浪人街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『浪人街』の躍動的で審美的な1カット。

浪人街』(ろうにんがい)は、1928年(昭和3年)に脚本家山上伊太郎が著したオリジナルシナリオをマキノ正博が監督、同年製作・公開した『浪人街 第一話 美しき獲物』に始まる日本サイレント映画剣戟映画のシリーズである。全3話、4篇。のちに4回リメイクされ、うち3回はマキノのセルフリメイクであり、あとの1回はマキノが総監修を務めた。

略歴・概要[編集]

1928年(昭和3年)、マキノ省三こと牧野省三が経営していたマキノ・プロダクションの社員脚本家だった山上伊太郎が、本作の脚本を書き下ろした。当時の同社は、省三渾身の超大作『忠魂義烈 実録忠臣蔵』が火災で大半を焼失してしまったことや、同作へのメインキャスティングを同社のスターではなく、伊井蓉峰諸口十九とを抜擢したことに端を発する片岡千恵蔵ら大スターの集団退社のあとで、既存のスターがほとんど抜け落ちた後であった。

本作のメインキャストが、南光明谷崎十郎根岸東一郎河津清三郎といった無名の若手俳優であったことは、「浪人街」のリアリティを感じさせた。第1作を同年の10月20日に封切ると、日本全国で大ヒットを記録、同年のキネマ旬報でベストワンを獲得した。

第二話では、キャストも南と根岸以外のメインキャストも入れ替え、キャラクターも新たにした。

2009年10月現在、『浪人街 第二話 楽屋風呂 第一篇』と『浪人街 第二話 楽屋風呂 解決篇』を1本に再編集した73分の短縮版『浪人街 第二話 楽屋風呂』以外は現存していない[1]

時代劇映画は本作で初めて、集団殺陣(四名の浪人と数十名の悪旗本連)というジャンルを「斬りひらいた」。唯一の英雄も武士道も忠義もなく、愛する女を奪われ友を傷つけられたことに怒り狂う浪人たちが待ち受ける罠に暴れ込む様が描かれる。悪旗本連に買収され「辛い!」とうなりながら傍観していた赤牛弥五右衛門が、ついにたまりかねて助太刀に殴り込み、「おのれ裏切ったな!」と叫ぶ旗本たちに「馬鹿ァ抜かせ、表返ったのじゃッ!」と答える場面、公開当時の映画館では赤牛のこの台詞でドッと歓声が上がり、拍手が鳴りやまなかったという。赤牛に扮して「演技賞もの」と絶賛された根岸東一郎は、剣戟経験がほとんどなかった。「マキノ青春トリオ」(マキノ雅弘、山上伊太郎、三木稔)は素人同然の俳優を駆使し、ノー・スタア映画を作り上げ、しかも大ヒットさせたのである[2]

第一話 美しき獲物[編集]

浪人街
第一話 美しき獲物
監督 マキノ正博
脚本 山上伊太郎
製作総指揮 マキノ省三
出演者 南光明
谷崎十郎
根岸東一郎
河津清三郎
撮影 三木稔
製作会社 マキノ・プロダクション御室撮影所
配給 マキノ・プロダクション
公開 日本の旗 1928年10月20日
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 浪人街 第二話 楽屋風呂 第一篇
テンプレートを表示

浪人街 第一話 美しき獲物』(ろうにんがい だいいちわ うつくしきえもの)は、1928年(昭和3年)製作・公開、マキノ正博監督による日本サイレント映画剣戟映画である。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

  • 南光明 - 母衣権兵衛
  • 谷崎十郎 - 荒牧源内
  • 根岸東一郎 - 赤牛弥五右衛門
  • 河津清三郎 - 土居孫左衛門
  • 岡島艶子 - おぶん
  • 大林梅子 - お新
  • 市原義夫 - 佐吉
  • 住乃江田鶴子 - およう
  • 川田弘道 - 小幡伝太夫
  • 東條猛 - 小幡七郎右衛門
  • 五味国男 - 金之助
  • 都賀清司 - 酒屋の親父
  • 加藤光枝 - 娘
  • 三島洋子 - お仙
  • 若松文男 - お新の義父
  • 三保松子 - お新の義母

第二話 楽屋風呂 第一篇[編集]

浪人街
第二話 楽屋風呂 第一篇
監督 マキノ正博
脚本 山上伊太郎
製作総指揮 マキノ省三
出演者 南光明
津村博
根岸東一郎
撮影 三木稔
製作会社 マキノ・プロダクション御室撮影所
配給 マキノ・プロダクション
公開 日本の旗 1929年1月15日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 浪人街 第一話 美しき獲物
次作 浪人街 第二話 楽屋風呂 解決篇
テンプレートを表示

浪人街 第二話 楽屋風呂 第一篇』(ろうにんがい だいにわ がくやぶろ だいいっぺん)は、1929年(昭和4年)製作・公開、マキノ正博監督による日本サイレント映画剣戟映画である。シリーズ第2作である。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

第二話 楽屋風呂 解決篇[編集]

浪人街
第二話 楽屋風呂 解決篇
監督 マキノ正博
脚本 山上伊太郎
製作総指揮 マキノ省三
出演者 南光明
津村博
根岸東一郎
撮影 三木稔
製作会社 マキノ・プロダクション御室撮影所
配給 マキノ・プロダクション
公開 日本の旗 1929年2月8日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 浪人街 第二話 楽屋風呂 第一篇
次作 浪人街 第三話 憑かれた人々
テンプレートを表示

浪人街 第二話 楽屋風呂 解決篇』(ろうにんがい だいにわ がくやぶろ かいけつへん)は、1929年(昭和4年)製作・公開、マキノ正博監督による日本サイレント映画剣戟映画である。シリーズ第3作である。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

第三話 憑かれた人々[編集]

浪人街
第三話 憑かれた人々
監督 マキノ正博
脚本 山上伊太郎
出演者 沢村国太郎
荒木忍
河津清三郎
撮影 三木稔
製作会社 マキノ・プロダクション御室撮影所
配給 マキノ・プロダクション
公開 日本の旗 1929年11月15日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 浪人街 第二話 楽屋風呂 解決篇
テンプレートを表示

浪人街 第三話 憑かれた人々』(ろうにんがい だいさんわ つかれたひとびと)は、1929年(昭和4年)製作・公開、マキノ正博監督による日本サイレント映画剣戟映画である。シリーズ第4作、最終作である。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

リメイク・派生作品[編集]

リメイク[編集]

いずれもトーキー、マキノ正博・雅弘・雅広はすべて同一人物である。

派生作品[編集]

いずれも本作発表後の作品である。

[編集]

  1. ^ 所蔵映画フィルム検索システム東京国立近代美術館フィルムセンター、2009年10月29日閲覧。
  2. ^ 『週刊サンケイ臨時増刊 大殺陣 チャンバラ映画特集』、夢野京太郎「チャンバラ変遷史・序説」(サンケイ出版)

外部リンク[編集]