美女か野獣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
美女か野獣
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2003年1月9日 - 3月20日(11回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 石原隆
演出 西谷弘
脚本 吉田智子
武井彩
プロデューサー 現王園佳正
長部聡介
井口喜一
出演者 松嶋菜々子
福山雅治
渡辺いっけい
八嶋智人
佐々木蔵之介
白石美帆
永井大
パパイヤ鈴木
清水章吾
深浦加奈子
児玉清
音声 ステレオ放送
字幕 あり
オープニング 東京スカパラダイスオーケストラ
銀河と迷路
エンディング
外部リンク フジテレビ番組基本情報

特記事項:
初回と最終話は15分拡大(22:00 - 23:09)。
テンプレートを表示

美女か野獣』(びじょかやじゅう)は、2003年1月9日より3月20日まで毎週木曜日22:00 - 22:54[1]に、フジテレビ系列の「木曜劇場」枠で放送されていた日本のテレビドラマ。主演は松嶋菜々子

物語[編集]

鷹宮真(松嶋菜々子)はアメリカ3大ネットワークのニュース記者として活躍していたが、日本のテレビ局のJBCテレビからヘッドハンティングされ、視聴率が低迷するニュース番組チーフプロデューサーとなる。

一方、同じ頃JBCテレビ入社以来バラエティ番組製作部に携わっていた永瀬洋海(福山雅治)は、数々悪評をたてながらも番組の成功に守られて好き勝手に振る舞っていた事から、上司の指示で報道局に転属された。

視聴率至上主義者の真と、番組は人生を楽しむ為の道具とうそぶく洋海。性格も番組に対する考えも正反対の2人だが、学生時代は恋人同士だった。そんな因縁もあって対立し合いながらも次第に関係を修復し、さらに理解を深めていく物語である。

キャスト[編集]

JBCテレビ[編集]

プロデューサー[編集]

鷹宮 真(番組契約チーフプロデューサー
演 - 松嶋菜々子
東京大学を優秀な成績で卒業後、ハーバード大学大学院に留学。在学中にMBAを取得し、アメリカ三大ネットワークの記者として活躍していたが、視聴率が低迷するJBCテレビの夕方のニュース番組「イブニングニュース」のチーフプロデューサーとしてヘッドハンティングされ、ちょうど同時期にバラエティーから異動になった、大学時代の恋人である洋海と再会することとなる。
徹底した視聴率至上主義であり、視聴率のためなら枕営業まがいの方法でネタを取る覚悟もある。また、父親は政界の大物で、アフリカ駐在大使や外務省の重要ポストに就いていた。その関係や大学時代の関係もあり、政界や財界に顔が利き、他局に先駆けてスクープをとることもしばしば。また、視聴率のためなら、家族や友人、自らの会社の不利益になることがあろうと報道する。事実、サッカーのクラブチームの買収を進めようとしていたJBCが、クラブの選手が八百長に加担した事実を報道しないようにと指示したにもかかわらず報道したり、自分の父親が不正を行った大臣の手助けをしていたことがわかると、自ら現場に行き、その事実を報道した。そのときの情報収集のやり方が原因となってJBCから契約を打ち切られてしまうがアメリカで個人事務所を立ち上げ、活躍することになる。洋海とは最終回で復縁した。

ディレクター[編集]

永瀬 洋海(報道部ディレクター)
演 - 福山雅治
浪人し、東大に入学。卒業後、JBCテレビに入社。バラエティーに配属され、高い視聴率をたたき出す優秀なディレクターであったが、番組で横柄な態度をとっていた若手の人気お笑い芸人を注意したところ、「殴られた」と濡れ衣をきせられ、常日頃から、悪評が絶えなかったこともあり、品行方正の意味合いも込めて報道に異動になった。基本的には「仕事は楽しく」をモットーとしているが、根は真面目であり、バラエティー時代の部下、同僚、タレントからの支持も厚い。真とは大学時代に知り合い、恋人関係だったが破局。しかし、再会を機に関係を修復し、復縁した。
山本 タケシ(報道部アシスタントディレクター)
演 - 永井大
AD。愛称は「タケ」。洋海を目標にしている。

記者[編集]

久瀬 光彦(報道部記者)
演 - 渡辺いっけい
報道記者。気の強い妻に尻に敷かれている。
戸渡 千太郎(報道部記者)
演 - 八嶋智人
報道記者。失敗をすることが多く、真から記者失格の烙印を押されるも、偶然居合わせた事故現場で撮影した映像がきっかけで、報道大賞を受賞した局よりも強い反響を呼ぶこととなる。
古袋 博(報道部記者)
演 - 佐々木蔵之介
報道記者。合コン好きで、キャバクラ嬢の「アケミ」に好意を抱いている。
鶴巻 幸雄(報道部記者)
演 - 志賀廣太郎

