リチャード・マシスン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マシスン

リチャード・マシスン(Richard Burton Matheson, 1926年2月20日 - 2013年6月23日)は、アメリカ合衆国小説家SF作家ホラー小説作家、ファンタジー作家、ウエスタン作家、脚本家

経歴と作品[編集]

ニュージャージー州生まれ。ノルウェー移民の両親を持つ。ブルックリン工科高校を卒業後、幼年兵として第二次世界大戦に従軍する。1949年ミズーリ大学卒業(学士、ジャーナリズム専攻)。1950年、「ファンタジイ・アンド・サイエンス・フィクション」誌に掲載の短編『モンスター誕生(男と女から生まれたもの)』(Born of Man and Woman)でデビューを果たす。

優れたストーリーテリング能力を駆使し、ひとつのアイディアを丁寧かつ繊細な描写で語るというスタイルを持つ。映像媒体の脚本でもその才能を遺憾なく発揮し、スティーヴン・スピルバーグの『激突!』(原作と脚本)、『ヘルハウス』(原作と脚本)、エドガー・アラン・ポー作品の『恐怖の振子』『黒猫の怨霊』『忍者と悪女』、自作品"Bid Time Return"の改作脚本版『ある日どこかで』などの映画作品の他 、『トワイライトゾーン』などのTVドラマの脚本も多く手がけている。『ある日どこかで』『ゴッドファーザーPARTII』ではカメオ出演している。

息子のリチャード・クリスチャン・マシスンも小説家、脚本家として知られており、マシスンとは「同姓・同名・同業」となっている。娘について「『E.T.』の脚本家で俳優ハリソン・フォードの前夫人メリッサ・マシスン」とする文献があるが、これは間違いである。

2013年6月23日ロサンゼルスの自宅で死去[1]。87歳没。

影響[編集]

初期の長篇“I Am Legend”は、シドニー・サルコウ/ウバルド・ラゴーナ監督&ヴィンセント・プライス主演の『地球最後の男』(The Last Man on Earth, 1964年アメリカ/イタリア)、ボリス・セイガル監督&チャールトン・ヘストン主演の『地球最後の男オメガマン』(The Omega Man, 1971年アメリカ)、フランシス・ローレンス監督&ウィル・スミス主演で『アイ・アム・レジェンド』(I Am Legend, 2007年アメリカ)として映画化されている。本作で描写された「夜の一軒家を大勢の吸血鬼が包囲、攻め寄せてくる」というイメージは『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』に取り入れられている。藤子・F・不二雄のSF短編『流血鬼』は本作へのオマージュである。

作品リスト(発表順)[編集]

『』内は日本語版の題名。短編集はいずれも日本で独自に編纂されたもの。

長編[編集]

  • Someone Is Bleeding 『愛人関係
  • Fury on Sunday 『深夜の逃亡者』
  • I Am Legend 『吸血鬼』→『地球最後の男』→『アイ・アム・レジェンド』
  • The Shrinking Man 『縮みゆく人間
  • A Stir of Echoes  『渦まく谺』
  • Ride the Nightmare 『夜の訪問者』
  • Hell House 『地獄の家』
  • Somewhere in TimeまたはBid Time Return 『ある日どこかで』 1976年世界幻想文学大賞長編部門大賞受賞 
  • What Dreams May Come 『奇蹟の輝き
  • Now You See It... 『奇術師の密室』
  • Earthbound 『アースバウンド―地縛霊』
  • "Other Kingdoms" 『闇の王国』

短編集[編集]

映画[編集]

その他[編集]

  • クリストファー・コンロン編『ヒー・イズ・レジェンド』(小学館文庫、2010年) - マシスン作品へのトリュビュート短編集

脚注[編集]