ミュータントX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミュータントX(Mutant X)はアメリカ合衆国海外ドラマ。『X-MEN』のマーベルコミックス公認のSFアクション。2001年10月から、2004年5月まで放送されていた。

日本でも、2002年以降CS・ケーブルTV・サンテレビなどで放送されており、全シリーズDVD化された。

シーズン3は未解決の形で幕を閉じたが、2004年にFireworks Entertainment(製作会社)が解体された為、シーズン4の制作は実現しなかった。放送終了後、映画化やコンプリート・コレクション(DVD)発売の話も持ち上がるが、後に全てキャンセルされた。

あらすじ[編集]

 1975年、19歳の若さでスタンフォード大学にて生物発生学の博士号を取得した天才科学者アダムはジェノマックス社に入社、研究者ポール・ブリードラブが密かに進めていた研究に携わるようになる。それは遺伝子操作により、先天的に優秀な子供を作り出すという“神の領域”に踏み込んだ恐ろしい実験で、実は政府の情報機関が関わる極秘プロジェクトだったのだ。このプロジェクトにより、超人的パワーを持ったミュータントの子供たちが誕生。政府は彼らの特殊能力を利用しようと企むのだった。事の重大さに気づいたアダムはポールと対決することを決意するが、その前に同社のセキュリティを担当するメイソン・エックハートが立ちはだかる。アダムは遺伝子操作を受けた子供たちの情報を含んだデータベースを持ってジェノマックスから逃亡し、身を隠す。

 それから数十年後、アダムは「ミュータントX」を結成。彼らの目的は「新たなミュータントの仲間を探し、彼らの特殊能力を維持しながら、敵であるジェノマックスと政府の手から守る」こと。ミュータントVS人間の終わりなき戦いが今、始まる。

主な登場人物[編集]

アダム・ケイン(ジョン・シーア)(声:中田和宏
「ミュータントX」の生みの親にして、天才科学者。高度な頭脳を持った戦略家でもあり、格闘技にも長ける。知らなかったとは言え、政府の陰謀に加担し、ミュータントを生み出してしまった責任を感じている。罪滅ぼしの意味を込めてミュータント達を保護する目的で「ミュータントX」を組織し、本拠地である「サンクチュアリ」と数々の隠れ家を建設する。発信機能が装備されている指輪型の通信機やチームの自家用機である「ダブルへリックス」も彼の作品である。自身が天才科学者であるのでミュータント達の生命維持と能力保持を一手に引き受ける。エックハート率いるジェノマックスに対抗するべくチームのミュータント達を支援し、自らも闘う頼れる存在である。
シーズン2最終回に行方不明になるが、第3シーズン中盤に再登場する。
第3シーズン最終回で、自身も知らなかった重大な秘密が判明する。
シャリマー・フォックス(ビクトリア・プラット)(声:茉雪千鶴
人間と動物のDNAを持つ美女。外見よりはるかに超人的な身体能力を持ち、驚異的な跳躍力や成人男性を軽々とふき飛ばす程の怪力を持ってビルの屋上から飛び下りたり一人で敵を薙ぎ倒していく。また猫のような目に変化し、光りだすと肉眼では見えない細かいものや僅かな色等が見える。気が強いため、時折予測不可能な行動をする。父親は会社社長であるが疎遠であり、アダムとは路上生活していた時に知り合ったらしい。
ジェシー・キルマーティン(フォーブス・マーチ)(声:櫻井孝宏
幼い時にシェルターに保護され、多少世間知らずな所もあるが気立ての良い青年。身体の分子密度を自在に変化できる分子系能力を持つミュータント。この能力により一瞬にして身体を岩より固い状態にして銃弾や走行中の車を跳ね返したり、反対に希薄な存在に変化させて障害物を通り抜けたりすることが出来る。第1シーズン最終回から、自分だけでなく触れたものすべてを変化させることが可能となり、へリックスを気体化させたこともあった。コンピュータ操作の天才で自在に操ることにより組織を支援する。この特技とアダムが去ったため、第3シーズンは現場に来ることが少なくなり、基地から支援することが大半だった。
ブレナン・マルウレイ(ビクター・ウェブスター)(声:大黒和広
タフだが傷つきやすい一面を持つ20代後半の好青年。体内で電気を発生させ、手からの放電により機器類の電気的操作や敵への攻撃を可能にする電気系ミュータント。ただし、水には弱い。ミュータントである現実を受け入れて楽しんでいる。格闘能力もかなり高い。組織に加入する前は、自らの能力を使って車の窃盗等の犯罪を犯したことがある社会のアウトロー的存在であった。第2シーズンでは電気の力で空中に浮遊することが出来る様になった。第3シーズンでは、アダムの秘密をレクサから聞かされ、大激怒した。
エマ・デラウロ(ローレン・リー・スミス)(声:笹島かほる
20代前半の茶目っ気のある美女。他人の心を読んだり、相手の精神や感情、意志を思うように操作することのできる能力を持つ超精神力系ミュータントである。第2シーズンでは、額から光線を放てるようになった。不安定な能力を否定しながらもブティックの店員として働き普通に暮らしていたが、ジェノマックスに追われアダム達に助け出されてから自分の能力を受け入れる決意を固めチームを助けるようになる。この特殊な能力と遊び好きの性格から時にトラブルに巻き込まれたり、呼び込んだりしてしまうことがある。第2シーズンでは能力のため第1シーズンに比べて表情が硬くなっている。
シーズン2の最終回に爆発事故に巻き込まれて死亡。
レクサ・ピアース(カレン・クリシェ)(声:本田貴子
光を操る分子系及び電気系ミュータントでシーズン3より参加。アダムが姿を暗ましてから権力者組織からの指示でかつて所属していたミュータントXに再びメンバーとしてシャリマー達に協力をする。実はシャリマーたちよりも初期のメンバーであったが、アダムと共に闘いながらも意見の相違からアダムの元を去ったことがある。生き別れたミュータントの兄弟を探すことを引き換えに組織の命令に従うが、アダムとエマを失った直後突然現れた彼女の存在を快く思わないシャリマー達と対立することがしばしばある。能力は光を屈折させて姿を消した(野生系のシャリマーには通用せず、犬にも見破られた)り、目晦ましに使ったり、光を指先に集めてレーザーのようにして攻撃したりも出来る。
メイソン・エックハート(トム・マッカムス)(声:花田光
ジェノマックス社の機密保持を担当するセキュリティ部門の責任者だったが、ブリードラブ博士殺害後同社の裏の顔である政府の秘密機関のトップとGSA(ジェノマックス・セキュリティエージェント、ジェネティック・セキュリティ)のリーダーとなる、ミュータントを憎み彼等を全て支配下に置こうと暗躍する。自身の免疫システムが崩壊しているため、常にラテックス製の防菌特殊マスクと手袋を装着している。一説では自分も遺伝子操作を受けて最強のミュータントになろうとしたが失敗したため免疫システムが崩壊し、その責任はアダムにあると恨んでいると言うことらしいが、本編では最後まで詳細が明かされることはなかった。第1シーズン最後でアシュロックの登場によってカプセルの中に閉じ込められ、第2シーズンで復活しアダム達と対決するが、第3シーズンの序盤でブレナンに殺害される。
ガブリエル・アシュロック(マイケル・イーストン)(声:家中宏
最初のジェノマックスの子でミュータントとしての力は常に進化し続けており史上最強のレベルにある。子供の頃から良心と言うものを持たず、自らの力で両親を殺してしまった過去を持つ。ミュータントを集めてストランドを結成しミュータントの特殊な能力を誇示して社会を支配しようと言う野望を抱く。そのためにジェノマックスはもちろんのこと、ミュータントXとも敵対関係にある。25年前彼の力を封じ込めるために当時ジェノマックスに所属していたアダムはサブダーマル・ガバナーとポッドを開発した。
シーズン2で力の暴走のため死亡。その直後、彼の恋人は妊娠している描写があったが、それ以降はそのことについては作中では触れられなかった。

