キック・アス (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キック・アス
Kick-Ass
監督 マシュー・ヴォーン
脚本 ジェーン・ゴールドマン
マシュー・ヴォーン
原作 マーク・ミラー
ジョン・ロミータ・Jr
製作 アダム・ボーリング
マシュー・ヴォーン
ターキン・パック
ブラッド・ピット
デヴィッド・リード
クリス・サイキエル
製作総指揮 ジェレミー・クライナー
スティーヴン・マークス
マーク・ミラー
ジョン・ロミータ・Jr
出演者 アーロン・ジョンソン
クリストファー・ミンツ=プラッセ
クロエ・グレース・モレッツ
ニコラス・ケイジ
マーク・ストロング
音楽 ジョン・マーフィ
ヘンリー・ジャックマン
マリウス・デ・ヴリーズ
アイラン・エシュケリ
撮影 ベン・デイヴィス
編集 ピエトロ・スカリア
ジョン・ハリス
エディ・ハミルトン
製作会社 マーヴ・フィルムズ
プランBエンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 カルチュア・パブリッシャーズ
公開 イギリスの旗 2010年3月26日
アメリカ合衆国の旗 2010年4月16日
日本の旗 2010年12月18日
上映時間 117分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 $96,188,903[1] 世界の旗
$48,071,303[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
次作 キック・アス/ジャスティス・フォーエバー
テンプレートを表示

キック・アス』(Kick-Ass)は、マーク・ミラージョン・ロミータ・Jrによる同名のコミックを原作とした、2010年スーパーヒーロー映画

ストーリー[編集]

デイヴ・リゼウスキ(アーロン・ジョンソン)は、アメリカン・コミックのスーパーヒーローに憧れるギーク少年。誰もヒーローになろうとしないことに疑問をもった彼は、自分で本物のヒーローになろうと思い立ち、ネットで買ったスーツを着てヒーロー活動を開始する。しかし、何のスーパーパワーも持っておらず、訓練もしていない彼はあっさり暴漢に刺された上、車にはねられ病院送りとなる。そのときにスーツを隠す目的で裸になったためにゲイ疑惑が浮上してしまい、それをきっかけに学校一の美少女のケイティ(リンジー・フォンセカ)と接近する。

その後もヒーロー活動を続ける彼は、あるとき3人組に襲われていた男を救い、その模様を撮影していた見物人から名前を尋ねられた際に、自らを"キック・アス”と名乗った。動画はやがてYouTubeにアップされて話題を呼び、さらにデイヴはキック・アス名義のMySpaceアカウントを取得する。

ある日、ケイティが麻薬の売人によって悩まされていることを知り、デイヴはキック・アスに連絡するよう助言する。さっそく連絡を受けた彼はその売人がいるアパートに乗り込んだが、多勢には敵わずピンチに陥る。そこへ自身と同じようにヒーローコスチュームを着た少女ヒット・ガールクロエ・グレース・モレッツ)が現れ、瞬く間に売人たちを殺していき、さらには彼女の父のビッグ・ダディニコラス・ケイジ)も登場する。

ダディは、自分を陥れ、妻を自殺に追い込んだフランク・ダミーコ率いる犯罪組織を壊滅させるため、娘のミンディに戦闘技術を叩きこみ、親子でヒーローとして活動しながらダミーコの配下の売人たちを次々に殺していたのだ。

