SF漫画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Planet Comics 誌の表紙(1946年5月号)

SF漫画(えすえふまんが)とは科学、もしくは空想(擬似)科学をテーマとしたり、あるいは舞台背景や小道具に用いた漫画を指す。ここでいう「SF」とは小説のサイエンス・フィクションscience fiction)のことであり、そういう小説に書かれるような内容を描いた漫画をSF漫画という。

アメリカ合衆国では1930年代初めごろ、新聞に連載される形で始まった。その後世界各国で書かれているが、アメリカと日本で特に盛んである。

歴史[編集]

アメリカ合衆国でのSF漫画(コミック)のはじまりは、1938年の『スーパーマン』である。その後、SF的設定のスーパーヒーローもの、『フラッシュ・ゴードン』や『バック・ロジャーズ英語版』のように宇宙を舞台にしたもの等、様々なSF漫画が登場した。

1950年代、ECコミックはSF漫画を洗練させていくことで大きな成功を収めたが、フレデリック・ワーサム英語版の著書 Seduction of the Innocent を端緒として漫画排斥の機運が子を持つ親や教育者の間で高まり、漫画出版を続けられなくなった。そのような中でも、子どもや若者向けのSF漫画は1960年代を通して出版され続けた。60年代末にはヒッピー運動の中でアンダーグラウンド・コミックスが生まれ、大人向けSF漫画が復活する。

それ以前にもSFと見なされる漫画はあったが、日本におけるSFを題材にした漫画の主要な流れは、第2次世界大戦以後、手塚治虫を中心として、横山光輝松本零士藤子不二雄永井豪石ノ森章太郎などの少年漫画で始まった。その後、萩尾望都竹宮惠子などが少女漫画においてSFを描き始めるようになると、内容的にも一層の多様性と発展が見られるようになった。大友克洋の『AKIRA』や士郎正宗の『アップルシード』、『攻殻機動隊』は海外でもよく知られている。

イギリスでは、コミック誌 Eagle に『ダン・デア英語版』が1950年から連載された。60年代半ばには教育雑誌 Look and Learnドン・ローレンス英語版の描いた The Trigan Empire が連載され、その後彼は Storm を生み出した。1970年代になるとコミック誌 2000 AD でスポーツや戦争といった一般的テーマを扱ったSF漫画が定期的に掲載され[1]ジャッジ・ドレッドなどのキャラクターも生み出した。その成功を受けて TornadoStarlordCrisis といった類似のコミック誌が登場したが、いずれも数年しか続かなかった。

フランス初のSF漫画は、1925年から新聞に連載された Zig et Puce au XXIème Siècle(21世紀のZigとPuce)で、1935年に単行本化された。十代のキャラクター Zig と Puce の冒険物語である。大人向けのSF漫画としては Futuropolis (1937-38) が最初であり、続編的な Electropolis (1940) が続いた。第二次世界大戦中、ナチスの占領によって『フラッシュ・ゴードン』の輸入が禁止されたため、連載していた雑誌の穴埋めのために Le Rayon U が描かれることになった。フランス初のSF漫画専門誌は1947年創刊の Radar だが、長くは続かなかった。長く続いたSF漫画誌としては Meteor があり、1953年から1964年まで続いた。その後の有名な作品としては『バーバレラ』(1962)、雑誌としてはメタル・ユルラン (1974) がある。漫画家としては、エンキ・ビラルジャン・ジローが知られている。

インターネットの普及により、ネット上でSF漫画を発表することが増えている。SFウェブコミックの草分けとしては、Polymer City Chronicles (1994) がある。他にも Schlock Mercenary (2000) や Starslip Crisis (2005) といったSFウェブコミックがある。

SF漫画家[編集]

主にSF作品を執筆している漫画家や、代表作にSF作品が含まれる漫画家を生年順に挙げる。

1920 - 1930年代生[編集]

1940年代生[編集]

1950年代生[編集]

1960年代生[編集]

1970年代生[編集]

生年不詳[編集]

参考[編集]

SF作家小松左京筒井康隆は漫画を描いていた時期がある。それぞれの項目を参照のこと。

海外の主なSF漫画家(原作者を含む)[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ Gravett, Paul (2005年). “Great British Comics: Nostalgia Ain't What It Used To Be”. Comics International. 2009年2月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。04-06-2009閲覧。 “Action's topicality and extreme images sparked a media furore and distributor crackdown, but from its ashes arose 2000AD, the same themes transposed into the 'fantasy' future of science fiction but as dark and disturbing as ever.”

参考文献[編集]

  • Benton, Mike (1992). Science Fiction Comics: The Illustrated History. Taylor History of Comics. Taylor Publishing. pp. 153. ISBN 087833789X. 

関連項目[編集]