ロイ・シャイダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Roy Scheider
ロイ・シャイダー
ロイ・シャイダー
2007年撮影
本名 Roy Richard Scheider
生年月日 1932年11月10日
没年月日 2008年2月10日(満75歳没)
出生地 ニュージャージー州オレンジ
死没地 アーカンソー州リトルロック
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル 俳優
活動期間 1961年 - 2008年
配偶者 シンシア・デブート(1962 – 1989)
ブレンダ・セイマー(1989 – 2008)
主な作品
ジョーズ
オール・ザット・ジャズ
ブルーサンダー
フレンチ・コネクション
受賞
オビー賞1968年

ロイ・リチャード・シャイダー (Roy Richard Scheider, 1932年11月10日 - 2008年2月10日) は、アメリカ合衆国の俳優。『ジョーズ』のブロディ署長、『オール・ザット・ジャズ』のジョー・ギデオン、『フレンチ・コネクション』のロッソ刑事役で良く知られる。最後の出演作は2010年に公開されるスリラー映画『Iron Cross』である。シャイダーは Allmovie において「全てのハリウッド俳優の中で最もユニークであり優れた俳優の一人[1]」と評される。彼は2度のアカデミー賞、1度のゴールデングローブ賞英国アカデミー賞にノミネートされている[2]

生い立ち[編集]

ニュージャージー州オレンジで自動車工のロイ・バーンハード・シャイダーとアンナ・シャイダー夫妻の息子として生まれる[3]。母親のアンナはアイルランド系のカトリック教徒であり、父親はドイツ系のプロテスタントの移民であった[4][5]。幼少時からスポーツに打ち込み、野球ボクシングでその才能を現した。ボクシングでの階級は140ポンドの体重からウェルター級であった。メイプルウッドのコロンビア高校に通い、1985年には同校の栄誉の殿堂入りしている。その後ボクシングから演劇に転向し、ラトガース大学およびフランクリン・アンド・マーシャルカレッジで演劇を学んだ。同校ではファイ・カッパ・サイのメンバーであった。卒業後、空軍に入隊し3年間管制業務を行った後、ニューヨーク・シェークスピア・フェスティバルに出演し、1968年にはオビー賞を受賞している。その後2つのCBS連続ホームドラマ「Love of Life」「The Secret Storm」に出演した。

映画俳優としての経歴[編集]

映画初出演は1963年のホラー映画『Curse of the Living Corpse』で、『ロイ・R・シャイダー』とクレジットされた。

1971年には『コールガール』と『フレンチ・コネクション』に出演し、『フレンチ・コネクション』ではアカデミー助演男優賞にノミネートされた。

1975年には『ジョーズ』で主演し、1978年には続編の『ジョーズ2』でも主演した。

1979年にはボブ・フォッシーの自叙伝的映画『オール・ザット・ジャズ』でミュージカル舞台監督のジョー・ギデオン役を演じ、イメージとして定着していたタフ・ガイのステレオタイプを打ち破り、同作でアカデミー主演男優賞にノミネートされる。

90年代以降はいわゆるサイコサスペンスやホラー作品に出演が集中するようになるが、スティーブン・スピルバーグ制作のテレビシリーズ『シークエスト DSV』では主演を努めている。

2004年、多発性骨髄腫と診断され俳優業を休業して治療に専念、2005年6月に治療のため骨髄移植を経験するも、2008年2月10日、4年近くに亘る闘病の末、死去した[6]。75歳没。

日本特撮テレビ番組宇宙刑事シャイダー』の名前の由来になっている。

日本語吹き替え[編集]

