モロー博士の島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モロー博士の島
The Island of Dr. Moreau
著者 ハーバート・ジョージ・ウェルズ
発行日 1896年
ジャンル SF小説
イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

モロー博士の島』(モローはかせのしま、The Island of Dr. Moreau)は、イギリス小説家ハーバート・ジョージ・ウェルズ1896年に発表した小説。

ウェルズの人気を高めた小説のひとつであり、『タイム・マシン』や『透明人間』と同じく1890年代に発表された。他の生物を人間のように改造するという設定が話題を呼び、発表当時はアーサー・マッケンの『パンの大神』(1894年)と比較された[1]。何度か映画化もされている。

主な登場人物[編集]

エドワード・プレンディック(Edward Prendick)
語り手の男。生物学を学んだ経験をもつ。難破をきっかけにモロー博士と出会う。『D.N.A.』ではエドワード・ダグラスという名前になっている。
モロー博士(Doctor Moreau)
高名な生理学者。生体解剖などを行なったとして学界を追放され、孤島で動物を人間化する研究を続けている。
モンゴメリー(Montgomery)
モロー博士の助手。
ムリング(M'ling)
モンゴメリーに仕える獣人。
犬男(Dog-man)
プレンディックに協力的な獣人。
銀毛の男(grey Sayer)
「掟」を語る獣人。『D.N.A.』では生き残っている。
豹人、ハイエナと豚の男(Leopard-man、Hyena-swine)
血の味をおぼえ、人間に反抗する獣人たち。

あらすじ[編集]

1887年2月、帆船レディ・ヴェイン号に乗り組んでいたプレンディックは、漂流船との衝突事故の際に小型ボートで脱出する。のちに別の船に救助されるが、そこには多数の動物が積まれ、異様な外見の人間が乗っていた。やがてプレンディックは船の目的地である島に上陸し、白髪の男に会う。

白髪の男は、自分の島が「生物学研究所」のようなものだと説明する。プレンディックは、男の正体が、残酷な動物実験を理由に学界を追放されたモロー博士だと気づく。博士は、この島でさまざまな動物を人間のように改造し、知性を与える実験を行なっていた。島には多数の獣人がおり、人間を模範とする「掟」を守りながら生活していた。しかし、プレンディックは惨殺された動物の死骸などを目撃し、掟を破った獣人が存在することに気づく。

やがてモロー博士が手術中の獣人に殺害され、この事件をきっかけに獣人たちは人間らしさを失ってゆく。博士の助手であるモンゴメリーも死亡し、ただ1人の人間となったプレンディックは命の危険を感じて島を脱出する。しかし生還した彼を待っていたのは、人間社会に対する恐れであった。プレンディックは、街をゆく人々が獣人と化すのではないかという不安にさいなまれる。

日本語訳[編集]

主要な訳書としては

などがある。

本作品には、プレンディックの甥で遺産相続人であるチャールズによる前書きがついているが、この前書きが訳されていない版がある。

映画化[編集]

派生作品[編集]

  • 『デス博士の島その他の物語』 - 『モロー博士の島』を愛読していたジーン・ウルフの作品。『モロー博士の島』から着想を得た作品。
  • Moreau's Other Island - ブライアン・W・オールディスの作品。『モロー博士の島』から着想を得た作品。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 荒俣宏「H・G・ウエルズ 拡大する小説家」(『モロー博士の島』 宇野利泰訳、早川書房〈ハヤカワ文庫〉、1977年、290頁)

外部リンク[編集]