デッドプール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デッドプール
出版の情報
出版者 マーベル・コミック
クリエイター en:Fabian Nicieza
en:Rob Liefeld
作中の情報
本名 Wade Winston Wilson[1]
種族 後天的ミュータント(ミューテイツ)
所属チーム X-メン
X-フォース
Agency X
デッドプール・コープス
グレイト・レイクス・アベンジャーズ
S.H.I.E.L.D.
シック・スパック
著名な別名 饒舌な傭兵
能力 回復能力、
瞬間移動、
射撃、
剣術

デッドプール: deadpool)、はマーベル・コミックの登場する架空の人物。本名ウェイド・ウィルソン。脚本のファビアン・ニシーザとアーティストロブ・ライフェルドによって創造された。初登場は1991年2月刊行のニューミュータンツ#98。X-FORCEに再登場して以降アベンジャーズデアデビルなどにゲストとして登場している。

1997年1月からレギュラーシリーズの刊行が開始された。

概要[編集]

デッドプールをデザインしたロブ・ライフェルドはDCコミックティーンタイタンズのファンでデッドプールのデザインもティーンタイタンズのヴィランであるデスストロークを模したものになり、本名であるウェィド・ウィルソンもデスストロークの本名スレイド・ウィルソンを意識してつけられた。[2]

人物[編集]

傭兵であり金次第でヒーローにもヴィランにもなる。アンチヒーローのような存在。癌細胞が暴走して体全体が焼けただれたようになっていて、マスクを被っていなければ電話にも出ないほどだったが、平気で人前で素顔をさらすこともある。 ヒーリング・ファクターの副作用と複数回にわたる頭部の破壊により記憶があいまいになっている。通常の人格の他に二つの人格を持つ多重人格で黄色と白の箱型の吹き出しを使って各人格が会話している。精神に異常をきたしているため性格が非常に不安定。子供っぽい陽気な所もあれば孤独を感じ酷く落ち込むこともある。ストーリーが重くなりがちなX-MENに登場するときはコメディ・リリーフを担当することもある。

カバーイラストや本編でコスプレをよくしており、ガンマンや海賊などだけでなく、アイアンマンソーなどのヒーローの衣装を着たこともある。またX-MENに無理矢理参加した時には赤いタイツを脱いでマーベル・ガールのコスプレを披露した。[3]

能力[編集]

  • 回復能力・不死
ウルヴァリンのヒーリング・ファクターを注射されウルヴァリン同様の回復能力を獲得している。ただし痛みはある。またサノスに『不死の呪い』をかけられ死ぬことができない。頭が体から切り離されてもくっつければ元に戻る。[4]老化することもなくメシア・ウォーの際には800年後の未来世界にも登場した。
自分がコミックのキャラクターだと認識していて読者に語り掛けたり、酷いときには編集部に文句を言ったりする。

経歴[編集]

オハイオ州の小さな町で育ったウェィドは劣悪な環境で育ち家出をする。軍隊の特殊部隊で訓練を受けるがそこも追い出され暗殺者としてなるが、日本に渡り相撲部屋に入門するがその部屋の親方の暗殺を依頼されるがこれを断りアメリカに戻る。
その後カナダ国籍を取得し、ミュータントであるバネッサと恋に落ちるがウェィドはに侵される。ウェィドは癌の治療のためウェポンX計画から派生した実験に参加しウルヴァリンから抽出されたヒーリング・ファクターを注射される。ヒーリング・ファクターのおかげで命はとりとめたものの癌細胞は暴走し表皮まで浸食。狂気に陥っていたウェィドは死の神デスと出会い相思相愛の仲になる。デスに会うため死ぬために自分たち実験の被験者を虐待するAマンを侮辱し一時的に死亡するが仲間を殺されたことの恨みや自責の念によりヒーリング・ファクターが暴走し生き返ってしまう。生き返ったウェィドは赤いタイツを纏い研究所にいた研究者たちを皆殺しにしAマンへ復讐する。
第1期レギュラーシリーズから黄色い吹き出しが使われるようになり性格もユーモラスなものになった。
デスに片思いのサノスによってデスと会えないように『不死の呪い』をかけられる。[5]
第2期シリーズではシークレット・インベージョンなどとクロスオーバー。シークレット・インベージョンではスクラルの情報を盗み出し。サンフランシスコに拠点を移したX-MENの下に押し掛けたりした。不幸続きの自分の人生に絶望しハルクを怒らせて自殺を図った。ハルクの力でバラバラにされても生き返ったデッドプールは精神病院に収容される。そこに勤務していたエラ・ホイットピーはデッドプールのファンで彼のバラバラにされた体を集めていた。それらが融合し、凶悪なイービル・デッドプールとなり、デッドプールはキャプテン・アメリカの力を借りてこれを倒す。イービル・デッドプールが死亡するのを見て死への憧れを強めたデッドプールは特殊な血清を用いて再度自殺を図るが、ヒーリング・ファクターを失うだけだった。副作用として醜かった顔も本来のものに戻った。デッドプールに復讐をたくらむヴィランをお下劣な火炎放射で撃退する際顔面に火傷を負い醜い顔に逆戻りするが血清の効果は一時的なもので回復能力は元に戻った。
第3期シリーズではサキュバスの女王シクラーと結婚した。

