ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミシマ:ア・ライフ・イン・
フォー・チャプターズ
Mishima: A Life In Four Chapters
監督 ポール・シュレイダー
脚本 ポール・シュレイダー
レナード・シュレイダー
チエコ・シュレイダー
原作 三島由紀夫
製作 山本又一朗
トム・ラディ
製作総指揮 フランシス・フォード・コッポラ
ジョージ・ルーカス
出演者 緒形拳
坂東八十助
佐藤浩市
沢田研二
永島敏行
音楽 フィリップ・グラス
撮影 ジョン・ベイリー
栗田豊通
編集 マイケル・チャンドラー
製作会社 フィルムリンク・インターナショナル
アメリカン・ゾエトロープ
ルーカスフィルム
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年10月4日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
日本の旗 日本
言語 日本語
英語
テンプレートを表示

ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ』(原題: Mishima: A Life In Four Chapters)は、日本アメリカ合衆国の合作映画三島由紀夫の生涯とその文学作品を題材にした伝記風の芸術映画。

1985年(昭和60年)にアメリカ合衆国などで公開されたが、現在も日本では未公開である[1]。制作は日本のフィルムリンク・インターナショナル、アメリカのアメリカン・ゾエトロープルーカスフィルム

概説[編集]

三島由紀夫の生涯を、『美(beauty)』、『芸術(art)』、『行動(action)』、そして『文武両道(harmony of pen and sword)』の4つのチャプター(4幕)構成で描く[2]。第1部『美(beauty)』には『金閣寺(Temple of the Golden Pavilion)』、第2部『芸術(art)』には『鏡子の家(Kyoko's House)』、第3部『行動(action)』には『奔馬(Runaway Horses)』(『豊饒の海』第二巻)の3つの三島文学を映像化したものと、三島が自決した『1970年11月25日』を描いたドキュメンタリー調のシークエンス、それに三島の半生をモノクロームで描いた『フラッシュバック(回想)』のシークエンスを交えた構成となっている。たとえば、『奔馬』の主人公・飯沼勲(演じるのは永島敏行)が割腹自殺をはかろうとすると、いきなり、三島(演じるのは緒形拳)が自作の映画『憂国』の切腹シーンを撮っている場面へと切り替わるというような構成となっている。第4部『文武両道(harmony of pen and sword)』には三島文学の映像化は含まれず、1970年(昭和45年)11月25日の三島事件を描いたシークエンスと、フラッシュバックのシークエンスにより描かれている[3]

なお、撮影直前までの脚本では、第4部に『天人五衰』(『豊饒の海』第四巻)が含まれていたが、構成があまりにも複雑になりすぎるということで、割愛された。また、第2部『芸術(art)』では、ポール・シュレイダー監督は『禁色』を使いたかったが、遺族側の承諾が得られず、『鏡子の家』になったのだという[3]

緒形拳が三島の役を演じている。緒形は、戦後文壇デビュー以降から、1970年(昭和45年)11月25日に起きた陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地での籠城事件、自衛隊決起を促す演説、そして最後の割腹自殺までを演じた。なお、三島役として坂本龍一にもオファーがあった[4]が、彼はこれを断っている。自身がパーソナリティーを務めていたサウンドストリートの中で、「『戦場のメリークリスマス』のあとにこの映画で三島役を演じたら、海外から『サカモトは右翼だ』と思われそうだ」と、その理由を語っている。ただしこれは冗談めかした口調であったため、坂本の真意かどうかは確認できない。ちなみに坂本は、『ラストエンペラー』のパンフレット内のインタビュー記事でも同様のコメントをしている。

製作総指揮は『ゴッドファーザー』シリーズと『地獄の黙示録』のフランシス・フォード・コッポラと、『スター・ウォーズ』シリーズのジョージ・ルーカスが務めている。監督と脚本は『タクシードライバー』の脚本で高く評価されたポール・シュレイダーが、ナレーションは『フレンチ・コネクション』『ジョーズ』シリーズのロイ・シャイダーがそれぞれ担当している。また、主演の緒形拳を含め、映画に出演した日本人キャストも非常に豪華なものだった。日本人俳優は日本語で演技をしているため、英語の字幕とロイ・シャイダーによるナレーションが要所に付いている[5]。海外で発売されているDVDには、緒形拳による日本語のナレーションが収録されている。

本国アメリカでは興行的に惨敗したものの1985年度のカンヌ国際映画祭最優秀芸術貢献賞を受賞[6]し、各方面で絶賛された。当初、日本でも『ミシマ 11月25日、快晴』の邦題で公開が予定されていたが、右翼団体の一部の抗議等の諸事情により日本では劇場公開されなかった[3]。ビデオ・DVD化もされていないため「幻の作品」となっている。

