真夏の方程式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガリレオシリーズ > 真夏の方程式
真夏の方程式
著者 東野圭吾
発行日 2011年6月6日
発行元 文藝春秋
ジャンル ミステリ推理小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製カバー装
ページ数 416
前作 ガリレオの苦悩(短編集)
聖女の救済(長編・2作同時刊行)
次作 虚像の道化師 ガリレオ7
公式サイト 真夏の方程式 文藝春秋
コード ISBN 9784163805801
ISBN 9784167110154文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

真夏の方程式』(まなつのほうていしき)は、東野圭吾推理小説ガリレオシリーズ第6弾、シリーズ3作目の長編である。

概要[編集]

2010年から文藝春秋週刊誌週刊文春』に連載され、2011年6月6日に文藝春秋より刊行された。2013年5月10日には文春文庫より文庫版が発売された。

2013年6月29日に、『ガリレオ』シリーズの劇場版第2作として映画化された。

美しい海を誇る町・玻璃ヶ浦で発見された男の変死体。当初単純な事故と思われたものが、やがて16年前のある事件との関係が浮かび上がってくる。

今作では「科学技術と環境保護」というテーマを織り交ぜ、科学者の湯川が環境保護活動家との対立を通し、どのような考え方を持っているのかを描いている。

また、今回は湯川がこれまで苦手としていた少年との交流が物語の軸になっているほか、湯川が警察(大学の同級生であり警視庁捜査一課での協力者草薙)よりも先に事件に遭遇することとなり、自らが進んで真相を究明していく様子が描かれていて、これまでのシリーズ作品とは異なる空気感を有している[1]

キャッチコピーは「これは事故か、殺人か。湯川が気づいてしまった真相とは。

あらすじ[編集]

両親の都合で一人、親戚が経営する旅館で過ごすことになった小学5年生の少年恭平は、玻璃ヶ浦へ向かう電車の中で湯川に出会う。湯川は海底鉱物資源開発の説明会にアドバイザーとして出席するために玻璃ヶ浦へ来ており、恭平の親戚の旅館に宿泊する。そんな中、同じ旅館に泊まっていた客の塚原正次がその夜中に姿を消し、翌朝海辺で変死体となって発見される。県警は現場検証を行い、堤防から誤って転落した事故死の線が濃厚であるとしていた。

同じころ、草薙は上司である多々良管理官から直々に特命の捜査を依頼される。被害者の塚原は元警視庁捜査一課所属の刑事で、恩になったことがある先輩の死に疑問を抱く多々良は、同じ旅館に湯川が泊まっていることを知り、草薙を連絡係にして独自の捜査を命じたのだった。草薙は内海とともに、湯川とコンタクトを取りながら捜査を行う。捜査を進めるうち、塚原は殺害された後に、海に遺棄された可能性が高くなっていった。

はたして塚原は、何のために玻璃ヶ浦に来たのか。事件に遭遇した湯川は「ある人物の人生が捻じ曲げられる」ことを防ぐために、真相に挑んでいく。鍵を握るのは、16年前に塚原が担当した元ホステス殺人事件。そして、その裏には旅館の家族が隠さなければならなかったある重大な秘密があった。

主な登場人物[編集]

レギュラー[編集]

それぞれリンク先を参照のこと。

湯川学
帝都大学物理学准教授。
草薙俊平
警視庁捜査一課刑事・警部補。湯川とは大学の同期。
内海薫
警視庁捜査一課刑事・草薙の後輩。
多々良
警視庁捜査一課管理官・警視

柄崎家[編集]

柄崎 恭平
小学5年生。夏休みを親戚の旅館に泊るため、玻璃ヶ浦にやってきた。電車の中での出来事で湯川に窮地を脱してもらったときに旅館の紹介をし、結局湯川の客引きに成功した。両親が多忙なため、一人で過ごすことも珍しくなく、ゲームを遊んでばかりいた。宿題がはかどらず、特に理科が苦手であったが、湯川との出会いで少しずつ心境に変化が訪れる。彼のことを「博士」と呼ぶようになる。
柄崎 敬一
恭平の父。
柄崎 由里
恭平の母。敬一とともにブティックを経営。多忙な日々を送っている。

緑岩荘・川畑家[編集]

