敦煌 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
敦煌
監督 佐藤純彌
脚本 佐藤純彌
吉田剛
原作 井上靖
製作 大映
電通
製作総指揮 徳間康快
出演者 西田敏行
佐藤浩市
柄本明
田村高廣
中川安奈
三田佳子
渡瀬恒彦
音楽 佐藤勝
撮影 椎塚彰
編集 鈴木晄
配給 東宝
公開 日本の旗 1988年6月25日
上映時間 143分
製作国 日本の旗 日本
中華人民共和国の旗 中国
言語 日本語
中国語
テンプレートを表示

敦煌』(とんこう)は、1988年6月25日公開の日本映画井上靖の小説「敦煌」を映画化したものである。日本アカデミー賞・最優秀作品賞・監督賞受賞作品を受賞(1989年)。

あらすじ[編集]

北宋のころ、主人公・趙行徳は科挙の最終試験殿試を受けるため首都開封にやってきた。行徳に出された問題は「西夏対策を述べよ」であったが、西夏が単なる辺境だと思っていた行徳はまともに答えることが出来ず、受験に失敗する。

次回の科挙は3年後……。失望感のあまり自暴自棄になっていた行徳は、西夏出身の女と知り合ったことから西夏に興味を持ち、西へと旅する。しかし、途中で西夏の傭兵の漢人部隊に捕獲されてその兵に編入されてしまう。しかし、漢人部隊々長の朱王礼は行徳に目を掛け、彼を漢人部隊の書記に抜擢する。辺境だとばかり思っていた西夏は、シルクロードの拠点として仏教文化の華開く砂漠のオアシスだった。西夏軍がウイグルを攻略した際、行徳はウイグルの王女・ツルピアを助けて匿い、やがて彼女と愛し合うようになる。やがてその才能を認められた行徳は、西夏の首都への留学を命じられ、ツルピアの庇護を朱王礼に託して旅立つ。しかし留学期間が延び、ようやく西夏に戻ったときには、ツルピアは西夏の皇太子李元昊のウイグル支配の手段として、強制的に彼の妻となることになっていた。しかし、婚礼の席上、ツルピアは李元昊を殺害しようとするが失敗、そのまま城壁から身投げしてしまう。李元昊に対して反感をつのらせた朱王礼は、李元昊が敦煌を制圧してそこに入城する機をとらえて反乱をおこすが、すんでのところで李元昊を逃してしまい、壮絶な戦闘の後に戦死する。戦乱の中で大混乱に陥る敦煌。行徳は敦煌の文化遺産を戦乱から守ることを決意し、貴重な書籍や経典を敦煌郊外の石窟寺院に運び出していく。

出演[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]