リチャード・ギア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リチャード・ギア
Richard Gere
リチャード・ギアRichard Gere
ヴェニスにて (2007年
本名 Richard Tiffany Gere
生年月日 1949年8月31日(65歳)
出生地 ペンシルベニア州フィラデルフィア
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル 映画俳優
活動期間 1973年 -
配偶者 シンディ・クロフォード(1991年 - 1995年)
キャリー・ローウェル(2002年 - )
主な作品
天国の日々
アメリカン・ジゴロ
愛と青春の旅だち
コットンクラブ
プリティ・ウーマン
八月の狂詩曲
シカゴ
受賞
ゴールデングローブ賞主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)受賞
2003年(第60回)『シカゴ

リチャード・ティファニー・ギア(Richard Tiffany Gere, 1949年8月31日 - )は、アメリカ合衆国俳優ペンシルベニア州フィラデルフィア出身。アイルランド系

人物[編集]

アングロ・アイルランド系の両親のもとに生まれる。 父のホーマー・ジョージ・ギア(Homer George Gere)は、Nationwide Insurance Company の保険業者だった。母のドリス・アンナ・ティファニー(Doris Anna Tiffany)は主婦である。ギアには、姉スーザンなど3人の姉妹、1人の兄弟、及び異父母兄弟(ドイツのHenry Januszewski)がいる。

1967年、ノースシラキュース・セントラル高校(ニューヨーク州シラキュース市)卒業。マサチューセッツ大学哲学を学んでいたが、中退して俳優を志した。舞台で活躍し、1975年に映画デビュー。

私生活[編集]

1991年にはスーパーモデルシンディ・クロフォードと結婚したが1995年に離婚。2002年に女優のキャリー・ローウェルと再婚[1]し、息子(ホーマー・ジェームズ・ジグミー・ギア)をもうけた。

仏教信者・人道主義者[編集]

熱心なチベット仏教信者・人道主義者としても知られる。2001年には、アメリカ人の対テロ戦争について、愛と同情心を持つことの大切さを説いた[2]一方で、2006年にはウサマ・ビンラディンが未だに拘束されないことへの疑問も述べた[3]。2003年には、当時のアメリカ合衆国大統領ジョージ・ブッシュイラク攻撃を批判[4]アラファト大統領死後に行われた2005年のパレスチナ自治政府大統領選挙では、パレスチナ国民に投票を呼びかけた[5]。2007年には、フィラデルフィアから人道賞であるマリアン・アンダーソン・アワードを贈られた[6]

ダライ・ラマ14世を熱心に支援し、中華人民共和国政府によるチベット民族迫害を激しく非難している。2002年にはヒマラヤ地域の人権を議論するため、ドイツ議会にも招かれた[7]。2008年の北京オリンピックに際しては、前年に中国に対してチベット民族迫害の歴史をオープンにするよう訴え[8]、聖火リレー前日のサンフランシスコでも、チベットでの人権侵害に対する抗議集会に参加した[9]。しかし、このような行動は中国側からは反発を呼び、ギアをCMに起用したフィアットが謝罪するような出来事も起こった[10]。そのためかリチャード・ギアは中国に入国禁止の対象になっている。

また、エイズ撲滅活動にも取り組んでいる[11][12]。ブッシュのイラク攻撃は批判したギアだったが、エイズ問題への取り組みについては賞賛を述べた[13]

日本との関わり[編集]

日本好きとしても知られ、度々来日している。日本国首相(当時)の小泉純一郎と顔が似ていると報道され、ギア本人もそれを認めた。また、2005年に来日した際には、小泉首相(当時)を表敬訪問し、主演した映画にちなんで一緒にダンスを踊るというパフォーマンスを見せた。

黒澤明監督の 『八月の狂詩曲』 に出演した際、劇中で使用された念仏堂のオープンセットを解体して、アメリカの別荘に移築した。なお、これは特別扱いを断った彼の出演料が非常に安かったため、その埋め合わせの意味もあったという。

また『Shall We Dance?』、『HACHI 約束の犬』といった日本映画のリメイク作品に主演している。

日本のテレビコマーシャル(CM)への出演もあり、日本国内においても顔と名前の知れたアメリカ人俳優の一人であると言える。1991年には日本航空のワシントン就航のコマーシャルに歌を歌いながら出演。2005年からはダンディハウスのイメージキャラクターとしてCM出演。但し、中国国内向け放送で日本企業が採用しているCMは放送自粛している。本人がチベット問題に関わりがある為と思われる。採用している日本企業は公式にこの件はあいまいにしている。[要出典]2012年にはサントリーオランジーナ』のテレビCMで、映画『男はつらいよ』の登場人物「車寅次郎」をモチーフにした「TORA」というキャラクターを演じている[14]