エピソード[編集]

シーズンI(全22話)[編集]

  • EPISODE 1「ミュータント現る」
  • EPISODE 2「新しい仲間」
  • EPISODE 3「ロシアン・ルーレット」
  • EPISODE 4「シャリマーの恋」
  • EPISODE 5「最強のサイバーテロリスト」
  • EPISODE 6「不死の代償」
  • EPISODE 7「一触即発」
  • EPISODE 8「マイクロドライブを奪還せよ」
  • EPISODE 9「小さな能力者」
  • EPISODE 10「亡霊戦士の復讐」
  • EPISODE 11「消えゆく愛」
  • EPISODE 12「光と影の分身想」
  • EPISODE 13「親子の絆」
  • EPISODE 14「悪への変貌」
  • EPISODE 15「甦る死者」
  • EPISODE 16「裏切りのテレサイバー」
  • EPISODE 17「消された記憶」
  • EPISODE 18「悪夢の世界」
  • EPISODE 19「共通の敵」
  • EPISODE 20「ロシア遺産の秘密」
  • EPISODE 21「魅惑のミュータント」
  • EPISODE 22「新たなる強敵」

シーズンII(全22話)[編集]

  • EPISODE 1「破滅への序章」
  • EPISODE 2「戦慄の核ジャック」
  • EPISODE 3「過去への策謀」
  • EPISODE 4「変異の果て」
  • EPISODE 5「運命の日」
  • EPISODE 6「捕らわれの解放戦線」
  • EPISODE 7「封印された町」
  • EPISODE 8「狙われたミュータント」
  • EPISODE 9「さまよえる魂」
  • EPISODE 10「宿命の再会」
  • EPISODE 11「危険な罠」
  • EPISODE 12「運命の行く末」
  • EPISODE 13「密室の葛藤」
  • EPISODE 14「塀の中のデスマッチ」
  • EPISODE 15「美しき刺客」
  • EPISODE 16「闇の掟」
  • EPISODE 17「蘇る宿敵」
  • EPISODE 18「地獄の業火」
  • EPISODE 19「変異の予兆」
  • EPISODE 20「悪夢の真相」
  • EPISODE 21「50万年の眠り」
  • EPISODE 22「究極の野望」

シーズンIII(全22話)[編集]

  • EPISODE 1「闇に消えた真実」
  • EPISODE 2「危険な賭け」
  • EPISODE 3「罪過の代償」
  • EPISODE 4「悪魔の囁き」
  • EPISODE 5「消滅のカウントダウン」
  • EPISODE 6「地下室の子守歌」
  • EPISODE 7「神の手」
  • EPISODE 8「再会の時」
  • EPISODE 9「死のダウンロード」
  • EPISODE 10「怪人の最期」
  • EPISODE 11「時空の選択」
  • EPISODE 12「エイリアンの正体」
  • EPISODE 13「魅惑のアート」
  • EPISODE 14「蘇生への道標」
  • EPISODE 15「揺らぐ忠誠心」
  • EPISODE 16「永遠の生命」
  • EPISODE 17「解き放たれた凶器」
  • EPISODE 18「死の淵」
  • EPISODE 19「欲望の館」
  • EPISODE 20「予言」
  • EPISODE 21「死のサーカス団」
  • EPISODE 22「アダムの真実」