交友関係[編集]

多くのヒーローの下にゲスト出演しているためヒーローにもヴィランにも顔が売れている。

  • ケーブル
一時的に体を融合していたためDNAがミックスされている。ハウス・オブ・Mの改変世界では赤ん坊になってしまったケーブルの面倒をデッドプールが見ている。[6]メシア・ウォーの際にも未来世界でケーブルたちを助けた。セカンド・カミングでケーブルが死亡した際にはケーブルの扮装をして、ケーブルとの思い出の地であるヨーロッパの独裁国家ルメキスタンの政府を打倒し民衆を解放した。
デッドプールと同じ傭兵。見たものを修行の後そっくりそのまま模倣できる能力の持ち主。金次第で動くため時には味方時には敵になるが、敵味方の関係を通り越して腐れ縁になっている。
デッドプールが一方的に絡んでいる。MONKEY BUSINESSではアパートに押し掛けられそうになったりメイド服姿を見せつけられたりしている。
  • ボブ
ヒドラの戦闘員。デッドプールがヒドラに潜入した時に手下にした。[7]ヒドラから抜けた後もデッドプールの使い走りをやらされている。


出版情報[編集]

  • Cable & Deadpool:
    • Ultimate Collection Book 1 (collects Cable & Deadpool #1-18, 440 pages, March 2010, ISBN 0-7851-4313-0) previously collected as:
      • Volume 1: If Looks Could Kill (collects Cable & Deadpool #1-6, 136 pages, December 2004, ISBN 0-7851-1374-6)
      • Volume 2: The Burnt Offering (collects Cable & Deadpool #7-12, 144 pages, May 2005, ISBN 0-7851-1571-4)
      • Volume 3: The Human Race (collects Cable & Deadpool #13-18, 144 pages, November 2005, ISBN 0-7851-1763-6)
    • Ultimate Collection Book 2 (collects Cable & Deadpool #19-35, 424 pages, July 2010, ISBN 0-7851-4821-3) previously collected as:
      • Volume 4: Bosom Buddies (collects Cable & Deadpool #19-24, 144 pages, April 2005, ISBN 0-7851-1869-1)
      • Volume 5: Living Legends (collects Cable & Deadpool #25-29, 144 pages, August 2006, ISBN 0-7851-2041-6)
      • Volume 6: Paved With Good Intentions (collects Cable & Deadpool #30-35, 144 pages, May 2007, ISBN 0-7851-2233-8)
    • Ultimate Collection Book 3 (collects Cable & Deadpool #36-50 and Deadpool/GLI: Summer Fun Spectacular, 424 pages, October 2010, ISBN 0-7851-4920-1) previously collected as:
      • Volume 7: Separation Anxiety (collects Cable & Deadpool #36-42, 176 pages, September 2007, ISBN 0-7851-2523-X)
      • Deadpool vs. The Marvel Universe (collects Cable & Deadpool #43-50, 192 pages, May 2005, ISBN 0-7851-3273-2)
  • Deadpool: The Circle Chase (collects Deadpool: The Circle Chase, 96 pages, Marvel Comics, March 1997, ISBN 0-7851-0259-0)
  • Deadpool II: Sins of the Past (collects Deadpool: Sins of the Past Z#1-4, 96 pages, Marvel Comics, January 1997, ISBN 0-7851-0554-9)
  • Deadpool (Panini Comics):
    • Volume 1 (collects Deadpool: The Circle Chase and Deadpool: Sins of the Past #1-4, 196 pages, June 2008, ISBN 1-905239-84-X)
    • Volume 2 (collects Deadpool vol. 2 #1-9, 308 pages, July 2009, ISBN 1-84653-427-5)
    • Volume 3: You Only Die Twice (collects Deadpool vol. 2 #10-17 and 0, 244 pages, June 2010, ISBN 1-84653-453-4)
  • Deadpool Classic (Marvel Comics):
    • Volume 1 (collects New Mutants #98, Deadpool: The Circle Chase, Deadpool: Sins of the Past #1-4, and Deadpool (vol. 1) #1, 264 pages, May 2008, ISBN 0-7851-3124-8)
    • Volume 2 (collects Deadpool (vol. 1) #2-8 and -1, and Daredevil/Deadpool Annual 1997, 256 pages, April 2009, ISBN 0-7851-3731-9)
    • Volume 3 (collects Deadpool (vol. 1) #9-17, and Amazing Spider-Man #47, 280 pages, November 2009, ISBN 0-7851-4244-4)
    • Volume 4 (collects Deadpool (vol. 1) #18-25, Deadpool #0, and Deadpool & Death Annual 1998, 296 pages, February 2011, ISBN 0-7851-5302-0)
    • Volume 5 (collects Deadpool (vol. 1) #26-33, Baby's First Deadpool Book, and Deadpool Team-Up #1, 272 pages, June 2011, ISBN 0-7851-5519-8)