テレビ放映時の日本語吹替は津嘉山正種が担当することが多い。

2009年7月9日、『HACHI 約束の犬』の宣伝活動での来日中に、『森田一義アワー 笑っていいとも!』のコーナー「テレフォンショッキング」に、字幕翻訳者で通訳戸田奈津子とともに出演、番組史上初のハリウッドスターのテレフォンゲストとなった(ただし、メインゲストは戸田であり、ギアはあくまで「付き添い」の立場である)。その際100人アンケートで「飼い犬の名前がハチ」というお題で1人を当て、その1人の女性をステージに上げストラップをプレゼントするなどした。 愛犬家であり、『HACHI 約束の犬』のシナリオを読んで涙している。なお、ハチの物語はこの時初めて知った。

事件[編集]

2007年4月15日インドニューデリーで行われたエイズ撲滅キャンペーンの際に、インド人女優のシルパ・シェティに対し壇上で頬にキスをするパフォーマンスを行ったことが、観衆の怒りを買った[15]。この行為がインドでは「公然わいせつ罪」に該当するとして、4月26日にキスをされたシルパ・シェティとギアに対しインドの地方裁判所が逮捕状を発行した[16]。これに対してギアはマスコミを通じて公式に謝罪[17]し、翌年になってインドの最高裁判所が逮捕状を取り下げた[18]

出演作品[編集]

インド・ムンバイにて
公開年 邦題
原題
役名 備考
1975 ニューヨーク麻薬捜査線
Report to the Commissioner
ビリー
リチャード・ギア/アメリカン・コップス
Strike Force
ウォルター・スペンサー テレビ映画
1977 ミスター・グッドバーを探して
Looking for Mr. Goodbar
トニー
1978 天国の日々
Days of Heaven
ビル
愛の断層
Bloodbrothers
ストーニー・デ・ココ
1979 ヤンクス
Yanks
マット・ダイソン
1980 アメリカン・ジゴロ
American Gigolo
ジュリアン
1982 愛と青春の旅だち
An Officer and a Gentleman
ザック・メイヨ
1983 ブレスレス
Breathless
ジェシー
愛と名誉のために
The Honorary Consul
エドゥアルド・プラー
1984 コットンクラブ
The Cotton Club
ディキシー・ドワイヤー
1985 キング・ダビデ/愛と闘いの伝説
King David
ダビデ
1986 キングの報酬
Power
ピート・セント・ジョン
ノー・マーシィ/非情の愛
No Mercy
エディ・ジレット
1988 マイルズ・フロム・ホーム
Miles from Home
フランク・ロバーツ
1990 背徳の囁き
Internal Affairs
デニス・ペック
プリティ・ウーマン
Pretty Woman
エドワード・ルイス
1991 八月の狂詩曲
Rhapsody in August
クラーク
1992 愛という名の疑惑
Final Analysis
アイザック・バー博士 出演・製作総指揮
1993 ジャック・サマースビー
Sommersby
ジャック・サマースビー 出演・製作総指揮
運命の瞬間/そしてエイズは蔓延した
And the Band Played On
振付師 テレビ映画
心のままに
Mr. Jones
ジョーンズ 出演・製作総指揮
1994 わかれ路
Intersection
ヴィンセント・イーストマン
1995 トゥルーナイト
First Knight
ランスロット
1996 真実の行方
Primal Fear
マーティン
1997 北京のふたり
Red Corner
ジャック・ムーア
ジャッカル
The Jackal
デクラン
1999 プリティ・ブライド
Runaway Bride
アイク・グラハム
2000 オータム・イン・ニューヨーク
Autumn in New York
ウィル・キーン
Dr.Tと女たち
Dr. T & the Women
Dr.T
2002 プロフェシー
The Mothman Prophecies
ジョン・クライン
運命の女
Unfaithful
エドワード・サムナー
シカゴ
Chicago
ビリー・フリン ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) 受賞
2004 Shall We Dance?
Shall We Dance?
ジョン・クラーク
2005 綴り字のシーズン
Bee Season
ソール・ナウマン
2006 ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男
The Hoax
クリフォード・アーヴィング
2007 消えた天使
The Flock
エロル・バベッジ
アイム・ノット・ゼア
I'm Not There
ビリー
ハンティング・パーティ
The Hunting Party
サイモン・ハント
2008 最後の初恋
Nights in Rodanthe
ポール・フラナー
2009 クロッシング
Brooklyn's Finest
エディ
HACHI 約束の犬
Hachi: A Dog's Tale
パーカー・ウィルソン 製作・出演
アメリア 永遠の翼
Amelia
ジョージ・パットナム
2011 顔のないスパイ
The Double
ポール・シェファーソン
2012 キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け
Arbitrage
ロバート・ミラー
2013 ムービー43
Movie 43
ボス

