誰も知らない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
誰も知らない
Nobody Knows
監督 是枝裕和
脚本 是枝裕和
製作 是枝裕和
製作総指揮 是枝裕和
出演者 柳楽優弥
北浦愛
木村飛影
清水萌々子
YOU
音楽 ゴンチチ
タテタカコ『宝石』
撮影 山崎裕
編集 是枝裕和
配給 シネカノン
公開 フランスの旗 2004年5月13日CIFF
日本の旗 2004年8月7日
上映時間 141分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

誰も知らない』(だれもしらない、英題:Nobody Knows)は、2004年に公開された是枝裕和監督の日本映画

解説[編集]

1988年に発生した巣鴨子供置き去り事件を題材として、是枝裕和監督が15年の構想の末、満を持して映像化した作品である。母の失踪後、過酷な状況の中幼い弟妹の面倒を見る長男の姿を通じて家族や周辺の社会のあり方を聴衆に問いかけた。日本国内においては、主演の柳楽優弥2004年度の第57回カンヌ国際映画祭において史上最年少および日本人として初めての最優秀主演男優賞を獲得したことで大きな話題を呼んだ。また、キネマ旬報フランダース国際映画祭において最優秀作品賞を獲得するなど、国内外の映画賞を多数獲得。2004年度の日本映画における最も高い評価を得た作品の一つである。

ストーリー[編集]

とある2DKのアパートに、スーツケースを抱えた母親のけい子と息子の明が引越ししてくる。アパートの大家には「主人が長期出張中の母子2人だ」と挨拶するが、実はけい子には明以外の子どもが3人もおり、スーツケースの中には次男の茂、次女のゆきが入っていた。長女の京子も人目をはばかり、こっそり家にたどり着く。

子ども4人の母子家庭という事実を告白すれば家を追い出されかねないと、嘘を付くのはけい子なりの苦肉の策であり、彼女は大家にも周辺住民にも事が明らかにならないように子どもたちに厳しく注意する。

子どもたちはそれぞれ父親が違い、出生届すら出されておらず、大家には小学校の6年生だと説明された明でさえも学校に通ったことさえない。

当面はけい子が百貨店で働き、母の留守中は明が弟妹の世話をして暮らしていたが、新たに恋人ができたけい子は留守がちになり、やがて生活費を現金書留で渡すだけでほとんど帰宅しなくなってしまう。そこから兄弟だけの、誰も知らない生活が始まる。

母が姿を消して数か月。渡された生活費も底をついてしまい、料金滞納から電気・ガス・水道も止められ、子どもたちだけの生活に限界が近づき始める。

そんな中、4人は遊びに行った公園で不登校の女子高生・紗希と知り合い、打ち解ける。兄弟の凄惨な暮らしを目の当たりにした紗希は協力を申し出て、援助交際で手に入れた現金を明に手渡そうとするが、その行動に嫌悪感を抱いた明は現金を受け取れない。

しかし食料は底を突き、明は知り合いのコンビニ店員から賞味期限切れの弁当をもらい、公園から水を汲んでくるなどして、兄弟たちは一日一日を必死に生きのびることになる。

そんなある日、言うことを聞かない妹弟たちに鬱憤の爆発した明は衝動的に家を飛び出してしまう。

飛び出した先で、ひょんなことから少年野球チームの助っ人を頼まれ、日常を忘れて野球を楽しむが、家に戻った明が目にしたのは、倒れているゆきと、それを見つめながら呆然と座り込んでいる京子と茂の姿だった。ゆきは椅子から落下し、そのまま目が覚めないという。

病院に連れて行く金も薬を買う金もなく、明は薬を万引きするが、その甲斐なく翌日ゆきは息絶える。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

賞歴[編集]

参考資料[編集]

  • 主演の柳楽は撮影時期、思春期であったため、撮影した1年で身長が146cmから163cmまで伸び、声変わりをしている。演じた役名の「明」は柳楽が考えた名である。
  • 『誰も知らない』は受賞には不利と言われる映画祭の最初の方(2日目)に上映された。にも関わらず受賞した理由は2004年の審査委員長だったクエンティン・タランティーノのコメント「個人的には、彼の表情が一番印象深かった。毎日多くの映画を見たが、最後まで印象に残ったのは彼の顔だった」に凝縮されている。
  • 記者会見時の「え? これ(トロフィー)持って帰っていいんですか?」という発言は普通の中学生ということを印象づける言葉だったが、結局トロフィーはすぐに手元には来なかった(現在どこにあるのか不明だが、2007年NHKの番組内でトロフィーを披露している)。
  • カンヌ滞在中、自分が表紙になった雑誌を見て「皆で表紙になりたいです」と言っており、カンヌ受賞も「皆を代表してとった」という認識でいる。「『誰も知らない』が何も取らないより取れた方がいいから」という理由で受賞を「嬉しい」と言ったり、学校では聞かれない限りその話はしないなど謙虚な発言が目立っていた。柳楽のポスターは現地で「あのポスターをくれないか」と大人気だった。
  • YOUと柳楽はその後、2006年にダイハツ工業ミラ」のCMで母と子として再共演を果たしている。

外部リンク[編集]