英国アカデミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
British Academy Film Awards
第66回英国アカデミー賞
受賞対象 優れた映画
イギリス
初回 1947年
公式サイト www.bafta.org
テンプレートを表示

英国アカデミー賞(British Academy Film Awards)はその年の映画に関連した業績に対して授与される賞で、主にイギリスの映画産業従事者らの団体、BAFTAが授与を行っている。英国アカデミー賞(British Academy Film Awards)はBAFTA Awards (バフタ賞)とも呼ばれている。

現在、英国の映画産業に大きな影響を与えている賞の一つであるとともに、その年のアメリカアカデミー賞の前哨戦とも言える事例が近年多く見受けられる[1][2][3](同年の英国アカデミー賞作品賞受賞作とアメリカのアカデミー賞作品賞受賞作は同一の場合も異なる場合もある)。

概要[編集]

2006年現在、授賞式が5つあり、またこの中にある数多くのカテゴリーの中で受賞した作品をBAFTA賞またはBAFTA作品と呼ぶ場合があり、組織の略称とよく混同されて日本で紹介されることがある。2000年以降、正式名称はオレンジ英国アカデミー映画賞(The Orange British Academy Film Awards)となっている。日本映画では、新藤兼人監督の『原爆の子』が国連平和賞、小林正樹監督『からみ合い』が国連平和賞、市川崑監督『東京オリンピック』が長編記録映画賞と国連平和賞、黒澤明監督の『影武者』が監督賞と衣装デザイン賞、『』が外国語映画賞とメイクアップ賞、坂本龍一が『戦場のメリークリスマス』で作曲賞を受賞している。2013年から OrangeT-Mobile のオーナーであるEEスポンサーになり、EE British Academy Film Awardsとなっている。

部門[編集]

などの部門がある。

歴代作品賞[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]