ナショナル・ボード・オブ・レビュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナショナル・ボード・オブ・レビュー(National Board of Review of Motion Pictures、NBR)は、アメリカ合衆国非営利団体米国映画批評会議

ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞(National Board of Review Awards。NBR賞米国映画批評会議賞とも。)を授与することで知られる。映画の普及促進に関する活動を行う各種団体としては、現存する世界最古の団体である。

概要[編集]

ナショナル・ボード・オブ・レビューは、映画教育プログラムの制作や、映画製作奨学金の給付など、映画の普及促進に関する活動を目的とする、民間人による非営利団体。また、例年、その年に公開されたアメリカ国内外の映画について、優秀な作品や優秀な俳優を顕彰する賞の授与も行う。

歴史[編集]

映画規制と自主的検閲[編集]

活動の拠点はニューヨークにある。映画が誕生した13年後の1909年に創立された。

団体結成のきっかけは、前年の1908年に、当時のニューヨーク市長が映画の上映を禁じたことによる。南北戦争時には将軍であった市長は、映画という新しいメディアが、市民のモラルを低下させると考えたのである。

この市長の動きに対して、表現の自由の制約に反対した劇場主や配給会社は、表現の自由を推し進める市民団体と共に、アメリカの「国民のための文化」としての映画の質を維持するため、国立映画調査委員会(National Board Committee)を結成した。

やがてこの委員会は、映画に対し政府から政治的な検閲を受けないようにするため、自主的な民間検閲団体として、新作映画の検閲に関して自律的に機能し始めた。1916年から1950年代までの間に公開された数千本の映画には、メインタイトルの下に「ナショナル・ボード・オブ・レビューを通過した」という一文が入っている。これは、NBRによる自主的な検閲を受けたことを示している。このNBRの検閲機能は、その後別の機関MPAA(米国内のレイティングを決定する団体)に移され、現在に至っている。

映画賞の授与[編集]

検閲活動とは別に、NBRは1929年から、1年間のうちで質の高いベスト10の英語圏の映画とベスト1の外国語映画の選出を始め、そのうちベスト1の米国映画のみの選出と授賞式が現在でも行われている。これがナショナル・ボード・オブ・レビュー賞(National Board of Review Awards)あるいはNBR賞(NBR Awards)と呼ばれる映画賞である。この賞が映画史上に残った理由は、名作として名高い『市民ケーン』(1941年公開)に対して、その年唯一と言っていい、年間最優秀作品賞を授与したためである(他の受賞はニューヨーク映画批評家協会賞のみであった)。

機関誌の発行[編集]

1917年以降、名称を様々変えながらも、継続的に機関誌を発行している。現在は”Films in Review”誌となっており、映画製作や映画史と観客を取り持ち、あらゆる面で映画を育成させる役割を果たしている。投稿者の中には、アルフレッド・ヒッチコックハロルド・ロビンステネシー・ウィリアムズウィリアム・サローヤンパール・バックなどの著名人も含まれる。

現在の活動[編集]

非営利団体であるため、アメリカ国内外、芸術・娯楽を問わず、良質な映画をまったく独立して支援しているNGO組織である。

また、年間300本以上の映画、ケーブル用映画、ドキュメンタリー、外国語映画を審査し、この中から候補作を挙げて、最終的に会員の投票により、毎年12月始めに優秀作品を決定する。会員は、ほとんどがニューヨーク近辺の映画関係者、大学教授、教育者、学生、映画史家など、どちらかというとシネ・フィル的な人たちが多い。

現在、会議のメンバーは12名、会員は全体で150名程度である。

この賞の注目度が高いのは、長い歴史を誇る賞としての権威と共に、実質的にアカデミー賞の前哨戦となっているからである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]