チャールトン・ヘストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Charlton Heston
チャールトン・ヘストン
チャールトン・ヘストン
1963年ワシントン大行進にて
生年月日 1923年10月4日
没年月日 2008年4月5日(満84歳没)
出生地 イリノイ州エヴァンストン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
ジャンル 映画
活動期間 1950年 - 2008年
活動内容 1950年:映画デビュー
1959年アカデミー主演男優賞受賞
配偶者 リディア・クラーク
家族 フレイザー・ヘストン(長男)
主な作品
映画
ベン・ハー
『MY FATHER』
備考
全米ライフル協会会長(1998年 - 2003年
映画俳優組合代表(1965年 - 1971年

チャールトン・ヘストンCharlton Heston, 1923年10月4日 - 2008年4月5日)はアメリカ合衆国イリノイ州エヴァンストン(Evanston)出身の俳優、社会運動家。身長191cm。妻は女優のリディア・クラーク、長男は映画監督のフレイザー・ヘストンFraser Heston)。

略歴[編集]

イリノイ州の中心部シカゴの北に隣接するエヴァンストンに生まれ、ノースウェスタン大学卒業後はアメリカ陸軍に入隊し、第二次世界大戦には爆撃機の搭乗員として参戦していた。

退役後1950年に最初の映画に出演、『ミケランジェロの彫刻のように美しい』と称された肉体美と精悍なマスク、格調高い演技力でいくつもの名作に出演し、1959年には映画『ベン・ハー』でアカデミー主演男優賞を獲得した。ハリウッド黄金期後期を支え、日本人にも馴染み深い大作やSF映画の主演も務めた。1966年から1971年までは、俳優組合の会長をつとめた。

演じる役柄、出演作も幅広かったことで知られ、とくに当たり役となった歴史劇『十戒』や『ベン・ハー』、『エル・シド』、『華麗なる激情』等では歴史上の英雄を、『大地震』、『ハイジャック』等に代表されるパニック・アクションのタフガイな主人公をそれぞれ演じ分けた他、更には『猿の惑星』や『ソイレント・グリーン』などの娯楽作、異色作にも登場しイメージを一新した。1980年代以降は『ピラミッド』などのオカルト的作品の悪役で性格俳優の一面も見せ、90年代も個性的な名脇役として親しまれ晩年まで出演を続けた。『PLANET OF THE APES/猿の惑星』(2001年)ではゼイウス(猿側の将軍セードの父)役でカメオ出演した。

『MY FATHER』(2003年)ではアルツハイマーに苦しみながらも、「死の天使」と恐れられたヨーゼフ・メンゲレを圧倒的な存在感で演じた。

私生活は大変堅実で、ハリウッドスターとしては大変珍しく離婚歴はなく、20歳の時に結婚したリディア夫人と自身が亡くなるまで64年間連れ添った。2008年4月5日夜半過ぎ、自宅にて夫人に看取られ84歳で死去[1]。アメリカのメディアはトップニュースでヘストンの死去を報じた。

政治運動[編集]

公民権運動[編集]

ワシントン大行進でハリー・ベラフォンテマーロン・ブランドとともに

下記のように晩年は保守派層の代表として見られることになるが、アメリカ国内において法の上での人種差別が認められており、実際に出身地のイリノイ州南部を含むアメリカ南部を中心に人種差別が激しかった1950年代から1970年代に、人種差別反対の姿勢を公にして公民権運動の旗振り役の1人として活動した。

その活動の著名な例として、1963年8月にマーティン・ルーサー・キング牧師ハリー・ベラフォンテマーロン・ブランドサミー・デイヴィス・ジュニアらと共にワシントン大行進に参加した。

その後、共和党選出の保守派議員であるバリー・ゴールドウォーターへの共感から保守主義に傾倒していくものの、一貫して人種差別に対しては反対の立場を取り、自らの影響力をフルに使いアメリカにおける公民権法の実現と人種差別の解消にその生涯を通じて情熱を注いだ。なおこれらの活動を通じて、ジェシー・ヘルムズトム・ディレイなどの大物政治家とも親交を持った。

