ジャッジ・ドレッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャッジ・ドレッド
Judge Dredd
監督 ダニー・キャノン
脚本 ウィリアム・ウィッシャー
スティーヴン・E・デ・スーザ
原案 ウィリアム・ウィッシャー・Jr
マイケル・デ・ルカ
原作 キャラクター創造
ジョン・ワグナー
カルロス・エスクエラ
製作 チャールズ・M・リピンコット
ボー・E・L・マークス
製作総指揮 アンドリュー・G・ヴァイナ
エドワード・R・プレスマン
出演者 シルヴェスター・スタローン
音楽 アラン・シルヴェストリ
撮影 エイドリアン・ビドル
編集 アレックス・マッキー
ハリー・ケラミダス
製作会社 シナージ・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ハリウッド・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年6月30日
日本の旗 1995年9月15日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $90,000,000[1]
興行収入 $34,693,481[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$113,493,481[1] 世界の旗
テンプレートを表示

ジャッジ・ドレッド』(Judge Dredd)は1995年アメリカ映画で、SF映画イギリス同名コミックの映画化作品。

あらすじ[編集]

西暦2139年。核戦争後の人類に残された「メガシティ・ワン」は、秩序が乱れた犯罪都市と化していた。そこで政府は街の秩序を立て直すため究極の法システムを導入する。それは「ジャッジ」といわれるエリート集団である。彼らは逮捕した犯罪者をその場で裁判、判決、刑執行を行える権限を持っていた。その集団の頂点に立つ男が、人々から恐れられている「ジャッジ・ドレッド」であった。

ある日、ドレッドは身に覚えのない殺人罪で逮捕されるが、それはその後に明かされる陰謀の序章に過ぎなかった。

登場人物[編集]

ジャッジ・ジョゼフ・ドレッド(シルヴェスター・スタローン
本作の主人公のジャッジ。最も恐れられているジャッジで法を犯した人間には容赦なく刑を言い渡す。法に最も忠実な男で「法は常に正しい」と言う考えを持つ。過去に親友だったリコを逮捕したことがあり、それ以降その辛さから感情を捨てた。ニュースレポーターのハモンド夫妻を殺害した罪を着せられ、無期懲役に処される。実はヤヌスプロジェクトでファーゴの遺伝子を元にバイオテクノロジーで生み出されたクローン人間である。
ジャッジ・ハーシー(ダイアン・レイン
ドレッドの同僚のジャッジ。ドレッドの裁判の弁護人を務める。リコが起こしたジャッジの大量虐殺から生き残り、ドレッド達と共に戦う。
リコ(アーマンド・アサンテ
ドレッドの親友だった元ジャッジで、殺人罪でドレッドに逮捕された男。その後、処刑されて死んだと思われていたが、グリフィンの策略でアスペン刑務所で生き続けていた。グリフィンの手引きでアスペンから脱獄。ジャッジシステムに批判的な考えを持っていたニュースレポーターのハモンドを殺害しドレッドに殺人罪をかぶせ、メガシティで反乱を起こし、町を恐怖に陥れる計画を実行する。ドレッドと同じく、ヤヌスで誕生したクローン人間であり、遺伝子もドレッドと同じ。ヤヌスを利用してメガシティを支配しようと目論む。
ファーゴ長官(ジャッジ・ファーゴ)(マックス・フォン・シドー
ジャッジ評議会の長官。ドレッドの理解者であり彼を最も信頼している。若い頃は最も優秀なジャッジで、ヤヌスプロジェクトでは彼の遺伝子が使われた。ジャッジシステムで人々を抑圧することに難色を示しており、それに反発するグリフィンの策略で、犯罪者に仕立てられたドレッドを死刑にさせないため、引退し、ロングウォークに出る(引退するジャッジには特権として最後の命令を下すことが出来るため)。ドレッドを危機から救うが、エンジェルファミリーの三男ミーンに致命傷を負わされ、ドレッドに出生の秘密を教え、息絶える。
ハーマン・ファーガソン(ファージー)(ロブ・シュナイダー
冒頭で刑期を終えてメガシティに戻ってきたのもつかの間、暴動に巻き込まれ、業務用ロボットの中に隠れたため、ロボットの不正操作でドレッドに逮捕されてしまった不幸な男。その後冤罪で逮捕されたドレッドと同じ飛行機でアスペン刑務所へ向かうことになるが、飛行機がエンジェルファミリーの襲撃で墜落し、拉致される。その後ドレッドに救われ彼と共に行動することになる。
ジャッジ・グリフィン(ユルゲン・プロホノフ)
ジャッジ評議員の一人。メガシティで暴動が絶えないため、制度を強化して、極刑の適用範囲を広げるべきと主張するも、ファーゴ長官がそれに消極的であったため、ファーゴを失脚させて自らが長官になる。秩序のためにヤヌスプロジェクトを再開し、ジャッジを増員しようとするが、リコに裏切られ、殺されてしまう。
メイソン・オルメイヤー(バルサザール・ゲティ
アカデミーに通うジャッジ候補生。CGや映像解析のエキスパートで、アカデミーでも一目を置かれるほどの人物で、ドレッドの持っていた非常に精巧に作られた合成写真を見破ったほど。ドレッドの裁判では証拠品の映像の不鮮明さを指摘し、却下させた。
エンジェルファミリー
メガシティでもその名が知られる、無法者家族。ドレッドを乗せた飛行機をロケットランチャーで撃墜し、ドレッドとファージーを拉致する。人食い人種。父親と、ジュニア、リンク、ミーンの4人で構成される。ミーンは幼い頃に手術を繰り返したらしく、体のいたるところが機械化されており、額のスイッチを入れると凶暴になる。

