ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローマ聖チェチーリア音楽院管弦楽団(L'Orchestra dell'Accademia Nazionale di Santa Cecilia)は、イタリア共和国の首都ローマを本拠地とするオーケストラである。創設は1866年。コンサート専門のオーケストラとしてはイタリアで最も古いと言われる。また、このオーケストラが所属する聖チェチーリア音楽院は、1584年に創立された現存する世界で最も古い音楽教育機関の一つである。

フランチェスコ・モリナーリ=プラデッリイーゴリ・マルケヴィチジュゼッペ・シノーポリ、近年ではダニエレ・ガッティチョン・ミョンフンが首席指揮者を務め、2005年からはアントニオ・パッパーノが音楽監督を務めている。レコーディングは、デッカ・レーベルトゥリオ・セラフィンらによるオペラ物が多く、また1983年から1990年まで名誉総裁だったレナード・バーンスタインによる録音もある。最近では、チョンやパッパーノ指揮でシンフォニー・レパートリーにも積極的にレコーディングを行っている。

2003年以降、レンゾ・ピアノ設計によるオーディトリウム・パルコ・デ・ラ・ムジカを演奏会場としている。

外部リンク[編集]