倉田保昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
くらた やすあき
倉田 保昭
本名 同じ
生年月日 1946年3月20日(68歳)
出生地 茨城県新治郡桜村
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
血液型 O型
ジャンル 俳優歌手
活動期間 1966年 -
活動内容 1966年:デビュー
1971年香港に渡る
1974年:帰国
1975年Gメン'75
主な作品

映画
『帰ってきたドラゴン』『七福星
『武闘拳! 猛虎激殺』
ファイナル・ファイト
テレビドラマ
闘え!ドラゴン』『Gメン'75
猿飛佐助』『徳川家康

倉田 保昭(くらた やすあき、1946年昭和21年)3月20日 - )は、日本のアクション俳優。本名同じ。茨城県新治郡桜村(現・つくば市)出身。空手七段、柔道三段、合気道二段。愛称は和製ドラゴン

俳優以外に倉田プロモーション代表[1]、全日本双節棍道連盟最高顧問、創武館道場代表[2]創造学園大学2013年に閉校)創造芸術学部芸術学科客員教授も務めていた[3][4]

略歴[編集]

父親は織物業を営み、少年時代から父親の元で空手の練習に励む。しかし小学四年の時織物業が倒産、埼玉県大宮市(現:さいたま市)に一家で引越し、この時から糸東流空手の道場に通い始める。高校は東京海城高等学校に入学し、柔道部で活躍。高校卒業後、一年間の浪人生活を経て日本大学芸術学部演劇学科に入学。中学、高校でマスターした空手、柔道に続く新しい試みとして合気道を始め、大学4年の時には合気道部を設立する。大学卒業の時、友人に誘われるまま、東映演技研修所の第一期生となり、1966年テレビドラマ丸出だめ夫』でデビューし、翌年『続・組織暴力』で映画デビューを果たした。その後、東京俳優生活協同組合に籍を移し、『柔道一直線』(TBS)や『中学生群像』(NHK)などのテレビドラマに出演。

1971年、この当時、香港映画界の最大勢力だったショウ・ブラザーズオーディション(日本の帝国ホテルで開催)に合格したのを機会に、折りからブームとなっていたカンフー映画へと転進。同年『悪客』で香港映画デビュー。以降、悪役俳優として活躍した。

1974年には出演した香港映画『帰ってきたドラゴン』が日本でも公開され、世界的なブルース・リー人気も相まって「和製ドラゴン」として凱旋帰国したほか、東京12チャンネルのテレビドラマ『闘え!ドラゴン』に主演した。そして日本映画出演第一作目となった千葉真一主演の『直撃! 地獄拳』や、志穂美悦子主演『女必殺拳 危機一発』、『必殺女拳士』など、東映製作の格闘映画の助演。1976年には東映映画『武闘拳! 猛虎激殺』で主演を果たした。

1975年よりTBS系のドラマ『Gメン'75』に草野刑事役として、1979年4月までの4年間、レギュラー出演する。特に『香港カラテロケシリーズ』(第105、106、126、127、175、176、201、202話.等)では主導的な役割を負い、現地の役者の通訳や食事の手配までこなし、番組内の人気シリーズとなった。

その後、ドラマ撮影に明け暮れる生活から抜け出すため、自ら降板を申し出るが、現実は甘くなく1979年から1980年、日本国内では一時「干された」状態となり低迷する。ちょうどこの頃知己のジャッキー・チェンのコミカルなカンフー映画が大人気になっており、たまたま来日したジャッキーと再会。現状を伝えるとサモ・ハン・キンポーを紹介され、サモ・ハンの会社と3本の映画出演契約を交わす。これが活動再開のきっかけとなった[5]

これ以降日本香港台湾を股にかけ、現在まで俳優として活躍中。2013年に開催された第1回ベストアクションアワードにおいてベストアクション男優賞並びに特別アクション功労賞を受賞した[6]2011年11月、香港のコーズウェイベイに「空手道場 創武館」を開設。「香港で日本人のもつ武士道精神を伝えたい」との思いから赤字も覚悟でオープンに至った[5]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

海外作品[編集]

国内作品[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

モバイルコンテンツ[編集]

  • つぶやき三四郎 〜一本なう〜(2011年5月16日 - 6月20日、ドコモマーケット) - 車治五郎 役

ラジオ、テレビゲスト出演ほか[編集]

  • それはブルース・リーからはじまった~最強アクションをめぐる旅~ ブルース・リーと親交があった倉田保昭がリーが目指したアクションの真髄を探るドキュメント(2010年7月27日、NHK-BS2)

レコード・CD[編集]

シングル
  1. ロンリードラゴン (1974年 ワーナー・パイオニア)…『闘え!ドラゴン』エンディング・テーマ
  2. こぼれ花 / 終列車 (1975年 ワーナー・パイオニア)
  3. ねがい花 / しあわせの旅路 (1975年 ワーナー・パイオニア)
アルバム
  1. こぼれ花 (1975年 ワーナー・パイオニア)

ブルース・リーを知る日本人[編集]

ブルース・リーに「ドラゴン怒りの鉄拳」撮影中、沖縄空手の武具ヌンチャクをプレゼントした。本来の中国武術ではヌンチャクは使用しないが、その派手なアクションが映画向きであると怒りの鉄拳の殺陣師に気に入られたことからこの映画に使用されたと自身で語っている。 しかし、ブルース・リーが使ったものはイノサントから教わったタバクトヨク(ヌンチャクよりも鎖が長い)であり、「グリーン・ホーネット」内で既に使用している。彼やイノサントの殺陣はヌンチャクの扱いとはまったく異なる。なお、このエピソードが後にTVで放送されたが編集の手違いにより「ブルースはヌンチャクが出来ない」と放送されてしまった。

また映画「麒麟掌」では所属映画会社が異なり(ブルース・リーは「ゴールデン・ハーベスト社」、倉田は「ショウ・ブラザーズ社」所属)ながらも、数秒ではあるが2人で映画共演を果たしている。

豆知識[編集]

刑事ドラマ「Gメン'75」の香港編(香港カラテロケシリーズ)の撮影中、その近隣ではジャッキー・チェン主演の出世作「ドランクモンキー 酔拳」の撮影が行なわれていた。

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 倉田プロモーション 会社案内”. 倉田プロモーション. 2013--06-14閲覧。
  2. ^ タレントデータバンク『倉田保昭』 - コトバンク
  3. ^ イベント 堀越学園コンサート65 プロデュース:堀越哲二 倉田保昭/肉体表現の世界”. 創造学園大学. 2013年6月14日閲覧。
  4. ^ タレントデータバンク『倉田保昭』 - コトバンクには、「教授」とあるが、公式プロフィールには創造学園大学に関する記述はない。
  5. ^ a b 和製ドラゴン 倉田保昭さんインタビュー”. 香港ポスト (2013年4月12日). 2013年11月18日閲覧。
  6. ^ 第1回ベストアクションアワード最優秀賞を発表いたします。”. Japan Action Award. 2014年4月8日閲覧。

外部リンク[編集]