キャスター[編集]

桜木 恭一郎(アンカー
演 - 児玉清
JBCのアナウンサーであるが、配属は報道部。的確に原稿を読み、正確に情報を伝えることをモットーとしており、アナウンサーとしての能力は非常に高い。また急な速報や変更にも慌てず、原稿がなくても、ニュースを自らの言葉で伝えることができる。また長いキャリアを誇ることもあり、過去の事件歴などを事細かに覚えており、過去に膠着状態で情報がない中、緊急特番を3時間回したこともある。また、フリー転向を巡って各局が億単位の争奪戦を繰り広げたにも関わらず、JBC一筋でいることなどから、業界では「伝説の男」の異名を持つ。
白井 雪乃(お天気キャスター
演 - 白石美帆
現役大学生のお天気キャスター。永瀬によって選ばれた。洋海に好意を持っていたが、真との関係にいち早く気づき、諦めた。普段はおっとりしているが、いざという時は行動力を発揮し、そのことが番組の境地を救うこともある。
長滝 久美(キャスター)
演 - 君嶋ゆかり

他の関係者[編集]

人気放送作家。洋海をはじめとして、バラエティーには顔が利く。真の事を「尻の厚い女」と呼ぶ。

その他[編集]

ゲスト[編集]

第1話 「最低最悪の出会い」
第2話 「ネクタイと昔の男」
第3話 「二人きりの夜」
第5話 「悲しいプロポーズ」
第6話 「2月14日の奇跡」
第7話 「好きなんだ、今も」
第8話 「視聴率の犯罪」
第9話 「ラーメン戦争」
第10話 「最後のニュース」
最終話 「もう1人じゃない」
最終話 「もう1人じゃない」
  • 伊田栄一(伊田工業社長・健児の父) - ボブ藤原

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
STORY 1 2003年1月09日 最低最悪の出会い 吉田智子 西谷弘 20.0%
STORY 2 2003年1月16日 ネクタイと昔の男 17.3%
STORY 3 2003年1月23日 二人きりの夜 武井彩 松田秀知 18.6%
STORY 4 2003年1月30日 ホテルで二人きり 吉田智子 18.6%
STORY 5 2003年2月06日 悲しいプロポーズ 西谷弘 17.3%
STORY 6 2003年2月13日 2月14日の奇跡 若松節朗 17.5%
STORY 7 2003年2月20日 好きなんだ、今も 河野圭太 17.0%
STORY 8 2003年2月27日 視聴率の犯罪 西谷弘 19.0%
STORY 9 2003年3月06日 ラーメン戦争 河野圭太 19.4%
STORY 10 2003年3月13日 最後のニュース 西谷弘 18.9%
LAST STORY 2003年3月20日 もう1人じゃない 19.4%
平均視聴率 18.5%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

関連商品[編集]

  • 美女か野獣 DVD-BOX(2003年7月25日発売)
  • 小説版「美女か野獣」 (シナリオ:吉田智子,武井彩 ノベライズ:百瀬しのぶ、2003年3月発売、フジテレビ出版刊) - 本ドラマのノベライズ化作品。全話のエピソードを収録。

脚注[編集]

  1. ^ 初回と最終話は15分拡大(22:00 - 23:09)。

関連項目[編集]

  • 踊る大捜査線 - 第6話に取材先として湾岸署が登場する。
  • スチュワーデス刑事FINAL - 登場人物が勤務しているテレビ局としてJBCの名が登場する。
  • トップキャスター - 第6話にCNBテレビのライバル局としてJBCテレビが登場する。
  • ガリレオ - 本作に出演した福山雅治が主演したテレビドラマ。第2話で幽体離脱についてJBCが取材依頼している。
  • 容疑者Xの献身 - 『ガリレオ』の続編に当たる映画。冒頭部分のニュースにJBCのロゴが右下に記されている。
  • TOKYO コントロール - 「TOKYOコントロール」内の第1話で噴火のニュースを伝えている。
  • 救命病棟24時 - 主演の松嶋菜々子をはじめとして,本作の出演者が多く出ている作品。(出演者:松嶋菜々子、渡辺いっけい、八嶋智人、佐々木蔵之介、清水章吾、深浦加奈子、徳井優)

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 木曜劇場
前番組 番組名 次番組
薔薇の十字架
(2002.10.10 - 2002.12.12)
美女か野獣
(2003.1.9 - 2003.3.20)
ムコ殿2003
(2003.4.17 - 2003.6.26)