    • Volume 6 (collects Deadpool (vol. 1) #34-45, and Black Panther #23, 312 pages, February 2012)
    • Volume 7 (collects Deadpool (vol. 1) #46-56, and X-Men Unlimited (the deadpool story) #28, 272 pages, August 2012)
    • Volume 8 (collects Deadpool (vol. 1) #57-64, 272 pages, April 2013 ISBN 978-0-7851-6732-7)
    • Volume 9 (collects Deadpool (vol. 1) #65-69, and Agent X #1-6, 272 pages, January 7th 2014 ISBN 978-0-7851-8513-0)
    • Volume 10 (collects Agent X #7-15, 296 pages, November 2014[要出典])
  • Wolverine/Deadpool: Weapon X (collects Wolverine #162-166 and Deadpool (vol. 1) #57-60, 200 pages, Marvel Comics, August 2002, ISBN 0-7851-0918-8)
  • Deadpool:
    • Volume 1: シークレット・インベージョン (collects Deadpool vol. 2 #1-5, 120 pages, Marvel Comics, hardcover, March 2009, ISBN 0-7851-3273-2, softcover, July 2009, ISBN 0-7851-3273-2)
    • Volume 2: Dark Reign (collects Deadpool vol. 2 #6-7 and 10-12, 112 pages, Marvel Comics, hardcover, September 2009, ISBN 0-7851-3980-X, softcover, December 2009, ISBN 0-7851-3274-0)
    • Dark Reign: Deadpool/Thunderbolts (collects Deadpool vol. 2 #8-9 and Thunderbolts #130-131, 96 pages, Marvel Comics, softcover, July 2009, ISBN 0-7851-4090-5)
    • Volume 3: X Marks the Spot (collects Deadpool vol. 2 #13-18, 144 pages, Marvel Comics, March 2010, hardcover, ISBN 0-7851-4311-4, softcover, ISBN 0-7851-4040-9)
    • Volume 4: Monkey Business (collects Deadpool vol. 2 #19-22, and Hit-Monkey One-Shot, 120 pages, Marvel Comics, hardcover, July 2010, ISBN 0-7851-4530-3, softcover, December 2010, ISBN 0-7851-4531-1)
    • Volume 5: What Happens in Vegas (collects Deadpool vol. 2 #23-26, 120 pages, Marvel Comics, hardcover, October 2010, ISBN 0-7851-4532-X, softcover, March 2011)
    • Volume 6: I Rule, You Suck (collects Deadpool vol. 2 #27-31, 120 pages, Marvel Comics, hardcover, March 2011, softcover, July 2011)
    • Volume 7: Space Oddity (collects Deadpool vol. 2 #32-35, 33.1, 120 pages, Marvel Comics, hardcover, June 2011, softcover, November 2011)
    • Volume 8: Operation Annihilation (collects Deadpool vol. 2 #36-39, and Deadpool vol. 2 #4, 112 pages, Marvel Comics, hardcover, October 2011, softcover, April 2012)
    • Volume 9: Institutionalized (collects Deadpool vol. 2 #40-44, 120 pages, Marvel Comics, hardcover, January 2012, softcover, June 2012)
    • Volume 10: Evil Deadpool (collects Deadpool vol. 2 #45-49, 49.1, 144 pages, Marvel Comics, hardcover, April 2012)
    • Volume 11: DEAD (collects Deadpool vol. 2 #50-63, 328 pages, Marvel Comics, hardcover, December 2012, ISBN 0-7851-6242-9)
  • Deadpool: Suicide Kings (collects Deadpool: Suicide Kings #1-5 and Deadpool: Games of Death, 152 pages, Marvel Comics, hardcover, October 2009, ISBN 0-7851-4172-3, premiere hardcover, February 2010, ISBN 0-7851-4041-7, softcover, April 2010, ISBN 0-7851-4041-7)
  • Deadpool: Merc With a Mouth, Volume 1 - Head Trip (collects Deadpool: Merc With a Mouth #1-13, 328 pages, premiere hardcover, October 2010, ISBN 0-7851-4534-6, softcover, March 2010, ISBN 0-7851-4407-2)
  • Deadpool Corps:
    • Deadpool Corps Prelude (collects Prelude to Deadpool Corps #1-5, 120 pages, Marvel Comics, premiere hardcover, July 2010, ISBN 0-7851-4752-7, softcover, January 2011)
