東京にもあったんだ/無敵のキミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京にもあったんだ/無敵のキミ
福山雅治シングル
収録アルバム 残響
A面 東京にもあったんだ
無敵のキミ
リリース 2007年4月11日
規格 CD
ジャンル J-POP
時間 21分38秒
レーベル ユニバーサルミュージック
作詞・作曲 福山雅治
プロデュース FUKUYAMA MASAHARU
GOOFY MORI
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2007年4月度月間6位(オリコン)
  • 2007年度上半期23位(オリコン)
  • 2007年度年間54位(オリコン)
  • 登場回数13回(オリコン)
福山雅治 シングル 年表
milk tea/美しき花
2006年
東京にもあったんだ/無敵のキミ
2007年
想 -new love new world-
2008年
残響 収録曲
旅人
(12)
東京にもあったんだ
(13)
道標
(14)
THE BEST BANG!! 収録曲
milk tea
(13)
東京にもあったんだ
(14)
テンプレートを表示

東京にもあったんだ/無敵のキミ』(とうきょうにもあったんだ/むてきのキミ)は、福山雅治22枚目のシングル2007年4月11日に発売された。制作はユニバーサルJ、発売・販売元はユニバーサルミュージック

解説[編集]

セールスコピーは、“福山史上最強の涙腺刺激ソング”。

ディスクジャケットに描かれている東京タワーのイラストは、リリー・フランキーによるものである。

初回限定盤(10万枚限定生産)と通常盤2種類での発売で、限定盤には「東京にもあったんだ」のミュージックビデオを収録したDVDとミニフォトブックが付属している。

シングル発売を記念して、4月11日から15日までの期間限定で東京タワー内に「福山雅治×東京タワー コラボレートショップ」がOPENした[1]

収録曲[編集]

  1. 東京にもあったんだ
    (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:福山雅治・服部隆之
    松竹映画『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』主題歌
    映画の原作者リリー・フランキーから直接依頼を受けて制作された。「東京」、「BEAUTIFUL DAY」に続く“東京3部作”の完結篇。映画本編で使用されている音源とはミックスが異なっている(最後のAメロでストリングスが入っているなどの違いがある)。
    Aメロの“♪東京にもあったんだ”のフレーズは、2005年にシングル「東京」を制作していた頃、仕事部屋からビルの窓に夕焼けが反射しているのを見て、メロディーと歌詞が同時に浮かんできたという。もともと次に発表するアルバムに収録するための曲であったが、映画主題歌の依頼があり断片的にできていたものを完成させてシングル発売することになった。デモテープは福山がギター・ドラム・ベース・シタール(キーボード)を演奏して作った。
    使用ギターはギブソン・J-50 '59、フェンダー・カスタム・ショップストラトキャスター '56(ゴールド)。
  2. 無敵のキミ
    (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:福山雅治・井上鑑
    BEAUTE de KOSEESPRIQUE PRECIOUSCMソング
    9thアルバム『5年モノ』発売後間もなく2006年12月16日からCMでオンエアされていた。タイアップが女性化粧品ということもあり、20代後半~30代の女性を対象にして制作された。
    タイトル表記を「無敵の君」にすると重たいイメージがあったため、「ムテキの君」に変えてみた。すると今度は“ムシキング”に見えてしまうので、「無敵のキミ」の表記に落ち着いたという。
    デモテープの状態から変拍子を加えたりするなど、かなりアレンジして制作された楽曲。使用ギターはギブソン・J-50 '59。
  3. 東京にもあったんだ (Original Karaoke)
  4. 無敵のキミ (Original Karaoke)

DVD(初回限定盤のみ)[編集]

  1. 東京にもあったんだ (Music Clip)
    監督は安健一郎。

参加ミュージシャン[編集]

東京にもあったんだ

無敵のキミ

収録アルバム[編集]

東京にもあったんだ

カバー作品[編集]

東京にもあったんだ

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 福山雅治 東京タワーにましゃショップOPEN”. ナタリー (2007年4月11日). 2014年3月20日閲覧。