にごりえ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
にごりえ
お力(淡島千景)と朝之助(山村聰
監督 今井正
脚本 水木洋子
井手俊郎
脚本監修
久保田万太郎
製作 伊藤武郎
出演者 丹阿弥谷津子
久我美子
淡島千景
音楽 團伊玖磨
撮影 中尾駿一郎
編集 宮田味津三
製作会社 文学座
新世紀映画社
配給 松竹
公開 日本の旗 1953年11月23日
上映時間 130分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

にごりえ』は、1953年日本映画

樋口一葉短編小説十三夜』『大つごもり』『にごりえ』を原作とするオムニバス映画である。

ストーリー[編集]

十三夜
夫の仕打ちに耐えかね、せきが実家に戻ってくる。話を聞いた母は憤慨し出戻りを許すが、父親は、子供と別れて実家で泣き暮らすなら辛抱して夫のもとで泣き暮らすのも同じ、と諭し、車屋を呼んで、夜道を帰す。しばらく行くと車屋が突然「これ以上引くのが嫌になったから降りてくれ」と言いだす。月夜の明かりで顔がのぞくと、それは幼なじみの録之助であった。せきは車を降り、肩を並べて歩き始める。録之助の身の上話を聞き、励ますせき。別の車が拾える広小路に着き、短い再会を終えて再び別々の道を行く二人。
大つごもり
女中のみねは、育ててくれた養父母に頼まれ、奉公先の女主人・あやに借金2円を申し込む。約束の大みそかの日、あやはそんな話は聞いていないと突っぱね、急用で出かけてしまう。ちょうどそのとき、当家に20円の入金があり、みねはこの金を茶の間の小箱に入れておくように頼まれる。茶の間では放蕩息子の若旦那・石之助が昼寝をしていたが、思いあぐねたみねは、小箱から黙って2円を持ちだし、訪ねてきた養母に渡してしまう。主人の嘉兵衛が戻ると、石之助は金を無心し始める。石之助とはなさぬ仲であるあやは、50円を歳暮代わりに石之助に渡して家から追い払う。その夜、主人夫婦は金勘定を始め、茶の間の小箱をみねに持ってこさせる。勝手に2円を持ちだしたことを言いだせないみね。あやが引き出しを開けると20円すべてがなくなっている。引き出しには、その金ももらっていくと書かれた石之助の書き置きが残されていた。
にごりえ
銘酒屋「菊乃井」の人気酌婦・お力に付きまとう男・源七。源七はお力に入れ上げたあげく、仕事が疎かになって落ちぶれ、妻と子と長屋住まいをかこっている。お力と別れてもなお忘れられず、いまだに仕事には身が入らない。妻には毎日愚痴をこぼされ、責められる日々。一度は惚れた男の惨状を知るがゆえに、お力も鬱鬱とした日を送っている。ある日、源七の子が菓子を持って家に帰る。お力にもらった菓子と知り、妻は怒り、子を連れ、家を出る。妻が戻ってみると、源七の姿がない。菊乃井でもお力が行方不明で騒ぎになっていた。捜索中の警官が心中らしい男女の遺体を見つける。女には抵抗のあとが認められた。

出演者[編集]

クレジット順

十三夜
大つごもり
  • みね - 久我美子: 資産家の家に奉公している女中。
  • 安兵衛 - 中村伸郎: みねの伯父。病に伏せている。
  • 山村嘉兵衛 - 竜岡晋: 石之助の父。資産家。
  • 山村あや - 長岡輝子: 石之助の継母。けちで気分屋。前妻の息子・石之助を疎ましく思っている。
  • しん - 荒木道子: 安兵衛の妻。
  • 山村石之助 - 仲谷昇(ノンクレジット): みねの奉公先の放蕩息子
  • 山村家次女 - 岸田今日子(ノンクレジット)
  • 車夫 - 北村和夫(ノンクレジット)
にごりえ
協力出演
その他の出演者(ノンクレジット)

スタッフ[編集]

製作・エピソード[編集]

撮影技法[編集]

設定・テーマ[編集]

原作との比較[編集]

作品の評価[編集]

興行収入[編集]

評論家のレビュー[編集]

受賞歴[編集]

後の作品への影響[編集]

DVDリリース・派生作品[編集]

2004年10月22日DVDが発売されている。

リメイク作品[編集]

にごりえ』の映像化作品としては他に1964年のフジテレビのドラマと1993年のテレビ東京のドラマがある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]