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “R・ギア、ウェディング・ベルを鳴らす”. シネマトゥデイ. (2002年11月18日). http://www.cinematoday.jp/page/N0002642 2009年8月18日閲覧。 
  2. ^ “R・ギア、「テロリストにも愛と同情心を」”. シネマトゥデイ. (2001年10月15日). http://www.cinematoday.jp/page/N0001073 2009年8月19日閲覧。 
  3. ^ “「なぜ戦犯が未だ捕まらないのか」 リチャード・ギア、新作映画の会見で - ボスニア・ヘルツェゴビナ”. AFPBB News. (2006年9月21日). http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2115567/913665 2009年8月18日閲覧。 
  4. ^ “R・ギア、イラク攻撃を批判”. シネマトゥデイ. (2003年2月14日). http://www.cinematoday.jp/page/N0002978 2009年8月19日閲覧。 
  5. ^ “リチャード・ギア、パレスチナ選挙のCMへ”. シネマトゥデイ. (2005年1月6日). http://www.cinematoday.jp/page/N0005885 2009年8月18日閲覧。 
  6. ^ “リチャード・ギア、人道賞を受賞”. シネマトゥデイ. (2007年11月19日). http://www.cinematoday.jp/page/N0012025 2009年8月18日閲覧。 
  7. ^ “R・ギア、ドイツの議会に招待される”. シネマトゥデイ. (2002年2月26日). http://www.cinematoday.jp/page/N0001466 2009年8月18日閲覧。 
  8. ^ “リチャード・ギア「中国は人権侵害にもっと正直に」”. AFPBB News. (2007年9月4日). http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2277031/2072253 2009年8月18日閲覧。 
  9. ^ “聖火リレーを控えたサンフランシスコで抗議集会 リチャード・ギアらが出席”. AFPBB News. (2008年4月10日). http://www.afpbb.com/article/beijing2008/beijing2008-torch/2375753/2812846 2009年8月18日閲覧。 
  10. ^ “伊フィアット、リチャード・ギア起用CMで謝罪”. Sponichi Annex. (2008年6月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/archive/2008archive/KFullFlash20080621019.html 2009年8月18日閲覧。 
  11. ^ “リチャード・ギア、メディアの力をエイズ撲滅に”. シネマトゥデイ. (2006年8月21日). http://www.cinematoday.jp/page/N0008905 2009年8月18日閲覧。 
  12. ^ “<第16回国際エイズ会議>リチャード・ギアなど、著名人が多数参加 - カナダ”. AFPBB News. (2006年8月15日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2098306/799130 2009年8月18日閲覧。 
  13. ^ “リチャード・ギア氏、ブッシュ米大統領を称える - 米国”. AFPBB News. (2006年2月27日). http://www.afpbb.com/article/politics/2029929/355059 2009年8月18日閲覧。 
  14. ^ 「オランジーナ」新TV-CM「ムッシュ」編、「カフェ」編 オンエア開始 サントリーニュースリリース 2012年3月23日閲覧。
  15. ^ “リチャード・ギアのキスにインドの観衆が激怒”. シネマトゥデイ. (2007年4月20日). http://www.cinematoday.jp/page/N0010383 2009年8月18日閲覧。 
  16. ^ “裁判所がリチャード・ギアらに逮捕状を発行 - インド”. AFPBB News. (2007年4月26日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2216881/1543659 2009年8月18日閲覧。 
  17. ^ “リチャード・ギア、シルパへのキスを謝罪”. シネマトゥデイ. (2007年5月14日). http://www.cinematoday.jp/page/N0010507 2009年8月18日閲覧。 
  18. ^ “リチャード・ギア、インドで出された逮捕状が取り下げに”. シネマトゥデイ. (2008年3月17日). http://www.cinematoday.jp/page/N0013221 2009年8月18日閲覧。 

外部リンク[編集]