    • Volume 1: Pool-pocalypse Now (collects Deadpool Corps #1-6, 168 pages, hardcover, October 2010, ISBN 0-7851-4824-8, softcover, April 2011)
    • Volume 2: You Say You Want A Revolution (collects Deadpool Corps #7-12, 144 pages, hardcover, May 2011, softcover, December 2011)
  • Deadpool Team-Up:
    • Volume 1: Good Buddies (collects Deadpool Team-Up #899-894, 144 pages, Marvel Comics, hardcover, August 2010, ISBN 0-7851-4528-1, softcover, December 2010, ISBN 0-7851-4529-X)
    • Volume 2: Special Relationship (collects Deadpool Team-Up #893-889, 192 pages, Marvel Comics, hardcover, December 2010, ISBN 0-7851-4711-X, softcover, June 2011)
    • Volume 3: BFF's (collects Deadpool Team-Up #888-883, Wolverine/Deadpool: The Decoy, 168 pages, Marvel Comics, hardcover, May 2011, softcover, November 2011)
  • Deadpool MAX:
    • Volume 1: Nutjob (collects Deadpool MAX #1-6, 144 pages, Marvel Comics, hardcover, June 2011, softcover, December 2011)
    • Volume 2: Involuntary Armegeddon (collects Deadpool MAX #7-12, 144 pages, Marvel Comics, hardcover, December 2011)
    • Volume 3: Second Cut (collects Deadpool MAX 2 #1-6 and Deadpool MAX X-Mas Special, 176 pages, Marvel Comics, hardcover, May 2012)
  • Deadpool: Wade Wilson's War (collects Wade Wilson's War #1-4, 104 pages, Marvel Comics, hardcover, December 2010, ISBN 0-7851-4585-0, softcover, June 2011)
  • Deadpool: Pulp (collects Deadpool: Pulp #1-4, 112 pages, Marvel Comics, hardcover, March 2011, softcover, August 2011)
  • Deadpool: The Dead-Head Redemption (collects Deadpool #900, #1000, Captain America: Who Won't Wield The Shield, and Marvel Digital Holiday Special: Merry Freakin' Christmas, 240 pages, Marvel Comics, softcover, June 2011)
  • Deadpool/Amazing Spider-Man/Hulk: Identity Wars (collects Amazing Spider-Man Annual #38, Deadpool Annual Vol. 2 #1, and Incredible Hulks Annual #1, 112 pages, Marvel Comics, hardcover, September 2011)
  • Deadpool: All in the Family (collects Deadpool Family, Cable (vol. 2) #25, and Deadpool and Cable #26, 112 pages, Marvel Comics, softcover, September 2011)
  • Fear Itself: Deadpool/Fearsome Four (collects Fear Itself: Deadpool #1-3, and Fear Itself: Fearsome Four #1-4, 168 pages, Marvel Comics, hardcover, February 2012)
  • Deadpool Kills the Marvel Universe (collects Deadpool Kills the Marvel Universe #1-4, 96 pages, Marvel Comics, softcover, November 2012)
  • Deadpool Killustrated (collects Deadpool Killustrated #1-4, 96 pages, Marvel Comics, softcover, July 2013)
  • Deadpool Kills Deadpool (Collects Deadpool Kills Deadpool #1-4, 96 pages, Marvel Comics, softcover, December 2013)
  • Night of the Living Deadpool (collects Night of the living Deadpool #1-4, 96 pages, Marvel Comics, softcover, June 2014)
  • Deadpool (Marvel Now!):
    • Volume 1: Dead Presidents (collects Deadpool (Marvel Now!) vol. 3 #1-6, 154 pages, Marvel Comics, softcover, May 2013)
    • Volume 2: Soul Hunter (collects Deadpool (Marvel Now!) vol. 3 #7-12, 137 pages, Marvel Comics, softcover, August 2013)
    • Volume 3:The Good, the Bad and the Ugly (collects Deadpool (Marvel Now!) vol. 3 #13-19, 160 pages, Marvel Comics, softcover, January 2014)
  • Deadpool vs. Carnage #1-4, (Started April 2014)