全米ライフル協会[編集]

銃の所有者が多いイリノイ州南部の出身ということもある上、「武装する権利の擁護」の観点から全米ライフル協会(NRA)の一員であり、1997年に同会の評議員に当選し、翌1998年には同会の会長に就任した。

同会の会長は本来2期(1期1年)までだったが、規約が改正され2003年まで5期つとめ、2000年アメリカ合衆国大統領選挙におけるジョージ・ブッシュ当選、2002年における共和党の中間選挙勝利に貢献し、減少を続けていた会員数も500万人近くにまで増大させた。そのため一時は大きな争点となっていた銃規制論議は、2008年アメリカ合衆国大統領選挙においてはほとんど聞かれず。本来は規制推進論者であるバラック・オバマヒラリー・クリントンは争点化させていない。

2002年ドキュメンタリー映画 『ボウリング・フォー・コロンバイン』 において、全米ライフル協会の会員でもある監督のマイケル・ムーアからインタビューを受け、コロンバイン高校銃乱射事件直後のコロラド州デンバーでの全米ライフル協会会議について質問された。ムーアはインタビューの当初は自身が全米ライフル協会の会員であることを述べて中立的観点からのインタビューであるように装った。やがてヘストンは上記会議の開催をはじめ自身や全米ライフル協会に対する批判が目的であることに気付き、対談を中断して退座した。

2003年8月に自分がアルツハイマー病であることを公表し、全米ライフル協会会長を辞任した[2]

主な出演作品[編集]

チャールトン・ヘストン(1982年)

