永遠の0

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
永遠の0
著者 百田尚樹
発行日 2006年8月23日
発行元 太田出版
ジャンル 歴史小説戦争小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 448
公式サイト 太田出版 永遠の0
コード ISBN 978-4-7783-1026-4
ISBN 978-4-06-276413-1A6判
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

永遠の0』(えいえんのゼロ)は、小説家百田尚樹による日本小説、およびそれを原作とした漫画映画作品。

放送作家として『探偵!ナイトスクープ』などを手がける百田の作家デビュー作であり、執筆にあたっては第二次世界大戦で出征した著者の父親や親族が影響を与えている。当初原稿を持ち込んだ多くの出版社には認められず、縁あって2006年にサブカルチャー系の太田出版から書き下ろしで発表された。[1][2]

2009年に講談社文庫から文庫化。その後徐々に話題を呼び、2012年10月15日付『オリコン“本”ランキング文庫部門』で歴代13作目のミリオンヒット作となった[3]。2013年8月付けで、湊かなえ著『告白』(2010年・双葉社)の254.4万部を超えて文庫部門1位を記録し[4]、同年12月には文庫版の販売部数300万部を突破。歴代のタイトルで300万部超えは、オリコンの書籍全部門を通し、コミック部門の『ONE PIECE』(51巻から70巻までの計20作で獲得)に続いて史上2例目となる[5]

2010年から2012年にかけて須本壮一による作画で漫画版が刊行され、2013年12月に映画が公開された。

ストーリー[編集]

大学生の佐伯健太郎と、出版社に勤める姉の慶子は、亡くなった祖母・松乃の四十九日から暫くした頃、祖父・賢一郎から彼が自分たちの実の祖父ではないことを知らされる。第二次世界大戦後に松乃は二人の母・清子を連れて賢一郎と再婚しており、実の祖父である松乃の最初の夫は、終戦間際に特攻で戦死した海軍航空兵だという。

それから6年後、司法浪人が長く続き人生の目標を見失っていた健太郎は、フリーライターとなった慶子から、新聞社で主宰される終戦60周年記念プロジェクトのアシスタントを頼まれる。プロジェクトを進める高山は、神風特攻隊のことをテロリストだと語るが、祖父の話もありその考えに釈然としない慶子は、このプロジェクトに際して特攻隊員だった実の祖父について調べようと決めた。姉弟はわずかな情報を元にその足取りを追い始める。

厚生労働省や方々の戦友会に連絡を取ったところ、祖父の名が宮部久蔵であり、関係者9人が存命であることが知れた。その内の一人、戦闘機搭乗員としてラバウル航空隊で一緒だったという人物を訪ねるが、元海軍少尉の人物は久蔵について「海軍航空隊一の臆病者」「何よりも命を惜しむ人物だった」と姉弟に蔑みの言葉をぶつけた。健太郎は元戦友から聞く祖父の話に困惑し、次第に調査を続ける気を無くしていたが、母から健太郎と同じ26歳で亡くなった父・久蔵がどんな青年だったのか知りたいと改めて頼まれ、更に手がかりとなる海軍従軍者たちを訪ね歩く。だが、生前の久蔵を知る者たちの語ることはそれぞれに全く違っており、調べるほどにその人物像は謎に包まれていた。戸惑いつつも二人は、国のために命を捧げるのが当然だったと言われる戦時下の日本と、そこに生きた人々の真実を知っていく。凄腕の零戦乗りで、卑怯者と誹られても「娘に会うまでは死なない」と松乃との約束を守り続けていた久蔵は、どのような生涯をおくり特攻を選んだのか。終戦から60年を経て、各々の壮絶な生き方と封じられていた事実を明らかにする。

登場人物[編集]

