コットンクラブ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コットンクラブ
The Cotton Club
監督 フランシス・フォード・コッポラ
脚本 ウィリアム・ケネディ
フランシス・フォード・コッポラ
原案 ウィリアム・ケネディ
フランシス・フォード・コッポラ
マリオ・プーゾ
原作 ジム・ハスキンス
製作 ロバート・エヴァンス
製作総指揮 ダイソン・ラヴェル
出演者 リチャード・ギア
ダイアン・レイン
グレゴリー・ハインズ
音楽 ジョン・バリー
撮影 スティーヴン・ゴールドブラット
編集 バリー・マルキン
ロバート・Q・ラヴェット
製作会社 アメリカン・ゾエトロープ
配給 アメリカ合衆国の旗 オライオン・ピクチャーズ
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年12月14日
日本の旗 1985年3月2日
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
イタリア語
製作費 $58,000,000(見積値)[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $25,928,721[1]
テンプレートを表示

コットンクラブ』(原題: The Cotton Club)は、1984年に公開されたアメリカ映画

1920年代から1930年代にかけてニューヨークハーレム地区に実在した高級ナイトクラブコットン・クラブ」を舞台に、華やかなショーやマフィアの覇権争いなどを、実在の人物を交えて描いたフィクションである。

あらすじ[編集]

ギャングマシンガンをぶっ放す禁酒法時代のニューヨーク(1920年代)。マンハッタンのハーレムにあるコットンクラブは、従業員とダンサーは黒人だが、客は正装した白人に限られる高級ナイトクラブだった。クラブのオーナーであるオウニーとフレンチーは、暗黒街黒幕的存在で、ギャングたちを牛耳っていた。

ギャングのボスであるダッチは、ハーレムで襲撃を受け、コルネット奏者兼ピアニストのディキシー・ドワイヤー(リチャード・ギア)に命を救われた。ディキシーは巻き添えを食った歌手のベラ(ダイアン・レイン)に一目ぼれするが、ベラはダッチの愛人になる。べラには、ブロードウェイに自分のナイトクラブを持つという野心があったのだ。ディキシーは、ダッチに顎で使われる立場に嫌気がさし、脱却の機会を伺う。

若手の黒人タップダンサーであるサンドマン(グレゴリー・ハインズ)は、兄のクレイとコンビでコットンクラブのオーディションを受け、合格する。サンドマンは兄との対立や、混血の歌手ライラとの恋に悩みつつ、コットンクラブでの人気を確実なものとして行く。

ディキシーはコットンクラブのオーナーであるオウニーの口利きで、ハリウッドのギャング映画に出演し、スターになる。だが、ディキシーの弟のヴィンセント(ニコラス・ケイジ)は、暗黒街での成り上がりを目指し、フレンチーの誘拐を企てた揚句に射殺される。

大恐慌による不景気の時代がきても、コットンクラブは相変わらずの賑わいだった。トップダンサーとなったサンドマンは、舞台で華麗なタップを踏んでいる。同じ頃、ギャング同士の抗争からダッチが射殺された。ディキシーは、愛人関係から解放されたべラと共にハリウッドへと旅立った。

登場人物[編集]

ディキシー・ドワイヤー
演 - リチャード・ギア
コルネット奏者でジャズピアニストの青年。ダッチの命を救ったことで目をかけられる。
ビックス・バイダーベック (Bix Beiderbecke1903年-1931年)をモチーフにしたキャラクター。
ベラ・シセロ
演 - ダイアン・レイン
歌手。まだ10代だが大人びた容姿を武器に自分の店を持つことを目指している。
サンドマン(デルバート)・ウィリアムズ
演 - グレゴリー・ハインズ
コットン・クラブのオーディションに受かったタップダンサー。ライラに一目惚れする。
ライラ・ローズ・オリヴァー
演 - ロネット・マッキー
父親が黒人で母親が白人の歌手。肌が白いので白人にも見える。
ジャズ歌手で女優のレナ・ホーン1917年-2010年)をモチーフにしたキャラクター。
オウニー・マドゥン(実在の人物)
演 - ボブ・ホスキンス
コットン・クラブの経営者で暗黒街のドン。アイルランド系。
ダッチ・シュルツ(実在の人物)
演 - ジェームズ・レマー
凶暴な性格のギャングのボス。本名アーサー・フレゲンハイマー。ユダヤ系
ヴィンス・ドワイヤー
演 - ニコラス・ケイジ
ディキシーの弟。成り上がり志向が強く、ディキシーがダッチの命を救ったことをきっかけにダッチの用心棒になる。
マッド・ドッグ・コール (Mad Dog Coll1908年-1932年)をモチーフにしたキャラクター。
アッバダッバ・バーマン (Otto Berman(実在の人物)
演 - アレン・ガーフィールド
ダッチの部下。
フレンチー・デマンジ(実在の人物)
演 - フレッド・グウィン
マドゥンの相棒。
ティシュ・ドワイヤー
演 - グウェン・ヴァードン
ディキシー、ヴィンス兄弟の母。
フランシス・フレゲンハイマー
演 - リサ・ジェーン・パースキー
ダッチの妻。
クレイ・ウィリアムズ
演 - モーリス・ハインズグレゴリー・ハインズの実兄)
サンドマンの兄でタップダンスのパートナー。
ソル・ワインスタイン
演 - ジュリアン・ベック
ダッチの忠実な部下。
バンピー・ローズ
演 - ローレンス・フィッシュバーン
黒人マフィアのボス。
バンピー・ジョンソン (Bumpy Johnson1905年-1968年)をモチーフにしたキャラクター。
アーヴィング・スターク
演 - トム・ウェイツ
コットン・クラブのスタッフ。サンドマンにオーディション合格を告げる。
パッツィ・ドワイヤー
演 - ジェニファー・グレイ
ヴィンスの妻。
グロリア・スワンソン(実在の人物)
演 - ダイアン・ヴェノーラ
ハリウッドの大女優。ディキシーに映画俳優になることを勧める。
キャブ・キャロウェイ(実在の人物)
演 - ラリー・マーシャル
黒人ジャズ歌手。コットン・クラブでパフォーマンスを見せる。

他にもデューク・エリントンチャールズ・チャップリンジェームズ・キャグニーファニー・ブライスが実名で登場する。

日本語吹き替え[編集]

役名 日本語吹き替え
テレビ DVD
ディキシー 津嘉山正種 速水奨
ベラ 島本須美 伊藤美紀
サンドマン 内海賢二 檀臣幸
オウニー 富田耕生 壌晴彦
ダッチ 池田勝 中博史
ヴィンス 大塚明夫 相沢正輝
フレンチー 長島雄一
バンピー 山野井仁

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b The Cotton Club (1984)” (英語). Box Office Mojo. 2011年4月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]