リベリオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リベリオン
Equilibrium
監督 カート・ウィマー
脚本 カート・ウィマー
製作 ヤン・デ・ボン
ルーカス・フォスター
製作総指揮 アンドリュー・ローナ
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
出演者 クリスチャン・ベール
音楽 クラウス・バデルト
撮影 ディオン・ビーブ
編集 トム・ロルフ
ウィリアム・イェー
配給 アメリカ合衆国の旗 ディメンション・フィルムズ
日本の旗 アミューズピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年12月6日
日本の旗 2003年3月29日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2000万ドル
興行収入 $5,359,645 [1]
テンプレートを表示

リベリオン』(原題: Equilibrium)は、2002年公開の近未来SFガンアクション映画。カート・ウィマー監督。本国でのビデオ・DVDの宣伝コピーは「Forget “The Matrix”!」(『マトリックス』を超えた!)。

日本での劇場公開は2003年3月29日。また、リリースされている日本語版の各種ビデオ作品のタイトルは、『リベリオン ―反逆者―』となっている。劇場公開当時は積極的な宣伝がされず、1ヵ月ほどで打ち切りになった。その後クチコミで評価されるようになり人気を得るようになった。主演のクリスチャン・ベールはそれまでアクション映画には出演していなかったが、この作品以降は『バットマン ビギンズ』、『ダークナイト』、『ターミネーター4』等のアクション映画への出演が多くなった。

概要[編集]

本作品には代名詞とも言える「ガン=カタ」という、二挺拳銃を用いる架空の戦闘術が登場する。これは東洋武術と科学的な発想が融合している[2]という設定で、「何故か主人公だけ悪役の弾が当たらない」という事象に対する説明と、弾を装填するたびに物陰に隠れていた従来のガン・アクションに対する、アンチテーゼ的な意味合いを兼ね備えている。このカンフーのようにスピード感のある「ガン=カタ」がソフト化以降にクチコミで話題となった。

一方でステレオタイプな世界設定[3]や、細かい演出ミスが指摘されている。

作品のテーマは「無感覚」と「検閲」について[4]である。

タイトル[編集]

原題の Equilibrium は「均衡・落ち着き」、邦題の Rebellion (リベリオン)は「反逆・謀反」を意味し、それぞれ正反対の視点から映画内容を表現している。なお製作時の仮題は Librium であったが、同じ名称の抗不安薬を製造している製薬会社からクレームがついたため、今のタイトルに変更になっている。

予算[編集]

最初から低予算での制作だったため、コメンタリーでは予算を抑える工夫に何度も言及されており、冒頭での戦争をイメージさせる映像や、監督自ら行った「ガン=カタ」の演武、兵士が装着しているヘルメット[5]も予算を抑えるための工夫の結果だという。

アクロバティックな「ガン=カタ」も、費用がかさむワイヤーはあまり使われておらず、CG処理も背景以外は画像補正程度にとどまっている。

美術[編集]

プレストンらが乗っていたクラリック専用車のベースは、キャデラック・STSセビルで、時代設定にしては旧式を使用している。また、感情が規制された世界を印象づけるためか外装だけでなく、メーターやデッキ類を排除しその上まで白色で塗装されている。この車に関しては、最初の登場からインチアップされたアルミホイールを履いていたが、一度だけ純正のノーマルホイールとタイヤを履いたシーンが映っていた[6]

主人公が使用する拳銃「クラリック・ガン」は多数の機能を持つという設定から、シーン毎に違ったプロップが制作されている。このため同じ場面でも、アングルによっては銃に違いが確認できる。また「クラリック・ガン」以外の銃器は、撮影された時点で現用の銃器[7]がそのまま使用されたり、クラリック専用車以外は普通のパトカー[8]をほぼ無改造で出すなど、SF的なガジェットは全体的に少ない。頻繁に登場する大型放水車も、マン社が空港向けに開発した消防車をレンタルしたものである。また登場する銃器もドイツ製が多い。

主なロケ地はドイツ国内で、ベルリン・オリンピアシュタディオンや工事中の地下鉄駅などが撮影に使われ、台詞がほとんど無い役やモブは地元のエキストラを中心に起用している。またクラリック専用車のベースもドイツで調達した中古車である。

ミス・エラー[編集]

プレストンがモルグ(遺体安置所)でパートリッジの遺体と対面するシーンでは、死亡しているはずのパートリッジが呼吸をしている様子が確認できる。また、クライマックスでのプレストンの襟の血糊跡など、細かい演出設定のミスが散見される。

日本語版DVDでは、ガン=カタを説明する台詞の翻訳に誤訳が残っている。

ストーリー[編集]

第三次世界大戦後に出現した都市国家リブリア。そこは、テトラグラマトン党の党首ファーザーが君臨し、二度と戦争が起らないように感情を持つことを禁じられた社会だった。

リブリアでは音楽や文学書籍、絵画や映像など、心を揺り動かす「感情的なコンテンツ」は全て「EC-10[9]」として禁止され、人々は「イクイリブリウム」という政府機関が生産・配給する感情抑制薬であるプロジアムの服用を義務付けられていた。党の方針に逆らい、薬の服用を拒んで「EC-10」を所有している人間は「感情違反者」として、「ガン=カタ」と呼ばれる戦闘術を極めた特殊捜査官「グラマトン・クラリック」が摘発・処刑していた。

中でも有数の実力者である、第1級クラリックのジョン・プレストンクリスチャン・ベール)は、妻が感情違反で処刑された後、息子のロビー、娘のリサと3人で暮らしているが、ロビーはクラリック候補生であり、プレストンにとっては自宅さえも監視しあう空間だった。