佐伯 健太郎
2004年現在26歳。弁護士を志していたが、4年続けて司法試験に落ち、自信もやる気も失せて仕事に就かずぶらぶらと生活を送っていた。ノンフィクションライターを目指す姉の慶子から、実の祖父・宮部久蔵の経歴を調べようという誘いを受け、バイト料を貰えることをきっかけに協力する。旧海軍関係者を調べ歩く内に彼らの壮絶な過去を知り、それまでの考え方を変えていく。
佐伯 慶子
健太郎の姉で、現在30歳。フリーライターとして新聞社の終戦記念プロジェクトに携わり、健太郎に戦死した実の祖父についての調査協力を頼む。母・清子も当時のことをよく知らされておらず、調べてあげたいと考えていた。プロジェクトのリーダーである高山と、養祖父・賢一郎の事務所でアルバイトをしていた藤木との恋に悩むが、この調査を通して次第に彼らとは違う理想の恋人を見つけようという考えに変わる。また、調べた内容を両親に打ち明けるべきか悩む。
宮部 久蔵
健太郎と慶子の実の祖父で、清子の父親。両親を亡くし15歳で海兵団に入団した。巧みな操縦技術を持つ航空兵であったが、妻子を案じ「必ず生きて帰る」と公言していた。命を重んじる思考から上官に意見することもあり、「臆病者」と称された。毎晩鍛錬に努め機体整備にも気を遣い、恐ろしく慎重な操縦で、実戦において無理に撃墜するより撃墜されないことを説いた。下の物へも丁寧に話す様は馬鹿にされるほどであったが、教官としては非常に厳しく、暴力に訴えることは一切なかったが学生の反感を買った。優れた操縦による戦法は撃墜王と言われる岩本徹三の実話にも共通している。
空母赤城の戦闘機パイロットとして真珠湾攻撃に参加し、ミッドウェー海戦での赤城喪失後はラバウル航空隊に配属され、一度内地へ帰還。筑波海軍航空隊で教官を務めた後、鹿屋海軍航空隊鹿屋飛行場から特攻に出撃し、米空母タイコンデロガに突入して未帰還となる。享年26。
大石 賢一郎
日本国有鉄道職員で、現在は弁護士。筑波海軍航空隊で久蔵に教えを受けた。久蔵と共に特別攻撃隊に出撃するが発動機の不調で喜界島に不時着し、そこで終戦を迎える。久蔵が賢一郎の乗った操縦席に残した「私の妻を救って欲しい」というメモに従って松乃に金を送り、後に再婚。松乃の死後、健太郎と慶子に実の祖父の存在を語り、二人が久蔵について調べていることを知ってその全てを明かす。
長谷川 梅男
元海軍少尉。健太郎らが最初に久蔵のことを知るために訪ねた人物。米軍機グラマンに撃たれ左腕を失った。ラバウル航空隊での戦友だったが、生きることに執着していた久蔵を糾弾し、久蔵のことを「海軍一の臆病者」と語る。第二章に登場。
伊藤 寛次
元海軍中尉。第一航空戦隊赤城時代の戦友。久蔵の考え方を肯定はしないが、その空戦技術を高く評価している。ミッドウェー海戦で自分の機が離陸する前に急降下爆撃によって甲板が使用不能になり、駆逐艦のカッターボートで避難。この時、既に久蔵は上空に上がっていたためそこで離れ離れとなった。第三章で登場。
井崎 源次郎
元海軍飛行兵曹長。ラバウル航空隊時代の久蔵の部下。久蔵に二度助けられた時の教えを教訓に、ポートモレスビー作戦ガダルカナル島方面で戦う。空母に配置転換されそこで久蔵と別れ、翔鶴の搭乗員としてマリアナ沖海戦に参加。燃料タンクに被弾し一度は体当たりを決意するが、不時着しグアム島に泳ぎ着いて生き延びた。第四章、第五章に登場した後、第十一章で亡くなる。
永井 清孝
元海軍整備兵曹長。
谷川 正夫
元海軍中尉。
岡部 昌男
元海軍少尉。
武田 貴則
元海軍中尉。
景浦 介山
元海軍上等飛行兵曹。
大西 保彦
元海軍一等兵曹。

書誌情報[編集]

単行本[編集]

文庫本[編集]

漫画版[編集]

双葉社『漫画アクション』誌上で2010年1月から2012年2月まで連載された。作画は須本壮一。アクションコミックスから全5巻が出版されている。

  1. 永遠の0』第1巻、双葉社、2010年7月28日ISBN 978-4-575-83796-4
  2. 永遠の0』第2巻、双葉社、2010年11月27日ISBN 978-4-575-83839-8
  3. 永遠の0』第3巻、双葉社、2011年7月28日ISBN 978-4-575-83934-0
  4. 永遠の0』第4巻、双葉社、2011年11月28日ISBN 978-4-575-83994-4
  5. 永遠の0』第5巻、双葉社、2012年4月28日ISBN 978-4-575-84065-0

映画[編集]

永遠の0
監督 山崎貴
脚本 山崎貴、林民夫
原作 百田尚樹『永遠の0』(太田出版)
出演者 岡田准一
三浦春馬
井上真央
音楽 佐藤直紀
主題歌 サザンオールスターズ
製作会社 「永遠の0」製作委員会
配給 東宝
公開 2013年12月21日
上映時間 144分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2013年12月21日から全国430スクリーンで公開され、初日2日間の観客動員数は約42万9000人、興行収入約5億4200万円[6]。幅広い客層を集め、興行成績8週連続1位を記録した[7]

原作はこれまでにも映画・ドラマ化の話が上がったものの、いずれも脚本上の問題等から実現には至らなかったが、山崎貴・林民夫による企画内容を受け著者である百田尚樹が快諾し、初の映像化となった[8]

