フィリップ・グラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ・グラス
Philip Glass
2007年12月12日、WNYCスタジオにてこの時のインタビューの内容はこちら。
2007年12月12日、WNYCスタジオにて
この時のインタビューの内容はこちら
基本情報
出生 1937年1月31日(77歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ボルチモア
職業 作曲家

フィリップ・グラスPhilip Glass, 1937年1月31日 - )は、アメリカ合衆国作曲家である。その音楽はしばしばミニマル・ミュージックと呼ばれるが、グラス自身はこの呼び名を歓迎していない。

略歴[編集]

グラスはメリーランド州ボルチモアのユダヤ系に生まれ、子どものときからピーボディ音楽院フルートを習った。ジュリアード音楽院に進み、そこで鍵盤楽器を主に弾くようになった。卒業後、フランスでナディア・ブーランジェに師事し、ラヴィ・シャンカールとともに働いた後、グラスは主に宗教的な動機から北インドへ旅行し、そこでチベット難民と出会った。1972年、グラスは仏教徒となり、ダライ・ラマ14世に面会した。グラスはチベット問題に強い関心を持ち、チベット難民を強力に支援している。

ニューヨークのタクシーの運転手をしながらラヴィ・シャンカールとともに仕事をし、かつ徹底して加算的なインド音楽のリズムを知ったことが、グラスに特徴的な様式を発展させた。アメリカに帰国したグラスは、以前のミヨーコープランド風の構成を離れ、附加的なリズムとサミュエル・ベケットの影響を受けた時間構成に基づく簡素で禁欲的な作品を書きはじめた。ベケットの作品に対してグラスは実験的演劇のための作品を書いている。伝統的な演奏家と演奏会場に共感を見いださなくなったグラスは、フィリップ・グラス・アンサンブルを結成し、主に画廊で演奏活動を行うようになった。こうした画廊はミニマル・ミュージックと美術運動であるミニマル・アートが実際に出会う唯一の場所であった。

グラスの作品は禁欲的な構成から、次第に複雑なものになっていった。そしてグラス自身の見解ではまったくミニマル・ミュージックとはいえないものになっていった。こうした傾向は「12部からなる音楽」Music in Twelve Partsで頂点に達した。グラスは、三部作のオペラの第1作である「浜辺のアインシュタインEinstein on the Beachロバート・ウィルソン(演出家)とともに制作した。三部作はマハトマ・ガンジーの前半生とその南アフリカでの経験を描く「サチャグラハ(サティアグラハ)」 (Satyagraha)、 アッカド語旧約聖書ヘブライ語、古代エジプト語および聴衆の言語による力強い歌唱とオーケストラが競演する「アクナーテン」(イクナートンAkhnaten) へと続いていく。

実用音楽[編集]

演劇作品へのグラスの作曲には、グラスも参加して1970年に結成された演劇集団マブー・マインズのために書いた作品が含まれる。デヴィッド・ボウイのアルバム『Low』および『Heroes』に収録されたインストルメント作品を自身の Low Symphony および Heroes Symphony でオーケストラ化している。またエイフェックス・ツインとも共同で仕事をしている。彼は精力的に活動しつづけ、多くの映画音楽を書いている。その中にはゴッドフリー・レシオの実験的なドキュメント映画であるカッツィ三部作コヤニスカッツィKoyaanisqatsi、『ポワカッツィPowaqqatsi 、『ナコイカッツィNaqoyqatsiエロール・モリスの  『時間の短い歴史A Short History of Time, (スティーヴン・ホーキングの『ホーキング、宇宙を語る』をもとにしている)、『キャンディマンCandymanクライヴ・バーカー原作) またマーティン・スコセッシの『クンドゥン』 Kundun めぐりあう時間たち The Hours がある。

作品[編集]

