伝記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

伝記(でんき)とは、広義には書き記された記録の総称だが、狭義には個人の事績の記録を指す。現代においては、狭義に使われることが多い。以下にそれぞれについて記す。

語源である中国語(中期漢語)としての伝記については儒教における伝記)の記事を参照。

伝記(記録、文書)[編集]

伝記(でんき、しるしぶみ)とは、記録文書のこと。または、古来伝わる事柄の記録。伝説伝承を書きしたもの。古伝、とも言い、『烏丸鮮卑東夷伝』、『魏志倭人伝』のように記される。 「しるしぶみ」と読む場合、「文史文学史学のこと)」とも書く。

伝記(個人の事績の記録)[編集]

伝記(でんき)とは、前項のうち記録対象を個人に限定したもので、記録する行為自体も指す。ある特定の人物の生涯を、時間に沿って記述しながら、対象となる人間の性格や業績などをたどるもの。こちらもと略されることがあり、『○○(人物名)伝』のように記される。筆者が自身について書いたものは、特に自伝(自叙伝)という。

歴史的には、時代により、そのパターンや表現方法に大きな差が見られる。

中世ヨーロッパにおける聖人の物語や、罪人の物語なども広く伝記のルーツとして認められてはいるが、これらは道徳的要素が強く、現在的な意味で言う伝記とは趣を異なるものとしている。

中国の『史記』の中に「列伝」が設けられて歴代の紀伝体正史に引き継がれ、中国や古代日本において漢文による伝記が書かれた。日本におけるものは、後世の仮名交じり文による伝記と区別して特に漢文伝(かんぶんでん)と呼ぶ。

伝記の性質・意義は、当然ながら時代の流れで変化し、特に20世紀心理学の発展は、伝記のあり方に大きな影響を与えた。

教育面からの伝記を学ぶ意義[編集]

日本でも、授業の一環で国語、英語、日本史などの科目で取り上げている。教科書に掲載する意義は、まず児童や生徒たちに伝記で取り上げた人物たちと「友だちになって欲しい」、やがて授業を進め「教育的な観点で接し学んで欲しい」となる。当然カトリック教会・学校では、主イエス・キリストや聖人たちの業績・足跡を学んでいる。

また日本における初等教育においては、修身第二次世界大戦の敗戦まで)の授業科目があり、多くの偉人伝記を学ぶ機会があり、特に重い荷物を背負った二宮金次郎の銅像は、校庭の隅などに設置されていた。金次郎の銅像を目にする児童たちに人となりを見習って、勤勉で向上心のある人物になってほしいという意図があったとされる。

関連語句[編集]

  • 本伝
主となる伝記(記録や伝)のこと。外伝が存在する伝記に対して用いる。
本伝に対して、主たる部分や要点については不足するが、その補助となるような記録や注釈のこと。転じて、本伝において主たる部分ではない、何れかの部分に焦点を当てた記録や文書を指す。
  • 紀伝体(列伝・本紀ほか)
  • 偉人伝
主に歴史上の偉人の伝記で、児童向け出版が多い。