五月のミル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
五月のミル
Milou en mai
監督 ルイ・マル
脚本 ジャン=クロード・カリエール
製作 ルイ・マルヴィン・セントマル
出演者 ミュウ・ミュウ
ミシェル・ピコリ
ミシェル・デュショソイ
ドミニク・ブラン
音楽 ステファン・グラッペリ
撮影 レナート・ベルタ
編集 エマニュエル·カストロ
配給 日本の旗 シネセゾン
公開 フランスの旗1990年1月24日
日本の旗1990年8月4日
上映時間 107分
製作国 フランスの旗 フランス、イタリア
言語 フランス語
前作 さよなら子供たち
次作 ダメージ
テンプレートを表示

『五月のミル』(Milou en mai 、May Fools)は1990年の仏・伊映画。

1968年のフランス5月革命の、田舎の村への影響を描く。

フランス南西部で撮影された。

ステファン・グラッペリが音楽を担当し、「ミルのテーマ」を弾いた。

あらすじ[編集]

ミルの母親は、不安やストライキが国を席巻するなか死ぬ。

葬儀の計画は妨害され、家族を混乱させる。

社会と個人の関わりを描くファルス(風刺)。


キャスト[編集]

  • ミュウミュウ - カミーユ、Milouの娘
  • ミシェル·ピコリ - Milou
  • ミシェルDuchaussoy - ジョルジュ、Milouの弟
  • ブルーノ·カレット - グリマルディ(*カレットの最後の出演映画となった。)
  • ポーレット・ボストゥ - Milouの母
  • ハリエット·ウォルター - リリー、Milouの義理の妹
  • マルティーヌ·ゴーティエ - Milouの恋人
  • ドミニク・ブラン - クレア、Milouの姪

ほか

受賞歴[編集]

  • デビッド·ディ·ドナテッロ賞(1990):最優秀外国監督賞
  • BAFTAアワード(1991):最優秀外国語映画ノミネート
  • セザール賞(1991):助演女優賞受賞:ドミニク・ブラン

参考[編集]

外部リンク[編集]