日本語版[編集]

2013年9月28日にShoPro Booksから、邦訳本『デッドプール:マーク・ウィズ・ア・マウス』が発売された。前日譚にあたるデッドプール:スーサイドキングスが2014年9月26日に発売予定である。

また、2013年12月20日にはヴィレッジブックスからデッドプール/パニシャー・キルズ・マーベルユニバースが発売された。この単行本には本編である『パニシャー・キルズ・マーベルユニバース』のほかに、パニッシャーではなくデッドプールがマーベルヒーローたちを皆殺しにしていく様子を描いた『デッドプール・キルズ・マーベルユニバース』が収録されている。

他メディアへの出演[編集]

映画[編集]

ウェィド=デッドプールとして登場。ライアン・レイノルズが演じた。デッドプールの改造を受ける前のウェィドはコミックに近かったが、デッドプールは別物だった。あまりに不評だったためコミック版のデッドプールが映画版のデッドプールを惨殺するファンアートまで作られた。

アニメ作品[編集]

  • "Hulk Vs. Wolverine"

ウルヴァリンの行く手を阻む存在として、セイバートゥースとレディ・デスストライクとオメガレッドとともに登場。原語版担当者はノーラン・ノース[8][9]。なお、ノースはこの作品の後もいくつかの作品でデッドプールの声を当てている。

第2シーズン第41話『アルティメット・デッドプール』にて、スパイダーマンが入る前にS.H.I.E.L.D.の若手ヒーローチームに所属していた人物として登場。原語版担当者はウィル・フリードル[10]

ゲーム[編集]

プレイヤーキャラの一人として登場。声は"Hulk Vs. Wolverine"から続投する形でノーラン・ノースが当てた。昇龍拳を使う、ライフバーなどで殴るといった多彩な技が特徴で[11]、画面の前にいるプレイヤーに対して話しかけるといった第4の壁を破壊する演出も存在する。そのクレイジーな性格からデビルメイクライの主人公であるダンテと比較されることが多い[12]

主人公として登場。原語版担当者はノーラン・ノース[13]。発売前の2012年にサンディエゴ・コミコンで開かれた制作発表にデッドプールが乱入してくる演出が話題となった[14]

評価[編集]

デッド―プールは エンパイアの『偉大な漫画のキャラクター50』の45位[15]IGNのコミック・ブック・ヒーローズTOP100の31位にそれぞれランクインしている[16]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Cable & Deadpool #36 (2007年4月)
  2. ^ Classic Marvel Figurine Collection" #56
  3. ^ Cable & Deadpool #9
  4. ^ Cable & Deadpool #44
  5. ^ Deadpool(vol.2)#61~64" #56
  6. ^ Cable & Deadpool #15~18
  7. ^ Cable & Deadpool #38
  8. ^ Deadpool Bugle Exclusive: First Look at Deadpool In Hulk vs. Wolverine”. Deadpoolbugle.com (2008年9月3日). 2010年8月21日閲覧。
  9. ^ Mel Valentin (2009年1月28日). “Movie Review - Hulk Vs.”. efilmcritic.com. 2010年9月8日閲覧。
  10. ^ Deadpool to Be in Ultimate Spider-Man Cartoon on 7/7/2013. Deadpool Bugle (2013-06-28). Retrieved on 2013-07-24.
  11. ^ Updated: New Marvel vs. Capcom 3 characters shown : News”. EventHubs.com. 2010年8月21日閲覧。
  12. ^ jgonzo > Manage Blog. Capcom-unity.com. Retrieved on 2013-07-24.
  13. ^ Posted Jul 14, 2012 10:25 pm (2012年7月14日). “Comic-Con: Deadpool Video Game Announced, Trailer; High Moon Studios is bringing you the Merc with a Mouth.”. IGN.com. 2012年7月14日閲覧。
  14. ^ アメコミ・ヒーロー「デッドプール」がコミコン会場に登場!”. Kotaku (2012年10月18日). 2014年8月21日閲覧。
  15. ^ The 50 Greatest Comic Book Characters”. |Empire. 2014年3月16日閲覧。
  16. ^ Deadpool - #31”. Top Comic Book Heroes. IGN. 2014年3月16日閲覧。

外部リンク[編集]