フィリップ・グラスの代表的な作品の一部を挙げる。

  • 浜辺のアインシュタインen:Einstein on the BeachEinstein on the Beachオペラ, 1976年
  • 『サチャグラハ(サティアグラハ)』en:Satyagraha_(opera)Satyagraha (オペラ, 1980年
  • 『グラスワークス』Glassworks1982年
  • 『フォトグラファー』The Photographer (1982年)
  • 『アクナーテン』(イクナートン古代エジプトの王〕)en:Akhnaten_(opera)Akhnaten (オペラ, 1983年
  • コヤニスカッツィ』(Koyaanisqatsi) (映画音楽, 1983年
  • 『ミシマ:4章からなる伝記』Mishima: A Life In Four Chapters (映画音楽, 1984年
  • 『弦楽四重奏曲第3番 「ミシマ」』(String Quartet No. 3 Mishima) (1985年)
  • 『プラネット8の模型の制作』The making of the representative for Planet 8 (オペラ, 1985-88年
  • 『屋根の上の1000台の飛行機』1000 Airplanes on the Roof (work for stage, text by David Henry Hwang, 1988年)
  • 『ポワカッツィ』Powaqqatsi (映画音楽, 1988年
  • 『ソロ・ピアノ』Solo Piano1989年
  • 『弦楽四重奏曲第4番 「バツァク」』(String Quartet No. 4 Buczak) (1989年)
  • 『弦楽四重奏曲第5番』(String Quartet No. 5) (1991年
  • 『世界霊魂』Anima Mundi (映画音楽, 1992年)
  • 『オルフェ』Orphe (オペラ, 1993年
  • 『美女と野獣』La belle et la be^te (オペラ, 1994年
  • 『三つ・四つ・五つの地帯の間での結婚』The marriages between zones three, four, and five (オペラ, 1997年)Buczak
  • 『ヒーローズ・シンフォニー』Heroes Symphony (1997年)
  • クンドゥンKundun (映画音楽, 1997年)
  • めぐりあう時間たちThe Hours (映画音楽, 2002年
  • 『ナコイカッツィ』Naqoyqatsi (映画音楽, 2002年
  • 『フォッグ・オヴ・ウォー』The Fog of War (映画音楽, 2003年
  • 『川を遡って:ジョン・ケリーの長い戦い』Going Upriver: The Long War of John Kerry (映画音楽, 2004年
  • あるスキャンダルについての覚え書きNotes on a Scandal (映画音楽, 2006年
  • 幻影師アイゼンハイムThe Illusionist(映画音楽, 2006年
  • ウディ・アレンの夢と犯罪Cassandra's Dream(映画音楽, 2007年
  • 『変化する部分からなる音楽』Music with Changing Parts
  • 『12の部分からなる音楽』Music in Twelve Parts
  • 『水素のジュークボックス』Hydrogen Jukeboxアレン・ギンズバーグ台本による)
  • 交響曲
    • 『ロウ・シンフォニー』 Low Symphony (交響曲第1番) ( デヴィッド・ボウイブライアン・イーノの音楽より) (1993年)
    • 『交響曲第2番』 (Symphony No. 2) (1994年)
    • 交響曲第3番』 (Symphony No. 3) (1995年)
    • 『ヒーローズ・シンフォニー』 (交響曲第4番) (デヴィッド・ボウイとブライアン・イーノの音楽より) (1997)
    • 『交響曲第5番「レクイエム, 詩人, 顕現」』 ("Requiem, Bardo, Nirmanakaya") (2000年)
    • 『交響曲第6番「冥王星への頌歌」』 ("Plutonian Ode") (2001)
    • 『トルテカ・シンフォニー」』 A Toltec Symphony (交響曲第7番) (2005年)
    • 『交響曲第8番』(Symphony No. 8) (2005年)
  • 協奏曲
    • ヴァイオリン協奏曲  (Concerto for Violin and Orchestra) (1987)
    • サクソフォーン四重奏と管弦楽のための協奏曲 (Concerto for Saxophone Quartet and Orchestra) (1995)
    • 2つのティンパニとオーケストラのための 幻想的協奏曲 (2000)
    • チェロ協奏曲  (Concerto for Cello and Orchestra) (2001)
    • ハープシコード協奏曲 (2002)
    • ヴァイオリン協奏曲第2番 「アメリカの四季」 (2009)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]