イヴの総て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イヴの総て
All About Eve
監督 ジョセフ・L・マンキーウィッツ
脚本 ジョセフ・L・マンキーウィッツ
製作 ダリル・F・ザナック
出演者 ベティ・デイヴィス
アン・バクスター
音楽 アルフレッド・ニューマン
撮影 ミルトン・クラスナー
編集 バーバラ・マクリーン
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1950年10月13日
日本の旗 1951年9月21日
上映時間 138分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

イヴの総て』(イヴのすべて、All About Eve)は、1950年アメリカ映画である。ジョセフ・L・マンキーウィッツ監督。

概要[編集]

主役のマーゴ・チャニングを演じるベティ・デイヴィス

実在の女優エリザベート・ベルクナーen:Elisabeth Bergner)をモデルとした、メアリー・オルの1946年の短編小説『The Wisdom of Eve』を原作としている。

ブロードウェイの裏側を見事に描ききり、アカデミー賞では、作品賞をはじめとして6部門で受賞。カンヌ国際映画祭でも審査員特別賞と女優賞を受賞した。

監督のマンキーウィッツは脚本も担当。前年のアカデミー賞において『三人の妻への手紙』に続いてアカデミー監督賞と脚本賞を受賞。2年連続で4つのアカデミー賞を一人の人間が獲得したのは後にも先にもマンキーウィッツただ一人である。

当初、マーゴ役はクローデット・コルベールが演じる予定だったが、怪我のために降板。スーザン・ヘイワードマレーネ・ディートリッヒバーバラ・スタンウィックの名前も挙がったが、脚本を読んで気に入ったベティ・デイヴィスが演じ、彼女の代表作となった。

無名だった頃のマリリン・モンローが端役(チャンスを狙う新人女優)で出演している。

青春の抗議』、『黒蘭の女』に続いて3度目のオスカー受賞かと言われたデイヴィスだが、共演のアン・バクスターが所属会社フォックスの力を借りて主演女優賞にノミネートされ、結局、票が二つに割れたことで、二人とも受賞は叶わなかった。

ブロードウェイミュージカルの『アプローズ』(「拍手喝采」の意味)になった。この作品は1970年トニー賞最優秀作品賞をはじめ主要5部門を受賞。 初演のマーゴ役はローレン・バコールで、ミュージカル初出演でありながら主演女優賞を獲得したが、映画でイヴ役を演じたアン・バクスターがわずか1年でマーゴ役を引き継ぎ、実際の配役の上でも追う者と追われる者のドラマがあった。劇団四季でも公演された。

1995年に『ショーガール』としてリメイクされたが、アメリカでは劇場公開時に過激な暴力シーンや性的シーンが問題となりNC-17指定、本作とは正反対に1995年の第16回ゴールデンラズベリー賞で10部門ノミネート、最低作品賞・最低監督賞・最低主演女優賞・最低新人賞・最低脚本賞・最低主題歌賞の6部門受賞(後に2000年の特別賞である1990年代最悪作品賞も受賞)した。

あらすじ[編集]

アメリカ演劇界最高の栄誉であるセイラ・シドンス賞が、新進女優イヴ・ハリントンに与えられた。満場の拍手のうち、イヴの本当の姿を知る数人だけは、複雑な表情で彼女の受賞を見守るのだった…田舎から出てきた女優志望のイヴは、ブロードウェイの大女優のマーゴの付き人となる。自分の大ファンだというイヴに目をかけるマーゴだったが、イヴは次第に本性を表してゆき、批評家やマーゴの周りにいる人々に取り入ってゆく。ある日、出るはずの舞台に間に合わなかったマーゴの代役として出演するチャンスをつかみ、イヴは批評家たちから絶賛される。これを皮切りに、劇作家や有名批評家に巧く取り入り、マーゴまでも踏み台にしてスター女優へのし上がっていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
テレビ東京 NET PDDVD
マーゴ・チャニング ベティ・デイヴィス 後藤加代 奈良岡朋子 宮寺智子
イヴ・ハリントン アン・バクスター 山崎美貴 池田昌子 小林さやか
アディソン・ドゥイット ジョージ・サンダース 石塚運昇 中村正 土師孝也
ビル・サンプソン ゲイリー・メリル 寺杣昌紀 臼井正明 牛山茂
カレン・リチャーズ セレステ・ホルム 日野由利加 加藤道子 小林優子
ロイド・リチャーズ  ヒュー・マーロウ 鈴置洋孝 最上嗣生
マックス・フェビアン グレゴリー・ラトフ 稲垣隆史 富田耕生 岩田安生
バーディ セルマ・リッター 瀬畑奈津子 村上あかね
カズウェル マリリン・モンロー かないみか 向井真理子 小林美穂
日本語版制作スタッフ
演出 福永莞爾 羽田野千賀子
翻訳 伊原奈津子 二木京子
調整 長井利親 遠西勝三
効果 リレーション
プロデューサー 久保一郎/戸張涼
(テレビ東京)
椿淳
制作 テレビ東京
ムービーテレビジョン
ミックエンターテイメント
  • テレビ東京版初回放送:2000年3月12日(日)テレビ東京『20世紀名作シネマ』※20世紀フォックス正規盤DVD・BDに収録。
  • NET版初回放送:1970年3月15日(日)NET(現・テレビ朝日)『日曜洋画劇場

主な受賞歴[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]