撮影にあたり、作中に登場する旧日本海軍零戦二一型の原寸大模型が制作されたほか、唯一現存するオリジナルエンジンで飛行可能な零戦からエンジン音が収録された[9]。制作された零戦は、撮影終了後ゆかりの地である大分県宇佐市によって買い取られ、構想中の市平和ミュージアムに展示される[10]。撮影には徹底した軍事訓練と零戦搭乗経験者による指導を要し[11]奄美大島鹿児島茨城などを中心に、膨大な空撮を含む3ヶ月に渡るロケが敢行された[12]。本作は2013年5月に逝去した俳優夏八木勲の遺作である。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

作詞・作曲 - 桑田佳祐 / 編曲・歌 - サザンオールスターズビクタータイシタ/SPEEDSTAR RECORDS

本作に対する賛否[編集]

2013年12月時点で累計販売部数は約480万部となり[13]、出版当時はわずかな60代以上の男性であった読者層から次第に広まって2013年以降特に10代・20代の読者も増加した[2]。映画化を含め普及につれて少なからず反響が起こり、読者として安倍晋三を始め政界、芸能界、法曹界、スポーツ界の著名人が取り上げられると共に、メディアにおいて批判も話題となった。その多くは「特攻を美化している」「戦争賛美」といった批判であり、これについて著者である百田尚樹は自身のTwitter等で、「私は『永遠の0』で特攻を断固否定した」「戦争を肯定したことは一度もない」と述べた。テーマは「生きるということ」と「戦争を風化させないこと」と語っており[14]、作中では特攻隊員となる主人公や登場人物達の生き方と共に、それぞれの視点で軍上層部の方策や零戦への疑問、開戦の経緯からマスメディアへの指摘等がなされている。

肯定的評価[編集]

  • 読者である元零戦搭乗員の笠井智一は、映画化に際しても試写を観賞して感動を伝えた[15]。零戦や操縦士の監修レベルの高さを称賛し、架空の人物を描いてはいるものの、「宮部のような人物が確かにいた」と話した。「戦争で若者が死ぬのは悲しいことです。二度と戦争を起こしてはなりません。ただ、あの時代、若いパイロットたちは皆、日本を、日本人を守りたいという一心だけで命懸けで戦っていたのです。その思いだけは語り伝えたいのです。」と語られている[16]
  • 自身も特攻を拒否した経験のある原田要は、小説を読んだことをきっかけに著者百田と面会し、「この主人公は彼のことではないか」と様々な戦友の顔がよぎったと賛辞を述べた[17]
  • 主題歌を担当したサザンオールスターズ桑田佳祐は、オファーを受けた際に製作途中の映画を観賞し、曰く「手ぬぐいがビショビショになるほど」泣き周囲に「今年No.1の映画になるのではないか」と話したという[18]。インタビューにおいて「『家族のために必ず生きて帰る。それこそが愛ではないか。』そう信じ、『待っている人がいる』ことそのものが生きる力となり、生きる原動力となっている。現代を生きる私たちにも通ずる、そんな主人公・宮部久蔵の姿に非常に大きな感動をいただきました」と述べた[19]

否定的評価[編集]

  • 作家の石田衣良は、山田宗樹著『百年法』などと共に愛国心を強める作品として「右傾エンタメ」という造語を用いて批判し、「かわいそうというセンチメントだけで読まれている」「読者の心のあり方がゆったりと右傾化しているのでは」と提唱した[20]
  • 2013年に公開された『風立ちぬ』で話題を呼んでいた映画監督宮崎駿は、インタビューにおいて航空戦史や元零戦パイロットの証言に反対を唱え、「ある零戦の映画企画」を引き合いに出し次のように批判した。「今、零戦の映画企画があるらしいですけど、それは嘘八百を書いた架空戦記を基にして、零戦の物語をつくろうとしてるんです。神話の捏造をまだ続けようとしている。『零戦で誇りを持とう』とかね。それが僕は頭にきてたんです。子供の頃からずーっと!」「相変わらずバカがいっぱい出てきて、零戦がどうのこうのって幻影を撒き散らしたりね。戦艦大和もそうです。負けた戦争なのに」[21]。これは作品を見ての発言ではないものの、時期などから明らかに『永遠の0』のことであると予測されて報じられた[22][23]
  • 映画監督の井筒和幸は、自身のラジオ番組で「見たことを記憶から消したくなる映画」と述べ、主人公の人物像についても「そんなわけない」と主張した。ストーリーや登場人物が実在しないのに、有り得ない内容で特攻隊を美化していると非難している[24]
  • 雑誌『映画秘宝』主催の映画のワーストランキング『HIHOはくさいアワード』では、他2作品とともに2013年度の10位にランキングされた[25]

脚注[編集]

