第64回英国アカデミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第64回英国アカデミー賞
開催日 2011年2月13日
会場 ロイヤル・オペラ・ハウス
ハイライト
作品賞 英国王のスピーチ
英国作品賞 英国王のスピーチ
主演男優賞 コリン・ファース
英国王のスピーチ
主演女優賞 ナタリー・ポートマン
ブラック・スワン
最多受賞 英国王のスピーチ』(7)
最多候補 英国王のスピーチ』(14)
 < 63 英国アカデミー賞 65 > 

第64回英国アカデミー賞は、2010年の映画を対象としており、2011年1月18日に候補が発表され[1][2]、2月13日に結果が発表された[3]。『英国王のスピーチ』が最多となる14部門で候補になり、作品賞を含む7部門を受賞した[3]

受賞とノミネート一覧[編集]

太字は受賞

アカデミー友愛賞[編集]

作品賞[編集]

主演男優賞[編集]

主演女優賞[編集]

脚色賞[編集]

アニメ映画賞[編集]

撮影賞[編集]

衣裳デザイン賞[編集]

監督賞[編集]

編集賞[編集]

外国語映画賞[編集]

メイクアップ賞[編集]

作曲賞[編集]

オリジナル脚本賞[編集]

美術賞[編集]

視覚効果賞[編集]

短編アニメ賞[編集]

  • The Eagleman Stag - Michael Please
    • Matter Fisher - David Prosser
    • Thursday - Matthias Hoegg

短編作品賞[編集]

  • Paul WrightPoss Kondeatis - Until The River Runs Red
    • Samuel Abrahams、Beau Gordon - Connect
    • Piers Thompson、Simon Hessel - Lin
    • マイケル・ピアース、ロス・マッケンジー - Rite
    • Karni Arieli、Saul Freed、Alison Sterling、Kat Armour-Brown - Turning

音響賞[編集]

助演男優賞[編集]

助演女優賞[編集]

英国映画貢献賞[編集]

ライジング・スター賞[編集]

英国作品賞[編集]

新人賞[編集]

出典[編集]

  1. ^ Film Awards Timetable”. British Academy of Film and Television Arts (2010年5月26日). 2011年1月12日閲覧。
  2. ^ “The King's Speech leads Bafta field”. BBC News. (2011年1月18日). http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-12213618 2011年1月18日閲覧。 
  3. ^ a b Reynolds, Simon (2011年2月13日). “Live: BAFTA Film Awards 2011 Winners”. Digital Spy. Hachette Filipacchi UK. 2011年2月13日閲覧。

外部リンク[編集]