日本語吹き替え版では羽佐間道夫が主に担当しているほか、『ジョーズ』では全シリーズ滝田裕介が担当している。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1968 栄光のタッチダウン
Paper Lion
クレジットなし
1969 USAブルース
Stiletto
ベネット
ルーという女
Puzzle of a Downfall Child
マーク
1971 コールガール
Klute
フランク
フレンチ・コネクション
The French Connection
バディ・ルッソ
1972 影の暗殺者/フランスの陰謀
L'attentat
マイケル・ハワード
1973 重犯罪特捜班ザ・セブン・アップス
The Seven-Ups
バディ(セブン・アップス)
パリから来た殺し屋
Un homme est mort
レニー
1975 ジョーズ
Jaws
マーティン・ブロディ
1976 マラソンマン
Marathon Man
ヘンリー・リービ(ドク)
1977 恐怖の報酬
Wages of Fear
ドミンゲス
1978 ジョーズ2
Jaws 2
マーティン・ブロディ
1979 オール・ザット・ジャズ
All That Jazz
ジョー・ギデオン
1983 殺意の香り
Still of the Night
サム・ライス
ブルーサンダー
Blue Thunder
フランク・マーフィー
ファイナル・イニング
Tiger Town
ビリー・ヤング テレビ映画
1984 2010年
2010: The Year We Make Contact
ヘイウッド・R・フロイド
1985 ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ
Mishima a life in four chapters
- ナレーター
1986 メンズクラブ/真夜中の情事
The Men's Club
キャヴァナー
デス・ポイント/非情の罠
52 Pick-Up
ハリー・ミッチェル
1988 ジャッカー
Cohen and Tate
コーエン
1989 青春!ケンモント大学
Listen to Me
チャーリー・ニコルズ
ナイトゲーム/殺意のスタジアム
Night Game
マイク
1990 対決
The Fourth War
ジャック・ノウルズ
ロシア・ハウス
The Russia House
ラッセル
ウォッチャー
Somebody has to Shoot the Picture
ポール テレビ映画
1991 裸のランチ
Naked Lunch
ベンウェイ
1993 蜘蛛女
Romeo is Bleedings
ドン・ファルコン
1994 ロイ・シャイダー IN 炎の追撃
Wild Justice
ピーター テレビ映画
1997 デストラクション 制御不能
The Rage
ジョン・タガート
エグゼクティブ・ターゲット
Excecutive Target
カールソン
家族という名の他人
The Myth of Fingerprints
ハル
ピースキーパー
The Peacekeeper
ロバート・ベイカー
レインメーカー
The Rainmaker
ウィルフレッド・キーリー
1998 エグゼクティブ・エクスプレス プリズンブレイク
Evasive Action
エンゾ
白い烏
The White Raven
トム
1999 偽造
Falling Through
アール
2000 ラストデイズ
Chain of Command
ジャック・ケイヒル
死霊の門
The Doorway
ラモント教授
デイブレイク
Daybreak
スタン・マーシャル
2003 逆転法廷
Citizen Verdict
ブル・テイラー
ドラキュリアII 鮮血の狩人
Dracura II: Ascension
Cardinal Siqueros ビデオ作品
レッドデビル KGB VS CIA
Red Serpent
ハッサン
2004 パニッシャー
The Punisher
フランク・キャッスルSr.
2007 タンネンベルク1939 独ソ侵略戦争
The Poet
ラビ

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1993-1995 シークエスト
SeaQuest DSV
ネイサン・ブリッジャー艦長 47エピソード
2002 サード・ウォッチ
Third Watch
ロシアン・マフィアのボス、フィヨードル・チェフチェンコ 第3、第4シーズンの6エピソード
2007 LAW & ORDER:犯罪心理捜査班
Law & Order: Criminal Intent
1エピソード

参照[編集]

  1. ^ Roy Scheider at Allmovie
  2. ^ for Roy Scheider at IMDB
  3. ^ Kehr, David (2008年2月10日). “Roy Scheider, Actor in "Jaws", Dies at 75”. New York Times. 2008年2月10日閲覧。
  4. ^ Roy Scheider”. The Daily Telegraph (2008年2月11日). 2009年7月27日閲覧。
  5. ^ Kachmar, Diane C. (2002). Roy Scheider: A Film Biography. McFarland. pp. 5. ISBN 0786412011. http://books.google.com/books?id=A6SmDaC8VXoC. 
  6. ^ “『ジョーズ』のロイ・シャイダー、死去”. シネマトゥデイ. (2008年2月12日). http://www.cinematoday.jp/page/N0012841 2013年3月8日閲覧。 

外部リンク[編集]