  1. ^ “第45回 本屋さんと私”. みんなのミシマガジン (ミシマ社). (2010年8月19日). http://www.mishimaga.com/hon-watashi/045.html 2013年7月12日閲覧。 
  2. ^ a b “「臆病な零戦操縦士」に込めた思い+百田尚樹さんに聞く映画「永遠の0」原作者”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2013年12月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXBZO63257680Y3A121C1000000/ 2014年2月12日閲覧。 
  3. ^ “【オリコン】『永遠の0』、歴代13作目の文庫100万部超え”. オリコン. (2012年10月11日). http://www.oricon.co.jp/news/ranking/2017604/full/ 2013年12月7日閲覧。 
  4. ^ “【オリコン】百田尚樹氏『永遠の0』が257.3万部で文庫歴代1位を獲得 3年ぶりの記録更新”. オリコン. (2013年6月13日). http://www.oricon.co.jp/news/ranking/2027903/full/ 2013年8月27日閲覧。 
  5. ^ “【オリコン】『永遠の0』、史上初文庫300万部突破”. オリコン. (2013年12月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2031621/full/ 2013年12月7日閲覧。 
  6. ^ 岡田准一『永遠の0』が初登場1位!7億円超えの大ヒット!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ (2013年12月25日). 2014年1月7日閲覧。
  7. ^ 岡田准一『永遠の0』『風立ちぬ』に並ぶV8!興収70億円突破!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ (2014年2月12日). 2014年2月12日閲覧。
  8. ^ 完成報告会見”. 映画『永遠の0』公式サイト. 2013年8月30日閲覧。
  9. ^ “所沢の零戦、映画で復活 設計者の生涯描く2作品が今年公開”. 埼玉新聞. (2013年2月7日). http://www.saitama-np.co.jp/news02/07/03.html 2013年7月12日閲覧。 
  10. ^ “原寸大の零戦模型、一般公開 大分・宇佐”. 朝日新聞デジタル. (2013年6月30日). http://www.asahi.com/area/oita/articles/SEB201306290050.html 2013年7月12日閲覧。 
  11. ^ “V6岡田「永遠の0」で丸刈り姿初公開”. 日刊スポーツ新聞社. (2013年7月23日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20130723-1161617.html 2013年12月21日閲覧。 
  12. ^ “岡田准一「永遠の0」で特攻隊員役 三浦春馬&井上真央と共演”. 映画.com. (2013年5月21日). http://eiga.com/news/20120521/1/ 2013年7月12日閲覧。 
  13. ^ 「永遠の0」60億円13年実写断トツ興収へ”. 日刊スポーツ新聞社 (2013年12月22日). 2014年2月12日閲覧。
  14. ^ (楽屋ハナシ)百田尚樹×山崎貴 幸せって何だろう”. 朝日新聞デジタル (2013年12月30日). 2014年1月28日閲覧。
  15. ^ 2013年8月21日のツイート
  16. ^ 映画『永遠の0』の特攻パイロットは実在した…元ゼロ戦操縦士は語る”. 産経新聞 (2014年1月11日). 2014年1月26日閲覧。
  17. ^ ある95歳の元零戦搭乗員2012年6月24日のツイート
  18. ^ サザン「永遠の0」で23年ぶり映画主題歌”. 日刊スポーツ (2013年7月12日). 2014年1月26日閲覧。
  19. ^ サザン23年ぶり映画主題歌、「永遠の0」に新曲提供”. コミックナタリー (2013年7月12日). 2014年1月26日閲覧。
  20. ^ 読者の右傾化?不満の表れ?「愛国エンタメ小説」が人気”. 朝日新聞 (2013年6月19日). 2014年1月26日閲覧。
  21. ^ 『CUT』2013年9月号 (2013年8月19日) ‐ロッキング・オン
  22. ^ 宮崎駿、『風立ちぬ』と同じ百田尚樹の零戦映画を酷評「嘘八百」「神話捏造」”. Business Journal. サイゾー (2013年9月25日). 2014年3月29日閲覧。
  23. ^ “宮崎駿「永遠の0」を嘘八百と批判!? 百田尚樹も「おこ」で零戦戦争勃発か”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2013年9月26日). http://www.j-cast.com/2013/09/26184772.html?p=all 2014年3月29日閲覧。 
  24. ^ “映画「永遠の0」を痛烈批判した井筒監督 「見た後で自分の記憶から消したくなった」”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2014年1月21日). http://www.j-cast.com/2014/01/21194669.html?p=all 2014年2月9日閲覧。 
  25. ^ 「決定! HIHOはくさいアワード!!」『映画秘宝』2014年3月号、pp88-95.。および2013年最もガッカリしたトホホなダメ映画が決定!映画秘宝はくさいアワード発表!”. シネマトゥデイ (2014年1月21日). 2014年1月28日閲覧。

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]