キネマ旬報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キネマ旬報』(キネマじゅんぽう)は、1919年7月創刊の映画雑誌である。通称「キネ旬」。キネマ旬報社が発行している。

沿革[編集]

1919年7月に東京高等工業学校(現・東京工業大学)の田中三郎ら学生4人が、アート紙4ページ、毎月1日、11日、21日発行の外国映画専門誌として発刊。1923年9月に発生した関東大震災により社屋が壊滅したが、兵庫県芦屋市西宮市香櫨園などの阪神間に編集拠点を移して刊行を続けた。このため出版業を通じて阪神間モダニズムの一翼を担うことになる。

1940年12月をもって戦時統制を理由に終刊。しかし1946年3月に「再建」し、1950年10月に復刊。以降毎月2回(5日・20日)発行の体裁で現在に至る。それでも経営については安定しないものがあり、雑誌収入だけでは経営が成り立たないので、劇場用映画「刑事物語」を製作したこともあった。大物総会屋、馬主として別の世界で名前を売った上森子鉄がオーナーだった時期には古川ロッパの出演料を騙し取る騒ぎもあった。1991年セゾングループが全株式を取得。グループ会社である「SSコミュニケーションズ」に経営権が移管された。

しかし2001年、そのSSコミュニケーションズが角川書店に売却され、角川書店グループ入りすることになるも、今度は2002年、キネマ旬報社の株式の81%がギャガ・クロスメディア・マーケティング(2007年9月、フットノートに社名変更)に売却された。2007年、フットノートが残る株式を取得、完全子会社化。2008年1月、キネマ旬報社を存続会社としてフットノートと合併した。

巻末の新作映画紹介は詳細なスタッフ、キャスト表に加え大部分はストーリーの結末まで記されており、刊行期間の長さと相まって巨大なデータベースとなっている。1990年代にSSコミュニケーションズとNECアベニューの提携で集中電子化が行われ、CD-ROM販売されたこともあるが、現在は一部がGooなどでネットワーク提供されている。

キネマ旬報ベスト・テン[編集]

キネマ旬報ベスト・テンは、1924年に外国映画のみを対象として「芸術的に最も優れた映画」「娯楽的に最も優れた映画」の2部門を編集同人の投票により選出したのが始まりで、日本映画の水準が高くなったことを理由に1926年から日本映画も対象となった。

以降、映画を日常的に多数観ており、中立的で公正な評価が可能な委員(第85回ベスト・テン発表時の選考委員は121人[1])により、毎年「日本映画ベスト・テン」と「外国映画ベスト・テン」が選出されている。第1位に選出された作品は、ベスト・ワンと書かれる。1972年度から「読者選出ベスト・テン」も始まり、「映画評論家が選ぶ、信頼に足る映画」と「一般的に広く好まれる映画」とが多角的に区別されている。邦画バブルと呼ばれる2000年代後期に日本映画界をマーケティング重視の作品が席巻する中でも作品第一の姿勢は一貫して貫かれている。

キネマ旬報と書かずに、単にその年の「ベスト・テン○位」「ベストワン」という書き方で済ませる文章も少なくなく、またそれで通用するほど代名詞化している。毎年の受賞の結果はNHK報道番組や、読売新聞朝日新聞毎日新聞等の全国紙で報じられるなど映画ファン以外からの注目度も高い。世界最古クラスの映画賞である点、選考委員にかつて桑原武夫池波正太郎らも加わっていたなど多数かつ顔ぶれが豪華である点、全員の投票内容が誌面で公表されていて情実や圧力が加わりにくい点などが、権威づけの源となっている。

年度別ベスト・テン一覧[編集]

歴代ベストワン[編集]

第1回、第2回は洋画から、「芸術的に優れた作品」「娯楽的に優れた作品」の2作品が選出された。第7回は、洋画から「無声映画」と「有声映画」、邦画から「現代映画」と「時代映画」の合計4作品が選出された。第18回、第19回は戦争のため、邦画から1作品のみ選出された。それ以外の年は、洋画・邦画からそれぞれ1作品ずつ選出されている。

キネマ旬報読者賞[編集]

1973年度(発表は1974年)から、『キネマ旬報』の連載コラムの中から、読者の投票でもっとも人気が高かった作品を「キネマ旬報読者賞」として表彰するようになった。歴代受賞作は以下のとおり。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]