クィーン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クィーン
The Queen
監督 スティーヴン・フリアーズ
脚本 ピーター・モーガン
製作 アンディ・ハリース
クリスティーン・ランガン
トレイシー・シーウォード
製作総指揮 フランソワ・イヴェルネル
キャメロン・マクラッケン
スコット・ルーディン
出演者 ヘレン・ミレン
マイケル・シーン
ジェームズ・クロムウェル
音楽 アレクサンドル・デプラ
撮影 アフォンソ・ビアト
編集 ルチア・ズケッティ
配給 イギリスの旗 パテ・ピクチャーズ
アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 エイベックス・エンタテインメント
公開 イタリアの旗 2006年9月2日VIFF
イギリスの旗 2006年9月15日
日本の旗 2007年4月14日
上映時間 104分
製作国 イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 英語
興行収入 $123,384,128[1]
テンプレートを表示

クィーン』(原題: The Queen)は、2006年イギリス映画ダイアナ元皇太子妃の事故死の最中にある当時のイギリス王室の舞台裏といえるものを描いた作品である。監督はスティーヴン・フリアーズ、主演はヘレン・ミレンエリザベス2世を演じ、ヴェネツィア国際映画祭の女優賞を受賞するなどの高い評価を得ている。共演にトニー・ブレアを演じたマイケル・シーンなど。ちなみにシーンは、フリアーズ監督の過去のテレビ作品でもブレア首相を演じている。またヘレン・ミレンもこの映画に先立ち、テレビミニシリーズ『エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜』でエリザベス1世も演じている。

概要[編集]

今作は第63回ヴェネツィア国際映画祭に出品され、プレミア上映された。エリザベス2世を演じたヘレン・ミレンと本作品は高い評価を受け、女優賞と脚本賞を受賞する。上映後、15分間のスタンディング・オベーションを受け、最高賞にあたる金獅子賞でも最有力作品とも言われた。

全米で公開された際も批評家から熱狂的な支持[2]を得たほか、第79回アカデミー賞では作品賞監督賞脚本賞主演女優賞衣装デザイン賞作曲賞の合計7部門にノミネートされ、最終的には主演女優賞を受賞する。エリザベス女王とブレア首相はこの受賞を祝した。

キャッチコピーは「全世界が涙したその日、ただ一人、涙を見せなかった人がいた」。

ストーリー[編集]

1997年5月、総選挙で労働党が勝利し、トニー・ブレアが首相に就任する。首相就任の承認を得るため、エリザベス2世のもとにブレア夫妻が謁見に訪れるが、憲法や伝統の大改革を主張してきたブレアと、リベラルなシェリー夫人のぞんざいな態度に、エリザベス2世は不安や不快の念を隠すことが出来なかった。

その年の8月31日、ダイアナ元皇太子妃がパリで事故死する。折しもバルモラル城で休養中であったエリザベス2世は、ダイアナについて“既に王室を去った人間”と見なしており、これは国事ではなくプライベートな出来事であるとして何のコメントも発表せず、母を亡くした孫をマスコミや国民の狂騒から守るためにも王太后や夫のエディンバラ公と共に、ロンドンに戻ることなく休養先に留まり続ける。一方、ダイアナの人気に着目したキャンベル補佐官の狙いにより、ブレアはダイアナを「国民のプリンセス」としてその死を悼むコメントを出し、国民の心をつかむ。また、ダイアナの遺体を引き取りにパリに飛んだチャールズ皇太子は、パリでダイアナがいかに敬愛されているかを目の当たりにし、エリザベス2世の態度に疑問を抱き、ブレアに接近する。

エリザベス2世のかたくなな態度にイギリス国民の不満は高まり、王制廃止を要求する声まであがるようになる。王室と国民の間を橋渡ししようとするブレアはエリザベス2世にロンドンに帰還し、ダイアナの死を悼むコメントを発表するよう執拗に求める。ついに、エリザベス2世は世論を鑑み、ロンドンに帰還するが、エリザベス2世の崇高な態度は国民、そして王室に対して冷ややかだったブレアの心をも打つ。

2ヵ月後、国政の報告のためにブレアはエリザベス2世のもとに再び参内するが、両者のわだかまりはすっかり消えており、宮殿の庭には談笑しながら散歩する2人の姿があった。

キャスト[編集]

エリザベス2世ヘレン・ミレン(吹替:倉野章子
イギリスの女王。首相以下全ての人間は彼女の前では「良い子」を演じなければならない不文律があり、却って周囲からその心底を斟酌され続ける。国民を信じ、同時に信頼される王室でなければならないとする信念の持ち主。ダイアナの死を報じるマスメディアの動きを一部の人間が扇動した結果だと考えており、大多数の国民は冷静にダイアナの死に接すると考えている。
トニー・ブレアマイケル・シーン(吹替:咲野俊介
第73代イギリス首相。世論の動きを正確に把握し、ダイアナの死を自らの人気高揚に利用する。王室のかたくなな態度が国民の王室に対する反感を強めることを危惧しており、時代に即した動きを王室がとるよう願っている。信念の人である女王に接することでストレスを感じる一方、その心情にも理解を示し、また敬意をもっている。環境の変化を楽しめる精神的な若さを備えている。
エディンバラ公フィリップジェームズ・クロムウェル(吹替:田原アルノ
エリザベス2世王配(夫)。ダイアナを王室の権威を汚した者としてひどく嫌っている。また、ダイアナの死をめぐる報道にもうんざりしており、気晴らしのために孫を連れて鹿狩りに出かける。妻にやたらと干渉するブレアのことを不快に思っている。
シェリー・ブレアヘレン・マックロリー
ブレア首相の妻。特権階級へ素直に疑問をもつ有識者リベラル階層の一人。保守的な王室が民心を失う様子と、そのため夫が汗をかく姿を野次馬的に見ている。参内した際には、明らかにぞんざいな挨拶をして女王を不快にさせた。
チャールズ皇太子アレックス・ジェニングス
イギリス皇太子。ダイアナの元夫。ダイアナのことは離婚後も評価している。女王の姿勢を時代遅れと考えており、ブレアに同調する。ダイアナの死を悼む言動をおこない、国民にアピールしようとする。
エリザベス・ボーズ=ライアンシルヴィア・シムズ
前王ジョージ6世の王妃でエリザベス2世の母。エディンバラ公と共に王室内の保守派として描かれている。エリザベス2世に対して世論に屈しないように忠告し、毅然とした態度をとり続けるよう求める。

※当時のニュース映像の引用という形で出演した人

ビル・クリントン
ネルソン・マンデラ
ルチアーノ・パヴァロッティ
エルトン・ジョン
トム・クルーズ
ニコール・キッドマン
スティーヴン・スピルバーグ

主な受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Queen (2006)” (英語). Box Office Mojo. 2010年10月13日閲覧。
  2. ^ Rotten Tomatoesでは、100を超える批評のうち、肯定的意見が98%である。

外部リンク[編集]