ベニスに死す (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベニスに死す
Morte a Venezia
監督 ルキノ・ヴィスコンティ
脚本 ルキノ・ヴィスコンティ
ニコラ・バダルッコ
原作 トーマス・マン
製作 ルキノ・ヴィスコンティ
製作総指揮 マリオ・ガロ
ロバート・ゴードン・エドワーズ
出演者 ダーク・ボガード
ビョルン・アンドレセン
シルヴァーナ・マンガーノ
音楽 グスタフ・マーラー
撮影 パスクァリーノ・デ・サンティス
編集 ルッジェーロ・マストロヤンニ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 イギリスの旗 1971年3月1日
イタリアの旗 1971年3月5日
フランスの旗 1971年5月(カンヌ国際映画祭
日本の旗 1971年10月23日
上映時間 131分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 英語
イタリア語
ポーランド語
フランス語
テンプレートを表示

ベニスに死す』(イタリア語: Morte a Venezia英語: Death in Venice)は1971年に製作・公開されたイタリアフランス合作の映画である。同年度の第24回カンヌ国際映画祭で、25周年記念賞を受賞した。トーマス・マン作の同名小説の映画化。『ヴェニスに死す』とも。ヴィスコンティのドイツ3部作の第2作といわれるが、主人公がドイツ人(またはオーストリア人)というだけで、他の2作のようにドイツを主舞台にはしていない。

ストーリー[編集]

静養のためヴェネツィア(ベニス)を訪れることにした老作曲家は、その道中、船の中で(ちなみにこの船は「エスメラルダ」号といい、後に回想シーンで登場する売春婦と同じ名前である)ふと出会った少年・タジオに理想の美を見出す。以来彼は浜に続く回廊をタジオを求めて彷徨うようになる。

ある日ベニスの街中で消毒が始まる。尋ねると疫病が流行しているのだという。やがて自らも感染した彼はまるで死に化粧のように白粉口紅、白髪染めを施し、タジオの姿を求めてベニスの町を徘徊する。

疲れきった彼は体を海辺のデッキチェアに横たえながら、友人とはしゃぐタジオの姿を見つめ、波光がきらめく中、笑みを浮かべつつ死んでゆく。流れ落ちる汗と涙で化粧は醜く落ちていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
アッシェンバッハ ダーク・ボガード 土屋嘉男
タジオ ビョルン・アンドレセン 水島裕
タジオの母 シルヴァーナ・マンガーノ特別出演 武藤礼子
ホテル支配人 ロモロ・ヴァリ 田中明夫
アルフレッド マーク・バーンズ 野島昭生
アッシェンバッハ夫人 マリサ・ベレンスン 松尾佳子

マーラーの交響曲第5番[編集]

マーラー交響曲第5番の第4楽章「アダージェット」は、もともとは作曲者が当時恋愛関係にあったアルマにあてた、音楽によるラブレターである。この映画の感情的表現において、ほぼ主役ともいえる役割を果たした。この映画を鑑賞したあるハリウッドメジャーの社長は、「今度の新作映画では、マーラーにテーマ音楽を作らせよう」と語ったという(マーラーがとうに没した大作曲家であることをその社長は知らなかった)。

原作からの翻案[編集]

原作者トーマス・マンは、この小説を執筆するに当たって、主人公を老作家としていた。しかし監督のルキノ・ヴィスコンティは、原作者の真の意図を汲み、主人公の「グスタフ・フォン・アッシェンバッハ」をマーラーらしき人物に「再転換」している。また、同時代の作曲家でありマーラーと親交のあったアルノルト・シェーンベルク(アルフレッド)をも登場させている。2人の「美」についての論争は、この映画全体に満ち溢れる「対比」の主体軸である。

外部リンク[編集]