捏造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

捏造(ねつぞう(慣用読み)、でつぞう)とは、実際になかったことを事実のように仕立て上げること。「捏」の読み方は古くは「デツ」であるため、でっち上げの語源ともなっている。

捏造説のある事例

報道

研究

文化

冤罪

歴史

※百人斬り競争、南京事件、従軍慰安婦に関しては、これらに対する捏造説こそが捏造であるとする説もある。

文書・本

やらせ

脚注

  1. ^ 山根卓二
  2. ^ 宝島社 2011年、pp26-29
  3. ^ a b 宝島社 2011年、p29
  4. ^ TBS捏造事件
  5. ^ 読売記者、ネット情報だけで記事 休職1ヶ月処分 金沢[リンク切れ]
  6. ^ 尾鍋輝彦 『最高の議会人 グラッドストン』 清水書院〈清水新書016〉185ページ
  7. ^ 宝島社 2011年、pp10-13
  8. ^ iPS森口氏捏造 見抜けなかった理由をジャーナリストが検証”. NEWSポストセブン (2012年10月22日). 2013年7月31日閲覧。
  9. ^ 元教授は「懲戒解雇相当」 府立医大論文捏造 教授会が処分へ”. 京都新聞 (2013年5月2日). 2013年7月31日閲覧。
  10. ^ Deborah Lipstadt『ホロコーストの真実 大量虐殺否定者たちの嘘ともくろみ』(恒友出版)
  11. ^ 『再審「南京大虐殺」―世界に訴える日本の冤罪』(明成社)、『南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった』(日新報道)
  12. ^ 黄文雄『改訂版「慰安婦問題」は韓国と朝日の捏造だ100問100答 (WAC BUNKO 168)』(ワック)
  13. ^ 万世一系のまぼろし 中野正志・著 2012年8月1日 朝日新聞社により出版
  14. ^ 歴史捏造の歴史②―デッチアゲの万世一系― 鹿島昇・著 2000年5月 新国民社より出版
  15. ^ 宝島社 2011年、p92

関連項目

参考文献