縮みゆく人間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

縮みゆく人間』(ちぢみゆくにんげん、 原題:The Shrinking Man) は、アメリカSF作家リチャード・マシスン1956年に発表したSF小説

あらすじ[編集]

核実験によるスコールと、街中で噴霧された殺虫剤を浴びたスコット・ケアリーは、それらの相乗効果により、肉体が縮んでいくという恐るべき事態に直面する。あらゆる治療の甲斐なく1日に1/8インチずつ縮んでいくスコットは世間の好奇の目にさらされ、その肉体以上に精神的にダメージを受け、献身的に尽くす妻との仲も崩壊していく。

ある日、ひょんなことから家の外に放り出されてしまったスコットは鳥の襲撃を受け、逃げるうちに地下室に落とされてしまい、家族からも隔絶されてしまう。一寸法師のようになり、体にスポンジのかけらをまとった彼は、執拗に襲いかかる蜘蛛に針を使って戦い、高層ビルのように聳え立つ家具の上に置かれたクラッカーと漏水で飢えをしのぎながら、孤独な生存競争を続ける。

そして体長がいよいよ1/8インチとなった日、スコットが死んだと思い込み家を去っていく家族に、彼は懸命に自分の存在を訴えるが気づいてもらえず、絶望しながらも、自分の人生に誇りを持ちながら深い眠りにつくのだった。

書誌情報[編集]

映画[編集]

  • 縮みゆく人間(1957年、アメリカ) 監督:ジャック・アーノルド
  • 縮みゆく女(1981年、アメリカ) 監督:ジョエル・シューマカー

現在3度目の映画が進められている。