ダイアン・レイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイアン・レイン
Diane Lane
ダイアン・レインDiane Lane
本名 Diane Lane
生年月日 1965年1月22日(49歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカニューヨーク州
民族 アメリカ人
ジャンル 女優
活動内容 1979年:映画デビュー
配偶者 クリストファー・ランバート(1988-1994)

ジョシュ・ブローリン(2004-2013)

主な作品
アウトサイダー
ストリート・オブ・ファイヤー
『ジャッジ・ドレッド』
運命の女

ダイアン・レインDiane Lane, 1965年1月22日 - )はアメリカ合衆国女優

人物[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク出身。赤ん坊の時に両親が離婚し[1]、演技コーチでタクシードライバーでもあった父親[1]に育てられる[2]。15歳で独立しようとしロサンゼルスに移るが、すぐにニューヨークに戻り、友人の家に間借りする[2]

子供の頃から舞台に立っており、1979年の『リトル・ロマンス』で映画デビュー。ローレンス・オリヴィエと共演したこの作品で彼女の演技が絶賛され、様々な雑誌のカバーを飾るなど一時期は大変な人気だった。その後フランシス・フォード・コッポラに出会い、彼の作品の常連となるがヒットはせず、19歳の若さで映画から遠ざかる結果になってしまう。

3年後にカムバックするが女優としては低迷する。1992年には日本映画『落陽』にも出演している。

しかし2000年に入ったあたりから再び注目されはじめ、2002年『運命の女』で第75回アカデミー賞主演女優賞ゴールデングローブ賞の候補となる。

プライベート[編集]

ジョン・ボン・ジョヴィとの交際を経て1988年に俳優のクリストファー・ランバートと結婚[2]。娘が生まれるが1994年に離婚した[3]2004年には俳優のジョシュ・ブローリンと再婚している[4]。2013年2月、レインとブローリンは離婚を申請した[5]

出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1979 リトル・ロマンス
A Little Romance
ローレン・キング
1980 ラスト・レター
Touched by Love
カレン
1982 幸福のチェッカー
Six Pack
ブリージー
1983 アウトサイダー
The Outsiders
チェリー・ヴァランス
ランブルフィッシュ
Rumble Fish
パティ
1984 ストリート・オブ・ファイヤー
Streets of Fire
エレン・エイム
コットンクラブ
The Cotton Club
ヴェラ
1987 愛は危険な香り
Lady Beware
カティ
ビッグタウン
The Big Town
ロリー・ディーン
ダイアン・レイン/愛にふるえて
Princess Beauty
1989 ロンサム・ダブ(モンタナへの夢)
Lonesome Dove
ロレナ・ウッド テレビシリーズ
1990 愛と青春の鼓動
Vital Signs
ジーナ
引き裂かれた天使
Descending Angel
イリーナ テレビ映画
1992 美しき獲物
Knight Moves
キャシー
マイ・ニュー・ガン/あぶない若妻
My New Gun
デビー
落陽 張蓮紅 日本映画
チャーリー
Chaplin
ポーレット・ゴダード
1993 インディアン・サマー/タマワクの英雄たち
Indian Summer
ベス
1994 南部の風・南軍兵士の妻が語る100年の物語
Oldest Living Confederate Widow Tells All
ルーシー・ホニカット・マースデン テレビ映画
1995 欲望という名の電車
A Streetcar Named Desire
ステラ テレビ映画
ワイルド・ビル
Wild Bill
スザンナ・ムーア
ジャッジ・ドレッド
Judge Dredd
ジャッジ・ハーシー
1996 ジャック
Jack
カレン・パウエル
マッド・ドッグス
Mad Dog Time
グレース
1997 イン・マイ・ライフ
The Only Thrill
キャサリン
ホワイトハウスの陰謀
Murder at 1600
ニーナ・チャンス
1999 オーバー・ザ・ムーン
A Walk on the Moon
パール
2000 マイ・ドッグ・スキップ
My Dog Skip
エレン・モリス
パーフェクト ストーム
The Perfect Storm
クリスティーナ・コッター
2001 陽だまりのグラウンド
Hard Ball
エリザベス・ウィルクス
グラスハウス
The Glass House
エリン・グラス
2002 デブラ・ウィンガーを探して
Searching for Debra Winger
ドキュメンタリー
運命の女
Unfaithful
コニー・サムナー
2003 トスカーナの休日
Under the Tuscan Sun
フランシス
2005 理想の恋人.com
Must Love Dogs
サラ・ノーラン
2006 ハリウッドランド
Hollywoodland
トニー・マニックス
2008 ジャンパー
Jumper
メアリー・ライス
ブラックサイト
Untraceable
ジェニファー・マーシュ
最後の初恋
Nights in Rodanthe
エイドリアン
キルショット
Killshot
カルメン・コルソン
2010 セクレタリアト/奇跡のサラブレッド
Secretariat
ヘレン・チェナリー
2013 マン・オブ・スティール
Man of Steel
マーサ・ケント

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

  • 『ダイアン・レイン』村岡三朗責任編集 芳賀書店 1981 シネアルバム
  • 『ダイアン・レイン』梶原和男責任編集 芳賀書店 1989 デラックスカラーシネアルバム

参照[編集]

  1. ^ a b Sager, Mike (2000年6月1日). “The Happy Life of Diane Lane”. Esquire. http://www.esquire.com/happy-life-diane-lane-0600 2008年5月2日閲覧。 
  2. ^ a b c Dougherty, Margot; David Hutchings (1989年2月13日). “Diane Lane, with a New Husband and No Fear of Flying, Takes Wing Again in Lonesome Dove. People. http://www.people.com/people/archive/article/0,,20119558,00.html 2008年5月1日閲覧。 
  3. ^ Spines, Christine (2005年5月). “Diane on Top”. Red 
  4. ^ Schneller, Johanna (2005年1月). “Changing Lane”. In Style 
  5. ^ “=Exclusive: Josh Brolin, Diane Lane Divorcing After Eight Years”. Us Weekly. (2013年2月21日). http://www.usmagazine.com/celebrity-news/news/josh-brolin-diane-lane-divorcing-after-eight-years-2013212 2013年2月21日閲覧。 

外部リンク[編集]