そして後日、売人たちを全滅させたのはキック・アスであると勘違いしたダミーコは、部下に彼を殺すよう命じる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
デイヴ・リゼウスキ
(キック・アス)
アーロン・ジョンソン 佐藤拓也
ミンディ・マクレイディ
(ヒット・ガール)
クロエ・グレース・モレッツ 沢城みゆき
クリス・ダミーコ
(レッド・ミスト)
クリストファー・ミンツ=プラッセ 勝杏里
デイモン・マクレイディ
(ビッグ・ダディ)
ニコラス・ケイジ 内田直哉
フランク・ダミーコ マーク・ストロング 斎藤志郎
ケイティ・ドーマ リンジー・フォンセカ たなか久美
ヴィック・ジガンテ ザンダー・バークレー 小柳基
ビッグ・ジョー マイケル・リスポリ 杉野博臣
マーカス・ウィリアムズ巡査部長 オマリ・ハードウィック 遠藤大智
マーティ クラーク・デューク 岡哲也
トッド エヴァン・ピーターズ 倉富亮
アンジー・ダミーコ ヤンシー・バトラー
ロビー・グーン ジェイソン・フレミング
アリス・リゼウスキ
(デイヴの母)
エリザベス・マクガヴァン
デイヴの父 ギャレット・M・ブラウン 小柳基
エリカ ソフィ・ウー
コディ デクスター・フレッチャー
スポーティ・グーン コーレイ・ジョンソン
トレ・フェルナンデス ランダル・ベイティンコフ
本人役 クレイグ・ファーガソン
ラズール コフィー・ナーティ 中西としはる
ステュー ステュー・ライリー 広田みのる
ポスター クラウディア・シファー
ギャング・キッド(1st) ジョニー・ホプキンス 石狩勇気
ギャング・キッド(2nd) オーヘン・コーネリアス 里卓哉

製作[編集]

本作の脚本執筆と原作コミックの刊行は同時期に行われた[2]

ヴォーンはまずソニーと契約して製作費を捻出しようとしたが、バイオレンス描写を弱めるよう要求をされたために断念した。その後、他のスタジオも興味を示すがキャラクター設定の変更を求められたため、最終的にヴォーンが自分で製作費を調達し、自主映画となった[3]

撮影はカナダ[4]やイギリス[5]で行われた。

音楽[編集]

サウンドトラック[編集]

Kick-Ass (Music from the Motion Picture)
複数のアーティスト の サウンドトラック
リリース イギリスの旗 2010年3月29日
ジャンル ポップ
ダンス・ポップ
ポップ・ロック
ハードロック
オルタナティブ・ロック
時間 51:19
レーベル イギリスの旗 ポリドール・レコード
Kick-Ass (Music from the Motion Picture) 収録の シングル
  1. Kick Ass
    リリース:イギリスの旗 2010年5月2日
テンプレートを表示

映画のサウンドトラックアルバムが2010年3月29日にイギリスで、3月30日にアメリカのiTunesで発売された。また、Mikaが歌うタイトルソングである"Kick Ass"のシングルカットが5月2日に発売された。

なお、スコアについてはイギリス国内のダウンロード販売(iTunesAmazon)のみとなっている。

トラックリスト
# タイトル 歌手 時間
1. Stand Up」   プロディジー 5:08
2. Kick Ass (Radio Edit)」   Mika vs. RedOne 3:11
3. Can't Go Back」   プライマル・スクリーム 3:46
4. 「There's a Pot Brewin'」   The Little Ones 3:13
5. Omen」   プロディジー 3:54
6. Make Me Wanna Die」   The Pretty Reckless 3:55
7. Banana Splits (Kick-Ass Film Version)」   The Dickies 2:04
8. Starry Eyed」   Ellie Goulding 2:57
9. This Town Ain't Big Enough For The Both Of Us」   スパークス 3:03
10. We're All In Love」   ニューヨーク・ドールズ 4:50
11. 「Bongo Song」   Zongamin 5:00
12. 「Per Qualche Dollaro in Più (『夕陽のガンマン』)」   エンニオ・モリコーネ 2:53
13. Bad Reputation(『バッド・レピュテーション』)」   Joan Jett and The Blackhearts 2:56
14. An American Trilogy」   エルヴィス・プレスリー 4:31

公開[編集]

2010年3月26日にイギリスで世界最速公開され、4月8日にオーストラリア、16日にはアメリカ合衆国で興行がスタートした。

日本ではまず、2010年9月16日に行われた第3回したまちコメディ映画祭in台東の「映画秘宝まつり」内で限定公開され[6]、2010年12月18日に渋谷、川崎、梅田、静岡の4劇場から一般公開が開始された。

評価[編集]

興行収入[編集]

北米では公開週末3日間で19,828,687ドルを稼ぎ、2週目の『ヒックとドラゴン』を僅かに上回って初登場1位となった[7]

批評[編集]

Rotten Tomatoesでは222のレビューで77%が肯定的なもので、平均点は10点満点中7.0点だった[8]。また、Metacriticでは38のレビューで平均点は100点満点中66点だった[9]