川畑成実
環境活動家。15年前に玻璃ヶ浦に移り住んでから海の環境保護に力を入れるようになる。ホームページを運営し他の活動家と海を守る活動に参加しているが、その姿は母親でさえも「過激な活動家」であると感じている。科学者の湯川とは考えが合わずに対立する。湯川いわく、「不自然なほど痛々しく、悲壮感さえ漂わせて」海を守るのにはある理由があった。
川畑重治
成実の父。旅館「緑岩荘」を経営。東京に住んでいたが、父親の後を継いで玻璃ヶ浦に越してきた。太りすぎたために膝を壊し、杖が手放せない。
川畑節子
成実の母。柄崎敬一の姉にあたる。実年齢より若く見える。

警察[編集]

西口剛
玻璃警察署巡査。成実の高校時代の同級生で、移り住んでからのことをよく知っている。今回、捜査の中で成実に接近し好意を持つようになる一方、成実が事件に絡んでいないかが不安になっている。

その他[編集]

沢村元也
フリーライターで環境保護活動家。成実が運営したサイトで知り合い、意気投合する。環境保護活動に腰を据えるため、成実と暮らしたいと考えている。
塚原正次
元警視庁捜査一課刑事で被害者。多々良管理官の先輩で恩人でもあった。現役時代には「名刑事」と呼ばれていた。
仙波英俊
16年前に起きた元ホステス殺人事件の容疑者。塚原が身柄を確保し取り調べを行った。その後懲役八年の実刑を受けている。かつて玻璃ヶ浦にある東玻璃に住まいを持ち、妻と住んでいたが、先立たれている。
三宅伸子
元ホステス。16年前の殺人事件の被害者。

映画[編集]

真夏の方程式
監督 西谷弘
脚本 福田靖
原作 東野圭吾(「真夏の方程式」)
製作 亀山千広、畠中達郎、平尾隆弘
出演者 福山雅治
吉高由里子
北村一輝

山﨑光
塩見三省
白竜
風吹ジュン
前田吟
音楽 菅野祐悟、福山雅治
撮影 柳島克己
編集 山本正明
製作会社 FILM
配給 東宝
公開 日本の旗 2013年6月29日
上映時間 129分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 33.1億円
前作 テレビドラマ『ガリレオ』(第2シリーズ)
テンプレートを表示

福山雅治主演のフジテレビのテレビドラマ『ガリレオ』の劇場版第2作。2013年6月29日公開[2]。ガリレオシリーズの映画化は『容疑者Xの献身』以来5年振りとなる。2012年9月23日に静岡県でクランクイン[3]。主人公・湯川の相棒である刑事は柴咲コウ演じる内海薫から、吉高由里子演じる岸谷美砂へと変更された事が発表された。本作と連動して、2013年4月にフジテレビ系列にて『ガリレオの苦悩』から『禁断の魔術 ガリレオ8』までの原作を元にした、連続ドラマ第2シリーズも放送された。

全国415スクリーンで公開され、2013年6月29、30日の初日2日間で興収4億6,499万2,250円、動員36万3,451人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位となった[4]。累計興収33.1億円で2013年度の邦画実写第1位となった[5][6]

出演[編集]

スタッフ[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東野圭吾 (2011年6月6日). “『真夏の方程式』のこと”. スペシャルコンテンツ. 文藝春秋. 2014年6月21日閲覧。
  2. ^ 真夏の方程式 - 映画|東宝WEB SITEより
  3. ^ “福山雅治5年ぶりガリレオに!「真夏の方程式」映画化決定”. 映画.com. (2012年9月24日). http://eiga.com/news/20120924/3/ 2014年6月21日閲覧。 
  4. ^ 壬生智裕 (2013年7月2日). “福山雅治『真夏の方程式』が初登場1位!4億円超えのロケットスタート!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. 2014年2月16日閲覧。
  5. ^ 石井百合子 (2013年12月27日). “【今週のクローズアップ】2013年のヒット作を総まくり!”. シネマトゥデイ. 2014年2月16日閲覧。
  6. ^ 2014年記者発表資料(2013年度統計) (PDF)”. 日本映画製作者連盟 (2013年1月28日). 2013年1月28日閲覧。
  7. ^ 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年3月7日閲覧。

外部リンク[編集]