イージー・ライダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イージー・ライダー
Easy Rider
劇中で使用されたチョッパーレプリカ
監督 デニス・ホッパー
脚本 デニス・ホッパー
ピーター・フォンダ
テリー・サザーン
製作 ピーター・フォンダ
出演者 ピーター・フォンダ
デニス・ホッパー
音楽 ザ・バーズ
撮影 ラズロ・コヴァックス
編集 ドン・キャンバーン
配給 コロムビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1969年7月14日
日本の旗 1970年1月31日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $340,000
興行収入 $60,000,000 (全世界)
テンプレートを表示

イージー・ライダー』(原題:Easy Rider)は、1969年公開のアメリカ映画。日本では「イージー☆ライダー」と表記されることもある。

概要[編集]

ピーター・フォンダデニス・ホッパーによるアメリカン・ニューシネマの代表作。その衝撃的な結末で知られる。1969年(第42回)アカデミー賞助演男優賞脚本賞にノミネートされた。1998年にはアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録された。

劇中に登場するバイクは、1965年型ハーレー・ダビッドソンでエンジンはパンヘッドと呼ばれるタイプ、排気量は1200ccである。フレームは当時としては斬新なフルメッキを施しており、リジッドでサスペンションが無い。ワイアットが乗っているチョッパーは、前輪ブレーキが装備されていない。劇中で登場していたマリファナは本物を使用していた。

製作会社(ピーター・フォンダが設立)倒産と版権不継承によりパブリックドメインとなった(このため、英語版ローカルにフェアユース扱いながら高解像度のスクリーンショット、英語版とウィキクオートに台詞の抜粋が収録されている)。また、オリジナルマスターが暫く行方不明となり存続が危ぶまれたが、その後発見され、DVD化された。音楽は全米2位となったステッペンウルフの「Born To Be Wild(ワイルドで行こう)」、バーズジミ・ヘンドリックスの楽曲などを用いる。

あらすじ[編集]

メキシコからロサンゼルスへのコカインの密輸で大金を得たワイアット(キャプテン・アメリカ)とビリーは、金をフルカスタムされたハーレー・ダビッドソンのタンク内に隠し、カリフォルニアからマルディグラ謝肉祭)の行われるニューオリンズ目指して旅に出る。

農夫の家でランチをご馳走になったり、ヒッチハイクをしていたヒッピーを拾って彼らのコミューンへ立ち寄ったりと気ままな旅を続ける2人。しかし旅の途中、無許可で祭りのパレードに参加したことを咎められ留置場に入れられる。そこで二人は弁護士ハンセンと出会い、意気投合する。

そして、ハンセンの口利きで釈放された2人は、ハンセンと共にニューオリンズに向けての旅を続ける。しかし、「自由」を体現する彼らは行く先々で沿道の人々の思わぬ拒絶に遭い、ついには殺伐としたアメリカの現実に直面する。

出演[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ワイアット(キャプテン・アメリカ) ピーター・フォンダ 山田康雄多田野曜平
ビリー デニス・ホッパー 山谷初男小山武宏
ジョージ・ハンセン ジャック・ニコルソン 北村総一朗 (小山武宏)
ジーザス アントニオ・メンドーサ 相模太郎
カレン カレン・ブラック 渡辺典子
ヒッチハイカー ルーク・アスキュー 森川公也
ジャック ロバート・ウォーカー・Jr 桜本昌弘
リサ ルアナ・アンダース 丸山裕子
メアリー トニー・バジル 芝田清子
コネクション フィル・スペクター
ランチャー ウォーレン・フィナーティ 白熊寛嗣
サラ サブリナ・スカーフ 火野カチ子
()内はBlu-ray収録吹き替えでの追加収録部分の担当声優。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]