ネクスト・アベンジャーズ: 未来のヒーローたち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネクスト・アベンジャーズ:
未来のヒーローたち
The Next Avengers Heroes of Tomorrow
監督 ジェイ・オリヴァ
ゲイリー・ハートル(監修)
脚本 グレッグ・ジョンソン
クレイグ・カイル英語版
原案 クリストファー・ヨスト
製作 ゲイリー・ハートル
音楽 Guy Michelmore
製作会社 マーベルアニメーション
アンサー・スタジオ[1]
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート・ホーム・エンターテインメント英語版
日本の旗 キングレコード
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年9月2日
日本の旗 2012年8月8日
上映時間 78分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ネクスト・アベンジャーズ: 未来のヒーローたち』(Next Avengers: Heroes of Tomorrow)は、オリジナルビデオアニメーション映画OVA)である。マーベルアニメーション製作によるマーベル・コミックを原作とした映画シリーズの5作目である。2008年9月2日にライオンズゲートよりDVDBlu-rayが発売された[2]

日本では2012年8月8日にBlu-rayDVDが発売された。また、『アルティメット・アベンジャーズ』など関連作品7本とセットになったBOXセットの『マーベル・アニメイテッド・ユニバース』も同日に発売された。

あらすじ[編集]

アベンジャーズのヒーローたちはウルトロン英語版との戦いに敗れ、世界は機械軍に支配されてしまった。アイアンマン(トニー・スターク)は、キャプテン・アメリカの指示によりアベンジャーズの子供たち(ブラック・ウィドウとキャプテン・アメリカの息子のジェームズ・ロジャース、ジャイアントマンワスプの息子のヘンリー・ピム・ジュニア、ブラック・パンサー英語版ストームの息子のアザーリ、行方不明となったソーシフ英語版の娘のトールン)を北極の隠れ家へと運んだ。

それから12年にわたってスタークは子供たちを育て上げた。ある日、ウルトロンから逃げていたスタークの友人のビジョン英語版が訪れた。好奇心旺盛な子供たちはスタークとビジョンのあとをつけるが、その際、スタークが開発していたアイアン・アベンジャーズというかつての仲間たちに似せたアイアンマン風のロボットを誤作動させ、結果、ウルトロンに居場所がばれてしまう。

キャスト[編集]

コミックでの登場[編集]

ネクスト・アベンジャーズは、マーベルの『ヒロイック・エイジ英語版』のイベントの一環として、『アベンジャーズ』第1号でコミックに初登場している。この際、チームがイモータス英語版と戦う姿が描かれた[3]

評価[編集]

アメリカ合衆国ではDVDは30万5672セットを売り上げた[4]

参考文献[編集]

  1. ^ The Answerstudio
  2. ^ Marvel Animation Age - "Next Avengers" To Be Released In September 2008”. Marvel.toonzone.net. 2010年12月29日閲覧。
  3. ^ Preview: Avengers #1”. Comic Book Resources (2010年5月19日). 2010年12月29日閲覧。
  4. ^ The Next Avengers: Heroes of Tomorrow - DVD Sales”. The Numbers. Nash Information Service. 2012年7月10日閲覧。

外部リンク[編集]