石森達幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いしもり たっこう
石森 達幸
プロフィール
本名 石森 達幸
(いしもり たつゆき)[1]
愛称 言論のじじい
性別 男性
出生地 日本の旗 日本長崎県端島
生年月日 1932年1月11日
没年月日 2013年6月5日(81歳没)
血液型 B型
身長 163cm
職業 声優俳優
事務所 アーツビジョン(最終)
声優活動
ジャンル アニメゲーム吹き替え
俳優活動
活動時期 1940年代 - 2013年
ジャンル 舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

石森 達幸(いしもり たっこう、1932年1月11日[2] - 2013年6月5日[3][1])は、日本の声優俳優アーツビジョン所属。本名の読みは「いしもり たつゆき」[1]

長崎県の、現在は無人島となっている端島(通称:軍艦島)の出身である。

人物[編集]

14歳の時に役者の世界に入り、そのキャリアは60年以上と長い[4]テアトル・エコーの創設メンバーの1人であり、大塚芳忠ら後輩から恐れられつつも慕われていた。元気な老人役が多く、「言論のじじい」の愛称で親しまれていた。

宮内幸平と声質が似ていることから、宮内の死去後に持ち役(『魔法騎士レイアース』のチャンアン役など)を引き継いでいる。また、『巨人の星』と『侍ジャイアンツ』の両方の作品で、王貞治役を演じた。

2013年6月5日、心不全のため死去[3]。81歳没。

エピソード[編集]

伝説巨神イデオン』で演じたドバ・アジバ役については「演り甲斐があった、けどとにかく出番が少なくて役を掴むのに苦労した。そこら辺は映画で晴らせたと思うけど、設定は解んなかったなぁ。SFってなんか難しいしね」と泣き言も漏らしている[5]

機動戦士Ζガンダム』にて主人公の父親であるフランクリン・ビダンを演じた際、5話のアフレコ現場にて総監督の富野由悠季から「騒ぐ感じで演じてください」と指示されたが、如何せん絵が完成していなかったのでどういう感じで騒ぐのか全くわからなかった。池田秀一によれば、シナリオを読むうちにこの話で死亡し退場してしまうことを知ると「死にたくな〜い! レギュラーだったのに!」と叫んだとのこと[6]

後任[編集]

石森の死後、持ち役を引き継いだのは以下の通り。

出演作品[編集]

テレビアニメ[編集]

1965年

1968年

1969年

1970年

1972年

1973年

1974年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

OVA[編集]

1986年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2007年

2008年

2010年

劇場アニメ[編集]

1981年

1982年

1988年

1992年

1995年

1997年

1998年

2000年

  • 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編 特別版(ゴップ提督)

2001年

2002年

2007年

2009年

2012年

ゲーム[編集]

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

2000年

2001年

2002年

2003年

  • アークス・ファタリス(シリブヌラス)

2004年

2005年

2006年

2008年

2010年

2011年

2012年

吹き替え[編集]

洋画・海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

特撮[編集]

ドラマCD[編集]

ボイスオーバー[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 読売新聞 (2013年6月11日). “ONE PIECEのセンゴク役・石森さん死去”. YOMIURI ONLINE読売新聞社. http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130611-OYT1T01052.htm 2013年6月11日閲覧。 
  2. ^ 『声優名鑑』 成美堂出版、1999年7月、351頁。ISBN 978-4-41-500878-3
  3. ^ a b おしらせ”. 株式会社アーツビジョン (2013年6月11日). 2013年6月11日閲覧。
  4. ^ キャリアは60年!”. Nブログ. サイバーエージェント (2010年9月3日). 2013年4月28日閲覧。
  5. ^ 『富野由悠季全仕事―1964-1999』(キネマ旬報社
  6. ^ 『池田秀一の「三倍速く!! シャアが行く!」 ~ガンダム人間探訪記~』角川書店(角川グループパブリッシング)

外部リンク[編集]