プレストンは、同僚のパートリッジが、「違反者」だったことを知り、彼を射殺するが、その一件から彼の心は揺らぎ始める。そんな中、カプセルを誤って割ってしまった彼は、プロジアムを服用しないまま、新たな同僚ブラントとともに仕事に出ることになった。彼は、そこで逮捕された「違反者」の女性であるメアリー・オブライエンの尋問中、逆に動揺させられてしまう。彼女の姿にプレストンは、かつて感情に関する罪で処刑された妻を思い出し始めた。そして鎮圧に出動した廃墟で、反乱者によって収集されていた品々や音楽に触れ、さらに朝焼けの摩天楼を見たことから感情を呼び覚ましてしまった彼は、プロジアムの服用を積極的に止め、社会に対する疑念を深めていく。

やがて郊外の廃墟で摘発中に「EC-10」となりうる仔犬の処刑を阻み、密かに保護した彼だったが、巡回していた警官に犬を発見され射殺されそうになったため、その警官たちを殺害してしまう。その上、メアリーが処刑されたことに対して激しく感情を動かされたプレストンは、政府から疑われる事態に陥った。予め仕込んでいた計略を使い何とか難を逃れたプレストンは、政府の教えよりも父を選んだロビーにも助けられ、メアリーの処刑前にコンタクトを取っていたユルゲン率いる地下組織と共謀し、ファーザーを倒すため、ユルゲンたちを囮とする作戦に乗る。ユルゲンたちはプレストンに捕まったという形で、当局に身柄を拘束され、プレストンはその功績によりファーザーに特別に謁見を許されることになった。

しかし、検査という名目で連れて行かれた部屋で彼は驚くべき事実を知らされることになる。ファーザーは実際には何年も前に死んでおり、既にモニター上の存在でしかなかった。プレストンはファーザーに代わる影の最高権力者[10]、テトラグラマトン党の第3評議会副総裁デュポン[11]とブラントによって、謀られていたのだった。一時は衝撃を受け動揺するも、怒りの反撃に出たプレストンは待ち構えていた警備兵を全て撃ち倒し、デュポンとブラントがいる謁見の間に辿り着くが、そこではさらにデュポンの親衛隊が待ち伏せていた。

プレストンはガン=カタ使いの本領を発揮して親衛隊と同じくガン=カタ使いのブラントを倒す。そしてデュポンと一対一で対峙しガン=カタによる激しい攻防戦の末、デュポンを倒す。打ち合わせどおりに反乱者と民衆が蜂起し、社会が変わろうとしている光景を見て、プレストンは微笑むのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジョン・プレストン/クラリック クリスチャン・ベール 小山力也
メアリー・オブライエン エミリー・ワトソン 田中敦子
アンドリュー・ブラント/クラリック テイ・ディグス 楠大典
副総裁デュポン アンガス・マクファーデン 山路和弘
エロール・パートリッジ ショーン・ビーン 田中正彦
ユルゲン ウィリアム・フィクナー 菅原正志
ファーザー ショーン・パートウィー 小川真司
ファーザーの代理人 デヴィッド・ヘミングス
ロビー・プレストン マシュー・ハーバー 浅井清己
リサ・プレストン エミリー・ジーベルト
ビビアナ・プレストン アレクサ・サマー 重松朋
プレストンの妻 マリア・ピア・カルツォネ
シーマス ドミニク・パーセル 松井範雄
オフィサー クリスチャン・カーマン
その他日本語吹き替え
根本泰彦土方優人下山吉光安井邦彦永井誠石本竜介長克巳志村知幸船木真人

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:カート・ウィマー
  • 製作:ヤン・デ・ボン、ルーカス・フォスター
  • 撮影:ディオン・ビーブ
  • 編集:トム・ロルフ、ウィリアム・イェー
  • 音楽:クラウス・バデルト
  • 共同製作:スー・バーデン=パウエル
  • 製作補:ニノン・タンテット
  • プロダクションデザイン:ウルフ・クルーガー
  • 衣装デザイン:ジョセフ・ポロ
  • 視覚効果スーパーバイザー:ティム・マクガバン
  • 特殊効果スーパーバイザー:ユーリ・ネフゼル
  • スタントコーディネート/格闘シーン演出:ジム・ヴィッカース
  • スタントコーディネート助手:マイク・スミス、ブラッド・ボビー

脚注[編集]

  1. ^ Equilibrium”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年12月19日閲覧。
  2. ^ 実際にはフェンシングの剣捌きに近い。
  3. ^ 大まかなストーリーは書物が禁止された未来を舞台に、体制側の主人公が社会に疑問を持ち反抗していく『華氏451度』との類似点が多く、コメンタリーでは監督も影響を認めている
  4. ^ DVDのコメンタリーより
  5. ^ シールドがスモーク処理されているため、手の空いたスタッフなどが一人複数役を担当している。
  6. ^ パートリッジ亡き後のブラントが、プレストンを迎えにくるシーン
  7. ^ 一応配慮したのか、多く登場するリベリア政府関係者の銃は、それなりに「近未来的」な外観をもつH&K G36
  8. ^ 序盤に登場するのは、ダッジが北米向けに販売していた中型セダンダッジ・スピリット
  9. ^ これは映画協会年齢制限を皮肉って命名したという
  10. ^ 劇中ではデュポン自らファーザーの死の間際に、権力を自分に委譲したと説明している
  11. ^ コメンタリーの字幕では「デュポン」となっている

外部リンク[編集]