2010年(平成22年)11月25日に鹿砦社から刊行された『三島由紀夫と一九七〇年』に本作のDVDが著作権者の承諾を得ないまま付録として封入されている[7]。事実上、本作の日本での公開はこれが初めてとなる。

作品評価・解説[編集]

製作発表が日本で行なわれた1983年(昭和58年)6月、コッポラ監督は、「三島は、変わった人生を送った人だし、小説だけでなく、写真にしろ映画にしろ非常にオリジナリティを持っている。『豊饒の海』の第一作『春の雪』を読んで感動し、映画化を考えていた。そんなときにポール・シュレイダーから協力してくれという話があった。自分でも監督をしたかったので、最初のうちはちょっと競争心も湧いたのだが、そのうちいっしょに手を組んでいくのがいちばんいいと思うようになった」と製作にいたるまでの経緯を述べている[3]

日本映画通であり親日家で知られるレナード・シュレイダー(ポールの兄)は1968年(昭和43年)に初来日し、同志社大学英文学の講師をしていた1970年(昭和45年)に三島事件に遭遇し衝撃を受けた。それ以来、レナードは三島の資料を集め続け、1975年(昭和50年)から映画化を考え始め、弟・ポールに提案し、一緒に脚本を書き始めたのだという[3]

カンヌ国際映画祭翌日の新聞各紙の報道は、「三島をはじめ、楯の会の軍服に身を包んだ人たちの姿が美しい。この作品には、三島というもののすべてが凝縮されている」(ニース・マタン紙)や、「めったに見られない一つのスタイルを発見している。今回の全作品中で最も野心的な作品だ」(フランス・ソワール紙)をはじめ、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙などが讃辞の記事を載せた。その一方、リベラシオン紙は「シュレイダー監督はMISHIMAと自決した」と皮肉をこめ酷評した[3]。これについて垣井道弘は、三島文学にまったく関心のない記者が酷評したのだろうと述べている[3]

ジョディ・フォスターは、映画雑誌「ロードショー」の“もっと評価したい映画”を一本だけ挙げて自分の好きな映画を語るという企画特集で、『MISHIMA』を取り上げている[8]。また、ジョディは来日した際のインタビューに、「三島文学をかなり読んでいるたので、映画にも興味を惹かれて見ました。三島の文学作品を撮った部分と、三島由紀夫の生涯を対比して描いたところが素晴らしかった。作品部分は凝った構成で、生涯の部分はドキュメンタリー・タッチになっている。その対比が絶妙だと思った」と述べている[3]

なお、作中の事件当日の朝、緒形拳演じる三島が青いサテンガウンを着てコーヒーを飲んでいる場面があるが、実際の三島は当日の朝はコップ一杯の水しか、お手伝いさんに要求していない[9]。また、『薔薇刑』の撮影で、三島自身がカメラのアングルを指示している場面があるが、写真家の細江英公は、これを否定し、「三島氏は自分を “被写体”と呼び、最初から最後まで完全に“被写体”に徹してくれた。(中略)だからハリウッドの映画監督がつくった映画 『MISHIMA』の中で私らしい写真家が登場するが、そこで画面上のMISHIMAがカメラをかまえる写真家に向かってカメラの位置を変えるように手で指示するシーンがでてくるが、あんなことは絶対になかったし、ありえないことだ。その映画のポール・シュレイダー監督が前もって私にアドバイスを求めてきたら教えてあげたのに残念だ」[10]と語っている。

キャスト[編集]

フラッシュバック(回想)
1970年11月25日
金閣寺
鏡子の家
奔馬

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 垣井(1986)266頁、269頁、板坂(2010)126-127頁
  2. ^ 垣井(1986)36頁
  3. ^ a b c d e f g h 垣井道弘「日本では未公開の映画『MISHIMA』は何を描き、どう評価されたか」(『三島由紀夫論集III 世界の中の三島由紀夫』)(勉誠出版、2001年)
  4. ^ 垣井(1986)60頁
  5. ^ 板坂(2010)126頁
  6. ^ 垣井(1986)267頁
  7. ^ 板坂(2010)126-127頁
  8. ^ ステファン・ファーバー企画「監督30人が語る“もっと評価したい”この映画」(ロードショー、1996年10月号に掲載。渡辺祥子訳)
  9. ^ 徳岡孝夫 『五衰の人 三島由紀夫私記』(文藝春秋、1996年。文春文庫、1999年)
  10. ^ 細江英公「誠実なる警告」(中条省平編『続・三島由紀夫が死んだ日』)(実業之日本社、2005年)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]