それでもボクはやってない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
それでもボクはやってない
I Just Didn't Do It
監督 周防正行
脚本 周防正行
製作 亀山千広
関口大輔
佐々木芳野
製作総指揮 桝井省志
出演者 加瀬亮
瀬戸朝香
役所広司
もたいまさこ
音楽 周防義和
撮影 栢野直樹
編集 菊池純一
製作会社 フジテレビジョン
アルタミラピクチャーズ
東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 2007年1月20日
上映時間 143分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 11億円
テンプレートを表示

それでもボクはやってない』は、2007年(平成19年)1月20日に公開された日本映画

概要[編集]

周防正行監督による、『Shall we ダンス?』以来10年ぶりの新作映画。前作の封切り後、時間をかけて続けた地道な調査活動を踏まえ、自ら「どうしても作りたかった」という、日本の刑事裁判人質司法に疑問を投げかける社会派の作品である。監督は、2002年(平成14年)に東京高裁で逆転無罪判決が出された事件をきっかけに痴漢冤罪(ちかんえんざい)に関心を持ち始めた。自ら取材した数多くの冤罪事件の実在エピソードを作品中にちりばめるなど、痴漢冤罪事件を通じて、日本の被疑者取調べと刑事裁判の、人権軽視の実態を映像化している。

2007年(平成19年)8月には、第80回アカデミー賞外国語映画部門に日本代表作品としてエントリーされた。また、同年5月には、スイスジュネーブで開催された国連の拷問(ごうもん)禁止委員会に合わせて現地で上映され、委員の過半数が映画を鑑賞したという。

また、主人公のモデルとなった一人に2005年(平成17年)、JR横浜線の電車内で女性に痴漢をしたとして逮捕・起訴された男性がいる。男性は無罪を主張したが、2007年(平成19年)の一審で有罪判決が出され、懲役1年6ヵ月の実刑を言い渡された。『それでもボクはやってない』公開から2週間というこの時期に、痴漢の被疑としては異例の実刑判決が出されたことで、周防監督は男性の妻に「私の映画が裁判官の心証に影響したかもしれない。」と詫びた。男性は控訴上告したが、2008年(平成20年)12月最高裁判所は上告を棄却し、有罪が確定した。この事件に関しては、テレビ朝日報道発 ドキュメンタリ宣言スペシャル』(痴漢事件で涙の収監「それでもパパはやってない」 = 2009年(平成21年)10月25日付放送)にて放送された。

ストーリー[編集]

フリーターの金子徹平は、朝の通勤通学ラッシュに大混雑する電車で就職面接に向かう際、女子中学生に痴漢と間違えられてしまう。無実の罪を被って示談で済ませるという妥協案を拒み、あくまで濡れ衣を晴らそうとした徹平は、逮捕され、更には起訴されることとなる。そして、徹平と彼の支援者達の長い戦いが始まる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞[編集]

2007年(平成19年)度の以下の映画賞を受賞する。

書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]