仮面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仮面をかぶったカーニバルの参加者

仮面(かめん)もしくはマスク: mask)とは、人体のうちの一部または全体に被るもの、または覆うものを指す。部まで覆うものを含めることもある。

日本語における「仮面」とは、顔を隠し正体を分からなくするために用いられる(覆面)、あるいは儀式や演劇祭礼などの時に役になりきるために使われるなど、ペルソナに関わる用具としての意味合いに特化しており、本項でもそれらについて記述する。

一方、などを中心に衛生・防護目的で覆う実務的なものについては日本語の「仮面」の範疇には含まれず、専ら外来語で「マスク」と呼ばれる。

仮面の意義[編集]

日本古来の仮面
ヴェネツィア本島で売られているカーニバル用の仮面。ヴェネツィアのカーニバル仮面舞踏会に大きな影響を与えた
的屋で売られるお面

顔を覆って隠すことはさまざまな意味合いがある。他人からはわからないということのみならず、装着するマスクがかたどっている精霊動物(実在架空を問わず)等そのものに人格が変化する(神格が宿る)とも信じられ、古くから宗教的儀式・儀礼またはそれにおける舞踏、あるいは演劇などにおいて用いられてきた。こうした性格のものは、日本においては一般的にはマスクといわれず、仮面と称されることが多い。

そうした仮面舞踏(儀礼)は、紀元前4000年ごろにすでに行われていたという。これは当時に描かれたアフリカの壁画から推測されている。日本における最古の仮面は縄文時代の土面であるという。

いっぽう、顔を隠すという意味合いが強いマスクは、日本においては一般に覆面と呼ばれ、「覆面強盗」や「覆面レスラー」などのように用いられる(なお、上記の衛生マスクと同様に、神事・仏事、または貴人への配膳の際に口を覆って息がかからないようにするためのものも覆面と呼ぶ。一般に和紙などによって作られる)。

しかしながら、中世ヨーロッパにおいておこった仮面舞踏会(マスカレード)での「仮面」は、上記の宗教的儀式のように仮の何者かになりきるわけではなく、顔を隠すという意味合いが強い。よって、布などのやわらかい素材で顔を隠す(顔を覆う)マスクを覆面といい、硬質の素材で作られたマスクを仮面と呼ぶような用法が日本では一般的とみられる(これは物品に対するものであり、言語そのものに関することは国語辞典などを参照されたい)。

日本における伝統芸能である(能楽)などに用いる仮面(能面)等は、わざわざ仮面とは称さず、単にと呼ぶ(専門的には「おもて」と呼ぶ)。そうした面のていねい語(幼児語[要検証 ])がお面であり、現在でも祭礼などの際に大道で的屋が子供向けにさまざまなキャラクター物を販売している。

このように、面・仮面・覆面などはすべてマスクではあるが、日本においては用法に微妙な差がある。

仮装用マスク[編集]

政治家のマスクをかぶって集会に出かける人々(2008年米共和党大会)
覆面レスラー(オスカー・グティエレス

以下に、こうした演劇・芸能等に用いられるものではない仮装用マスクの実例などを述べる。

  • いわゆるパーティーグッズとしての仮装用マスク(変装マスク)はゴム(軟質プラスチック)製で、動物や架空または実在の人物の顔を模して作られたものが多い。頭全体を覆う(頭からかぶる)タイプでは、目・鼻・口などの部分に穴が開いている。種類としては狼男フランケンシュタインが人気があるという。また、政治政治家を批判するPR活動のときに、その政治家の顔を模したマスクが用いられることがある。これらのマスクで著名なのは米国ドンポスト社や日本のオガワゴム製のものである。ドンポスト社では政治家や前述のフランケンシュタインなどのユニバーサル映画のモンスターやスター・ウォーズ・シリーズなどのキャラクターマスクを商品化していた。また、これらは頭からかぶるため「かぶりもの」とも俗称される。言葉のニュアンスとしては仮面とも覆面とも言いがたく、仮装用マスクとしか言いようがない。ゴム製のものも多くラバーマスクとも呼ぶ。
  • 目など顔の上半分のみを覆うアイマスク(ドミノマスク。いわゆる女王様マスクである)も仮装用として使われることがある。蝶を模した形状のものはバタフライマスクと呼ばれる。これらは仮装とはいっても、現在ではSMなどの特殊行為の際に用いられることが多い。こうした雰囲気が、パーティーグッズとして用いた際にも、微妙なおもしろさをかもし出す。もともとはヴェネツィアが発祥といわれる仮面舞踏会の際に用いられるなどし、身分や素性を問わず男女が交遊できたという背徳的な雰囲気から上記特殊行為の際に用いられるようになったと推測される。こうしたマスクはヴェネツィアマスクとも呼ばれる。なお仮面舞踏会においては、こうしたアイマスク以外にも、顔全体を覆い隠すマスク(仮面)も用いられた。
  • ジョークグッズのひとつとして、鼻の下にヒゲをつけ、それをメガネと組み合わせたものも鼻マスクと呼ばれているが、医療用の鼻マスクとは異なる。ひげメガネ、鼻メガネともいう。
  • 江戸時代の日本において、大道芸や商品の宣伝販売を行う際に「百眼(ひゃくまなこ)」と呼ばれるアイマスクが用いられたことがある。長方形の紙に眉毛などを描き、目の瞳部分のみをくりぬいたもので、その表情のおかしさから人気を呼び、のちに当時の先進的な演劇であった歌舞伎にも取り入れられた。これも一種の仮装用のマスクである。

アフリカの仮面[編集]

アフリカ大陸では、それぞれの地域に住む部族が、祭祀のために、それぞれ独特の仮面を作ってきている。これらの仮面は、大陸の各国が離合集散を繰り返してきていても、しばしば国境線を超えて、以前からの部族社会が各地で生き残っていて、独特の仮面を維持している。その多くは美術的にも高く評価されている。

しかし、これらアフリカの仮面については、ヨーロッパ(とくにフランスや英国)や米国(たとえばアイオワ大学)[1]で研究や紹介が行われている[2]ものの、日本では、ほとんど紹介されていない[3][4][5]

デスマスク・ライフマスク[編集]

デスマスクライフマスクの項を参照のこと。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.uiowa.edu/~africart/
  2. ^ http://www.zyama.com/index.htm
  3. ^ 『青淵(せいえん)』 (渋沢栄一記念財団)、2007年12月号 (705号)
  4. ^ 『青淵』(渋沢青淵記念財団)、2005年5月号
  5. ^ http://shima3.fc2web.com/african-masks.htm

関連項目[編集]

ポーランドの野外演劇での仮面

外部リンク[編集]