ロジャー・イーバートは4つ星満点で1つ星を与え、本作が「道徳的にふとどきである」と批判した[10]

受賞とノミネート[編集]

映画賞 部門 候補 結果
英国インディペンデント映画賞 作品賞 ノミネート
監督賞 マシュー・ヴォーン ノミネート
脚本賞 ジェーン・ゴールドマン、
マシュー・ヴォーン
ノミネート
ピープルズ・チョイス・アワード アクション映画賞 ノミネート
放送映画批評家協会賞 アクション映画賞 ノミネート
若手俳優賞 クロエ・グレース・モレッツ ノミネート
デトロイト映画批評家協会賞 ブレイクスルー演技賞 クロエ・グレース・モレッツ ノミネート
ヒューストン映画批評家協会賞 作品賞 ノミネート
セントルイス映画批評家協会賞 視覚効果賞 ノミネート
Moving the Medium Forward ノミネート
フェニックス映画批評家協会賞 助演女優賞 クロエ・グレース・モレッツ ノミネート
ブレイクスルー演技賞 クロエ・グレース・モレッツ 受賞
若手女優賞 クロエ・グレース・モレッツ ノミネート
スタント賞 ノミネート
リチャード・アッテンボロー映画賞 ライジングスター賞 クロエ・グレース・モレッツ
(『グレッグのダメ日記』、『モールス』に対しても)
受賞

続編[編集]

監督のマシュー・ヴォーンは、続編に関心を持っていることを明らかにする[11]一方で、「まだ何も計画していない」とも答えた[12]。クロエ・グレース・モレッツは続編について熱心で、ヒット・ガールを演じるのが好きであると述べた[13]

出典[編集]

  1. ^ a b c Kick-Ass (2010)” (英語). Box Office Mojo. 2011年8月19日閲覧。
  2. ^ Philbrick, Jami (2009年8月24日). “Vaughn & Goldman talk "KICK-ASS"”. Comicbook Resources. 2010年3月29日閲覧。
  3. ^ Borys Kit (2008年8月15日). “Matthew Vaughn ready to 'Kick-Ass'”. The Hollywood Reporter. オリジナル2008年8月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20080815215438/www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/film/news/e3ide19bac7b91209a2e58975952de2e797. "Vaughn, however, is such a believer in the project that he raised the money for the $30 million indie project himself." 
  4. ^ Filming locations for Kick-Ass (2010)” (英語). Internet Movie Database. 2010年8月3日閲覧。
  5. ^ Kick-Ass (2010) Filming Locations”. UK Onscreen. 2010年4月13日閲覧。
  6. ^ ブラピがプロデューサー!全米ナンバーワンのコメディー映画『キック・アス』が1年早く先行上映決定!”. シネマトゥデイ. 2010年8月4日閲覧。
  7. ^ Weekend Box Office Results for April 16-18, 2010 - Box Office Mojo” (英語). Box Office Mojo. 2010年8月4日閲覧。
  8. ^ Kick-Ass Reviews”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2010年6月24日閲覧。 “Consensus: Not for the faint of heart, Kick-Ass takes the comic adaptation genre to new levels of visual style, bloody violence, and gleeful profanity.”
  9. ^ Kick-Ass reviews at Metacritic.com:”. Metacritic. CBS Interactive. 2010年4月18日閲覧。
  10. ^ エバート, ロジャー (2010年4月14日). “Kick-Ass”. Chicago Sun-Times. 2010年4月17日閲覧。星4つのうち1つthe Your Movie Sucks™ files”. Roger Ebert's Journal. 2010年4月17日閲覧。
  11. ^ Jonathan Ross interviews Matthew Vaughn. http://timesonline.typepad.com/blockbuster_buzz/2010/03/kick-ass-video-chat-embed.html 2010年8月4日閲覧。 (Video)
  12. ^ "Kick-Ass Sequel Delayed"”. Sky movies (2010年4月6日). 2010年4月6日閲覧。
  13. ^ Larry Carroll (2010年1月20日). “'Kick-Ass' Star Chloe Moretz Is One Of 10 To Watch In 2010”. 2010年8月4日閲覧。 “Moretz: I would love to. I can't say anything about [the ending], but I would love to be Hit-Girl twice, three times, four times in my life.”

外部リンク[編集]