。以後50年で28作品が製作された。

1960年~[編集]

1960年原作アーサー・コナン・ドイルの『失われた世界』(THE LOST WORLD)と、1961年原作ジュール・ヴェルヌの『SF巨大生物の島』(MYSTERIOUS ISLAND)は、共に登場する恐竜などに特撮を使用しているが、前者のウィリス・オブライエンは、1925年の『ロスト・ワールド』を担当しており、後者のレイ・ハリーハウゼンとも関係が深い。この後、レイは1967年恐竜100万年1969年恐竜グワンジ』を手がける。

日本では、東宝のSFシリーズとも言える『電送人間』、『ガス人間第一号』が1960年に、『世界大戦争』が1961年に、『妖星ゴラス』が1962年に、『マタンゴ』、『海底軍艦』が1963年に公開されている。

また、1961年東宝の『モスラ』、1965年大映の『大怪獣ガメラ』、1967年松竹の『宇宙大怪獣ギララ』、日活の『大巨獣ガッパ』と怪獣が次々と生み出された。

1970年~[編集]

日本では、1973年日本沈没』、原作小松左京

1980年~[編集]

1990年~[編集]

日本では、1995年ガメラ 大怪獣空中決戦

2000年~[編集]

ベスト10[編集]

  • 科学者グループによるベスト10(Our expert panel votes for the top 10 sci-fi films)
  1. ブレードランナー Blade Runner (1982)
  2. 2001年宇宙の旅 2001: A Space Odyssey (1968)
  3. スターウォーズ / スター・ウォーズ 帝国の逆襲 Star Wars (1977) / Empire Strikes Back (1980)
  4. エイリアン ALIEN (1979)
  5. 惑星ソラリス SOLARIS (1972)
  6. ターミネーター / ターミネーター2 Terminator (1984) / T2: Judgement Day (1991)
  7. 地球の静止する日 Day the Earth Stood Still (1951)
  8. 宇宙戦争 War of the Worlds (1953)
  9. マトリックス The Matrix (1999)
  10. 未知との遭遇 Close Encounters of the Third Kind (1977)
  1. 2001年宇宙の旅 2001: A Space Odyssey (1968)
  2. スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 Star Wars (1977)
  3. E.T. E.T. The Extra Terrestrial (1982)
  4. 時計じかけのオレンジ A Clockwork Orange (1971)
  5. 地球の静止する日 Day the Earth Stood Still (1951)
  6. ブレードランナー Blade Runner (1982)
  7. エイリアン ALIEN (1979)
  8. ターミネーター2 T2: Judgement Day (1991)
  9. ボディ・スナッチャー/恐怖の街 Invasion of the Body Snatchers (1956)
  10. バック・トゥ・ザ・フューチャー Back to the Future (1985)

代表的なSF映画[編集]

関連項目[編集]

関連書[編集]

外部リンク[編集]