登場メカ[編集]

処刑銃(ロウギバー・ハンドガン)
ジャッジが使う銃。正式名称「ロウギバー・ハンドガン・モデル2(略称はロウギバー2)」一見普通のハンドガンのように見えるが、炸裂弾や閃光弾などの色々な種類の弾丸を装備し、自動連射モード、2連銃といった様々な銃火器の機能を兼ね備えた銃。持ち主の声を聞き分けて指令を読み取ることが出来る。持ち主のDNAが登録されており、持ち主以外の人間が手にすると相手を感電させる機能が付いている。また、銃を撃ったジャッジの遺伝情報を弾丸に打ち込む隠れた機能が付いており、これが裁判でドレッドが有罪になる決め手となった。
ローマスター・エアバイク
ジャッジが使う、陸・空両用のバイク。レーザー爆弾二機で武装している。
ABCロボット
リコが訪れた武器屋に安置されていた戦闘用ロボット。戦争で絶滅したとされているが、武器屋の店主曰く「探せば手に入る」という。長い間機能していなかったが、リコが修理したことで復活。リコを主人と認識し、彼らと共にメガシティで暴れまわる。キャラクタの元ネタはイギリスのコミック「ABC warriors」からであり、本作ではカメオ出演である。
ヤヌスプロジェクト
昔、封印されたプロジェクト。遺伝子工学を利用し、完璧なジャッジを作る目的で行われた。当時最も優秀だったファーゴの遺伝子を元に、弱点や欠点を抹消し、長所を強化して、ドレッドとリコを作り出した。最新の技術を使えば、すぐに(約8時間で)成人を作り出すことも可能。リポーターのハモンドはこのプロジェクトについて調べていたが、そのためにグリフィンの策略で殺された。

その他[編集]

  • ラストではドレッドがメガシティ・ワンを背景にして写っていることから続編が示唆されていたが、映画が興行的に失敗してしまったため、続編製作にスタローンは消極的であった。
  • 日本ではVHSもDVDもすでに廃盤になっており、現在入手困難である。また、有名俳優起用による大作映画でありながらレンタルDVDが出回っていない。そのため、DVDの中古品はインターネットの一部中古市場で高額取引されている。
  • 2013年7月17日にウォルト・ディズニー・ジャパンよりBDが発売されたことに伴い、DVDも新たに同時発売された。しかし、東芝デジタルフロンティアより発売されたVHS・DVDに収録されていた吹き替え版は収録されていない。ディズニーの日本語吹き替え未収録作品は、本作が初である。
  • 2002年に『ジャッジ・ドレッド2』が制作されるという噂が出回るもそれだけに終わったが、2010年には本作の再映画(リメイクではなくリブート)化が決定し、2012年に公開された。詳細はジャッジ・ドレッド (2012年の映画)を参照。
  • CHAGE and ASKAASKAによるエンディングテーマ「TIME」は、サウンドトラック盤アルバムではCHAGE&ASKAのアルバム『RED HILL』に収録された「THE TIME」の英語バージョンと解説されているが、実際は『GUYS』に収録された「WHY」の英語バージョンである。そのため、上記のウォルト・ディズニー・ジャパン版BD/DVDには、このエンディングテーマは収録されていない。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHSDVD フジテレビ
ジャッジ・ドレッド シルヴェスター・スタローン 玄田哲章
リコ アーマンド・アサンテ 石塚運昇 大塚芳忠
ジャッジ・ハーシー ダイアン・レイン 高島雅羅 鈴鹿千春
ファーゴ長官 マックス・フォン・シドー 阪脩 内田稔
ファージー ロブ・シュナイダー 大塚芳忠 江原正士
ジャッジ・グリフィン ユルゲン・プロホノフ 池田勝 堀勝之祐
イルサ ジョアン・チェン 佐々木優子 小宮和枝
メイソン・オルメイヤー バルサザール・ゲティ 檀臣幸 落合弘治
ジャッジ・カルロス・エスポジト ピーター・マリンカー 筈見純 小島敏彦
ジャッジ・エヴリン・マクルーダー ジョアンナ・マイルズ 山田礼子 京田尚子
ジャッジ・ジェラルド・シルバー アンガス・マッキネス 峰恵研 朝戸鉄也
ガイガー イアン・デューリー 宝亀克寿 幹本雄之
ミラー刑務所長 モーリス・ローヴズ 幹本雄之 田原アルノ
ヴァーティス・ハモンド ミッチェル・ライアン 宮田光 糸博
ジャッジ・ブリスコ レックス・ダニエル 成田剣
ジュニア・エンジェル ユエン・ブレムナー
ミーン クリストファー・アダムソン 中田和宏 辻親八
パ・エンジェル スコット・ウィルソン 宝亀克寿 千田光男
リンク・エンジェル フィル・スミートン 石井隆夫
ブロック将軍 ジェームズ・レマー 大友龍三郎
翻訳 武満眞樹 栗原とみ子
演出 福永莞爾 田島荘三
調整 兼子芳博 長井利親
効果 南部満治
担当 吉富孝明 小笠原恵美子
魏治康
制作 ニュージャパンフィルム
初回放送 1997年10月18日
ゴールデン洋画劇場
  • VHS・DVD版の吹き替えは廉価版DVDBlu-Ray Discには未収録。

リメイク[編集]

2012年にリメイク版がカール・アーバン主演、ライオンズゲート配給で3D公開された。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Judge Dredd (1995)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年6月20日閲覧。

外部リンク[編集]