ダーティハリー5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダーティハリー5
The Dead Pool
監督 バディ・ヴァン・ホーン
脚本 スティーヴ・シャロン
製作 デヴィッド・ヴァルデス
音楽 ラロ・シフリン
撮影 ジャック・N・グリーン
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年7月13日
日本の旗 1988年9月23日
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $37,903,295[1]
前作 ダーティハリー4
テンプレートを表示

ダーティハリー5』(原題:The Dead Pool)は、1988年に公開されたアメリカ映画。監督はバディ・ヴァン・ホーン

ストーリー[編集]

前作から5年。再び.44マグナム・S&W M29を手に、ハリーはサンフランシスコで起こる死亡予想ゲーム“デッドプール”を元に展開する連続殺人事件に挑む。

登場人物[編集]

ハリー・キャラハン
ピーター・スワン
ホラー映画の監督。劇中では『HOTEL SATAN(吹替えでは悪魔ホテル)』の撮影を任されており、人気ロックスターのジョニー・スクエアーズをキャスティングしている。そのジョニーが撮影中に死亡したためにハリーと関わる。有名人の死亡賭博『デッドプール』にハリーの名前を記したりと、かなり悪趣味。一連の連続殺人の容疑者にされそうになる。
アル・クワン
ハリーの相棒。中国系で元チャイナタウンの不良。クンフーを使いこなす。爆弾を搭載したおもちゃのラジコンカーに襲撃され重傷を負うが、ハリーの忠告で着用していた防弾チョッキによって一命をとりとめる。これは祖父の「相棒の忠告を聞きなさい」という助言を受け入れた結果であった。
サマンサ・ウォーカー
以前からハリーの捜査方法に興味を持っていたレポーター。序盤では被害者の関係者に対する過剰な取材をおこない激怒したハリーにテレビカメラを壊される羽目になるなど嫌悪な関係であったが、後に親しくなり共に事件の真相を追う。終盤、ピーター・スワンを装った真犯人(ルック)の罠に誘い込まれ捕らえられる。
ドネリー
前作からの続投で市警殺人課の警部補から警部に昇格している。吹き替えでは部長と呼ばれている。
アッカーマン
ハリーより年下の上司で、階級は警部補。直属の上司ではなく広報担当といった、別部署の警官として描写されている。吹替え版ではハリーを「お前」呼ばわりしている。ジェネロの逮捕により一躍ときの人となったハリーをサンフランシスコ市警察のイメージアップのため広報部勤務を提案するが、乗り気でないハリーに『尻の穴のような案』と袖にされてしまう。
ハーラン・ルック
総合失調症を患っている。映画業界関係者の間でおこなわれていたゲーム「死亡予想(Dead Pool)」を現実化する形で殺人を進め、ついにハリーをも手に掛けようとする。最後は捕鯨砲で撃たれる。殺人の際に主に使用したのが使用したのが爆弾を搭載した黒のシボレー・コルベットCS3型のラジコンカー。
ルー・ジェネロ
市内を縄張りとするギャングのボス。裏切った側近を殺害した容疑で、ハリーによって逮捕され服役している。刑務所内から報復のためハリー抹殺の指示を出していたが、ハリーの奸計によって逆に護衛を命じる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
TBS
ハリー・キャラハン クリント・イーストウッド 山田康雄
サマンサ・ウォーカー パトリシア・クラークソン 弥永和子
ピーター・スワン リーアム・ニーソン 納谷六朗
アル・クアン エヴァン・C・キム 石丸博也
ハーラン・ルーク デヴィッド・ハント 大滝進矢
ジョニー・スクエアーズ ジム・キャリー 島田敏
ドネリー部長 マイケル・カリー 大木民夫
アッカーマン警部補 マイケル・グッドウィン 谷口節
ジェネロ アンソニー・チャルノータ 筈見純
その他の声の出演:池田勝峰恵研西村知道広瀬正志秋元千賀子大塚明夫小野健一安永沙都子亀井芳子
演出:伊達康将、翻訳:平田勝茂、調整:荒井孝、効果:リレーション、制作:東北新社

※ノーカット。 ソフトにもノーカット版が収録され、この作品のみWOWOWの追録がされていない。

注釈[編集]

外部リンク[編集]