ボブ・クレイン 快楽を知ったTVスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボブ・クレイン
快楽を知ったTVスター
Auto Focus
監督 ポール・シュレイダー
脚本 マイケル・ガーボシ
原作 ロバート・グレイスミス
『The murder of Bob Crane』
製作 スコット・アレクサンダー&ラリー・カラツェウスキー英語版
アリシア・アレイン
パトリック・ドラード英語版
ブライアン・オリヴァー英語版
トッド・ロスケン
製作総指揮 リック・ヘス
トレボア・メイシー
ジェームズ・シェイマス
出演者 グレッグ・キニア
ウィレム・デフォー
リタ・ウィルソン
音楽 アンジェロ・バダラメンティ英語版
撮影 ジェフリー・グリーリー
フレッド・マーフィ
編集 クリスティーナ・ボーデン
製作会社 プロパガンダ・フィルムズ
グッド・マシーン
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年10月18日
日本の旗 2003年11月1日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $7,000,000
興行収入 $2,704,951[1]
テンプレートを表示

ボブ・クレイン 快楽を知ったTVスター』(Auto Focus)は、2002年アメリカ合衆国伝記映画ポール・シュレイダー監督、グレッグ・キニアウィレム・デフォー出演。ストーリーは、1965年から1971年まで放送されたシットコム0012捕虜収容所英語版』に主演して一躍人気者になった俳優ボブ・クレイン英語版が、1978年に殺害されるまでを描く。1993年に発表されたロバート・グレイスミスの『The murder of Bob Crane』が原作で、マイケル・ガーボシが脚色を担当した。

ストーリー[編集]

ラジオの人気DJとして活躍するボブ・クレインだが、映画に出演してジャック・レモンのような俳優になることを夢見ていた。エージェントのレニーから、TVシリーズの出演依頼があることを知らされるが、映画に出たかったボブは一旦は断るが、レニーに引き止められ企画書を渡される。それを読んだ彼は、役が自分のやりたかったものだったため出演に乗り気になり、教会から帰った後妻のアンにTVシリーズのことを話す。彼女ははじめ難色を示していたが、ボブが出演したがっているのを見て承諾する。

そうして番組『0012捕虜収容所』に出演することになったボブは、張り切って撮影に臨んだ。番組はゴールデンタイムの中で一番の人気を得て、彼は人気者になる。その撮影所で、ジョン・カーペンターというフリーのVTR開発者兼セールスマンと知り合う。彼は、ソニーに雇われて最新映像機器の開発を手伝っているという。ボブは、撮影終了後にジョンとクラブで落ち合うことになる。2人はその後別のクラブで再会し、ジョンに誘われ彼の家を訪れて、女性たちと夜の遊びを行うようになっていく。ボブはジョンと友人になり、彼をカーピーと呼ぶようになる。一方、共演者のシグリット・バルディスや、クラブの女性と毎晩セックスするという生活を送り、アンとの夫婦関係は急速に冷めていった。ジョンは、乱交中にボブの尻を撫でたことで彼とケンカになり、さらに色覚異常が見つかりソニーから解雇され、アカイというメーカーへ移ることを余儀なくされる。その後仲直りした2人は、相変わらずセックス三昧の毎日だったが、ある日アンに、ボブが撮りためた女性たちの写真が見つかり、それが決定打となりボブは彼女と離婚する。

『0012捕虜収容所』の放送終了後シグリットと再婚したボブだが、すでにギャラを使い果たしたため新しい役を見つけようとするが、6年間演じたホーガンのイメージがついてしまったため役を得られず、生活に困窮するようになる。なんとかディナーショーの劇に出演できたが、再び表舞台に立ちたいと思っていたボブは、ジョンに相談しポルノ映画を製作しようと持ちかけるが、そのときディズニーから小さな役の出演依頼が来る。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ボブ・クレイン英語版 グレッグ・キニア 森田順平
ジョン・ヘンリー・カーペンター英語版 ウィレム・デフォー 江原正士
アン・クレイン リタ・ウィルソン 佐藤しのぶ
パトリシア・クレイン/シグリット・バルディス英語版 マリア・ベロ 日野由利加
レニー ロン・リーブマン 清川元夢
エドワード・H・フェルドマン ブルース・ソロモン英語版 石波義人
リチャード・ドーソン英語版 マイケル・E・ロジャース英語版 加瀬康之
ワーナー・クレンペラー英語版 カート・フラー 堀部隆一
ロバート・クラリー英語版 クリストファー・ニーマン
ジョン・バナー英語版 ライル・カノウス英語版 藤本譲
メル・ローゼン エド・ベグリー・ジュニア 伊藤和晃
ソニーの重役 マイケル・マッキーン
神父 ドン・マクマナス 中博史
ストリップクラブMC ジョー・グリファシ英語版 石波義人
ブルーノ・ゲルッシ英語版 ジョン・カペロス英語版 相沢正輝

スタッフ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Auto Focus” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2014年3月25日閲覧。

外部リンク[編集]