クヒオ大佐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クヒオ大佐
監督 吉田大八
脚本 香川まさひと
吉田大八
製作 柿本秀二
春名慶
吉田博昭
松崎澄夫
永田勝治
山崎浩一
石橋健司
豊島雅郎
出演者 堺雅人
松雪泰子
満島ひかり
中村優子
音楽 近藤達郎
主題歌 クレイジーケンバンド
『VIVA女性』
撮影 阿藤正一
編集 岡田久美
製作会社 『クヒオ大佐』製作委員会
配給 ショウゲート
公開 日本の旗 2009年10月10日
上映時間 112分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

クヒオ大佐』(クヒオたいさ)は、2009年10月に公開された日本映画である。第50回日本映画監督協会新人賞最終候補作品。

概要[編集]

1970年代から90年代にかけて、「アメリカ空軍パイロットカメハメハ大王エリザベス女王の親類」と名乗り結婚話を交際女性に持ちかけ、約1億円を騙し取った実在の結婚詐欺師で自称を「ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐」と名乗った日本人を描く。原作は吉田和正の「結婚詐欺師 クヒオ大佐」(新風舎文庫、また映画公開に合わせ幻冬舎アウトロー文庫から大幅改訂された「クヒオ大佐」が発売)。

実在の「クヒオ大佐」について[編集]

原作によれば、主人公のモデルとなった「クヒオ大佐」を名乗る男は戦時中に北海道に生まれ、中学卒業後に職業訓練学校へ入学。
職業訓練校を卒業後東京上京した日本人である。

容姿がコーカソイドに似ていたこともあって(鼻が高いのは手術によるものとも言われる。)、いつからか髪を金髪に染めて軍服のレプリカを身にまといカタコトの日本語を使う「ニセ軍人」を名乗るようになった(映画では主演俳優が「つけ鼻」を使用しているが、髪は染めていない)。

その「ニセ」プロフィールは次の通り。

  1. 名前:ジョナサン・エリザベス・クヒオ(日本名は彼の本名)
  2. 職業:アメリカ空軍特殊部隊パイロット
  3. 国籍:アメリカ合衆国(日本国籍も所持する、いわゆる「二重国籍」)
  4. 出身地・ハワイ
  5. 両親
    • 父:カメハメハ大王の末裔
    • 母:エリザベス女王の双子の妹(映画では女王の妹の夫のいとこ)
  6. 履歴

そしてターゲットとなる女性にはこう持ちかけたという。

その一方で、次の様な点も見られたという。

  • 「USAから発行されたという公文書」を見せるが、すべて日本語で書かれていた。
  • ジェット機に乗っている写真なども見せてくるが、ぼやけているのと写真が古すぎておかしい。
  • 突然ポケベルが鳴り出し、無線機のようなもので片言の英語でやり取りを始める。
  • 年齢は37歳と言い張るが、見かけはそれよりかなり年上であった。
  • ハーフにしても、平均的日本人よりも背が低めであった。

こうしてクヒオは女性を巧みに口説き、結婚費用を騙し取った後に「また最前線に赴かなくてはいけなくなった。仮に私が戦死してもキミには軍から莫大な額の功労金が支給される」と言い残して姿を消す。ここでようやく詐欺だったと気づくことに。

しかし「クヒオ大佐」は結局逮捕され、その手口などはワイドショーなどで報じられた。刑期を終え出所した後もやはり同様の手口で女性から結婚費用を騙し取るなどし、その被害総額は約1億円と言われている。

漫画家青木雄二も実際には日本人であることも含め、生前の複数の著書の中で言及している。

なおコメディアンの大神クヒオ(後に東京名物大神本舗五百年に改名)の芸名は彼をモデルに師匠のビートたけしが命名している。

また三池崇史監督の映画作品「カタクリ家の幸福」では忌野清志郎が演じる、彼をモデルとしたニセ軍人「リチャード佐川」が登場している。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

DVD[編集]

外部リンク[編集]