月はどっちに出ている

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

月はどっちに出ている』(つきはどっちにでている)は、1993年放映のテレビ映画、および同年公開の日本映画である。いずれも監督は崔洋一、原作は梁石日の自伝的小説タクシー狂操曲』であり、いずれもこれを崔と鄭義信が脚色している。主演は石橋凌(ドラマ版)、岸谷五朗(映画版)、ルビー・モレノである。

概要[編集]

タクシー運転手を務める在日コリアンの男と日本で逞しく生きるフィリピン女性との恋愛模様を軸に、在日外国人ヤクザなど、様々な人々の人生を描くヒューマンドラマ。

「月はどっちに出ている」というのは方向音痴のドライバーである主人公が帰り道が分からなくなった時に本社に電話したら、相手が最初に聞く言葉である。周りに何が見えるか、と聞かれることもあるが、アサヒビールスーパードライホールを「金色のうんこのようなものが見えます」という。

これまで主に弱者として描かれてきた在日コリアンを、生の赴くままに行動する人種として描いたことで高い評価を得た。近年『GO』(2001年)、『血と骨』(2004年)、『パッチギ!』(2005年)あるいは『パッチギ! LOVE&PEACE』(2007年)など在日コリアンを題材にした映画が多数製作されているが、その系譜の端緒となった作品である。また、過激な性描写も特徴である。

10年後に製作された『血と骨』の主人公(新井浩文)が成人し、『月はどっちに出ている』の主人公「神田忠男」(石橋凌、岸谷五朗)となる。どちらも梁石日の自伝的小説だからである。

WOWOW版は、「Yahoo!動画」で2007年10月3日 - 2008年2月2日に無料配信した。 映画版は、2008年5月に韓国で、同国内向け(リージョンコード3)に(株)ワイドメディアよりDVD化された。 韓国語タイトルは『달은 어디에 떠 있는가』(月はどこに出ているか)。 映画版は、日本国内では、2013年4月5日、<発売・販売元> オデッサ・エンタテインメントよりDVDが発売された。

ドラマ[編集]

1993年にWOWOWのスペシャルドラマ「J MOVIE WARS」の一編として製作・放送された。上映時間は34分。16ミリフィルムで撮影され、のちに東京・渋谷のシネマライズほかで劇場公開された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

受賞[編集]

映画[編集]

月はどっちに出ている
監督 崔洋一
脚本 崔洋一
鄭義信
原作 梁石日
『タクシー狂操曲』
製作 李鳳宇
青木勝彦
出演者 岸谷五朗
ルビー・モレノ
絵沢萌子
小木茂光
遠藤憲一
音楽 石川光
佐久間正英
撮影 藤澤順一
編集 奥原好幸
配給 シネカノン
公開 日本の旗 1993年11月6日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1993年に製作・公開された。製作会社はシネカノン。スーパー16ミリで撮影され、35ミリプリントにブローアップされた。コニー役のルビー・モレノ、忠男の母役の絵沢萠子は上記「WOWOW版」にひきつづき登板、スタッフも監督補の祭主恭嗣、装飾の平井浩一がひきつづき参加している。

1994年、第44回ベルリン国際映画祭フォーラム部門で上映された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

受賞[編集]

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]

ドラマ版
映画版