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1950 虐殺の街
Dark City
ダニー
1952 地上最大のショウ
The Greatest Show on Earth
ブラッド・ブレイデン
燃える幌馬車
The Savage
ジム
ルビイ
Ruby Gentry
ボーク・タックマン
1953 真紅の女
The President's Lady
アンドリュー・ジャクソン大統領
ミズーリ大平原
Pony Express
バッファロー・ビル
アロウヘッド
Arrowhead
エド
1954 黒い絨氈
The Naked Jungle
クリストファー
インカ王国の秘宝
Secret of the Incas
ハリー・スティール
1955 遥かなる地平線
The Far Horizons
ウィリアム・クラーク
ベンソン少佐の個人的な戦争
The Private War of Major Benson
ベルナルド・ベンソン少佐
テキサスの白いバラ
Lucy Gallant
ケイシー・コール
1956 十戒
The Ten Commandments
モーセ
三人のあらくれ者
Three Violent People
コルト・サンダース
1958 黒い罠
Touch of Evil
マイク・ヴァーガス警部
大いなる西部
The Big Country
牧童頭スティーヴ
大海賊
The Buccaneer
アンドリュー・ジャクソン
1959 メリー・ディア号の難破
The Wreck of the Mary Deare
ジョン・サンズ
ベン・ハー
Ben-Hur
ジュダ=ベン・ハー
1961 エル・シド
El Cid
エル・シド
1962 ローマを占領した鳩
The Pigeon That Took Rome
ポール・マクドゥーガル
ダイアモンド・ヘッド
Diamond Head
リチャード・ハウランド
1963 北京の55日
55 Days at Peking
マット・ルイス
1965 偉大な生涯の物語
The Greatest Story Ever Told
洗礼者ヨハネ
ダンディー少佐
Major Dundee
エイモス・チャールズ・ダンディー少佐
華麗なる激情
The Agony and the Ecstasy
ミケランジェロ
大将軍
The War Lord
Chrysagon
1966 カーツーム
Khartoum
チャールズ・ゴードン
1967 誇り高き戦場
Counterpoint
ライオネル・エヴァンス
猿の惑星
Planet of the Apes
ジョージ・テイラー
ウィル・ペニー
Will Penny
ウィル・ペニー
1969 ナンバーワン物語
Number One
ロン・カトラン
1970 続・猿の惑星
Beneath the Planet of the Apes
ジョージ・テイラー
ジュリアス・シーザー
Julius Caesar
マルクス・アントニウス
大洋のかなたに
The Hawaiians
ウィップ・ホックスワース
1971 地球最後の男オメガマン
The Omega Man
ロバート・ネヴィル
1972 アントニーとクレオパトラ
Antony and Cleopatra
マルクス・アントニウス 監督・脚本・出演
ハイジャック
Skyjacked
ヘンリー・オハラ
野性の叫び
The Call of the Wild
ジョン・ソーントン
1973 ソイレント・グリーン
Soylent Green
ロバート・ソーン
三銃士
The Three Musketeers
リシュリュー枢機卿
1974 エアポート'75
Airport 1975
アラン・マードック
四銃士
The Four Musketeers
リシュリュー枢機卿
大地震
Earthquake
スチュアート・グラフ
1976 大いなる決闘
The Last Hard Man
サム・バーゲード
ミッドウェイ
Midway
マット・ガース大佐
パニック・イン・スタジアム
Two-Minute Warning
ピーター・ホリー警部
1978 原子力潜水艦浮上せず
Gray Lady Down
ポール・ブランチャード艦長
1977 王子と乞食
Crossed Swords
ヘンリー8世
1982 大金塊
Mother Lode
サイラス・マクギー 監督・出演
1984 ナイロビ
Nairobi Affair
リー・ケイヒル テレビ映画
1987 プラウドマン
Proud Men
チャーリー・マクリードSr テレビ映画
1988 わが命つきるとも
A Man for All Seasons
トマス・モア テレビ映画
監督・出演
1989 キング・マフィア/偽りの報酬
Original Sin
ルイス・マンチーニ テレビ映画
1990 デビルズ・パイレーツ
Treasure Island
ロング・ジョン・シルヴァー テレビ映画
クライシス2050
Solar Crisis
スキート・ケルソ(海軍提督)
リトル・キッドナッパー/赤ちゃんの贈り物
The Little Kidnappers
ジェームズ・マッケンジー テレビ映画
Mr.エンジェル/神様の賭け
Almost an Angel
クレジットなし
1992 レスキューズ/緊急着陸UA232
Crash Landing: The Rescue of Flight 232
アル・ハインズ機長 テレビ映画
1993 ウェインズ・ワールド2
Wayne's World 2
Good Actor
トゥームストーン
Tombstone
ヘンリー・フッカー
1994 トゥルーライズ
True Lies
スペンサー・トリルビー
マウス・オブ・マッドネス
In the Mouth of Madness
ジャクソン・ハーグロウ
1995 沈黙の大地
The Avenging Angel
ブリガム・ヤング テレビ映画
1996 アラスカ/小さな冒険者たち
Alaska
ペリー
ハムレット
Hamlet
劇中劇の王
1997 ヘラクレス
Hercules
- ナレーションのみ
1998 アルマゲドン
Armageddon
- 冒頭ナレーション
1999 エニイ・ギブン・サンデー
Any Given Sunday
コミッショナー
2001 フォルテ
Town & Country
ユージニーの父
キャッツ&ドッグス
Cats & Dogs
マスチフ 声の出演
PLANET OF THE APES/猿の惑星
Planet of the Apes
ゼイウス(セード将軍の父)
ファイナル・レジェンド 呪われたソロモン
The Order
ウォルター・フィンリー教授
2002 ボウリング・フォー・コロンバイン
Bowling for Columbine
- ドキュメンタリー
2003 MY FATHER マイ・ファーザー
My Father, Rua Alguem 5555
父親

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1983 警察署長
Chiefs
ヒュー・ホームズ ミニシリーズ
1985 ダイナスティー
Dynasty
ジェイソン・コルビー 3エピソード
1985-1987 The Colbys ジェイソン・コルビー 49エピソード

参照[編集]

関連項目[編集]

  • 納谷悟朗-チャールトン・ヘストンの専属声優。

外部リンク[編集]