スタン・リー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタン・リー
Stan Lee
Stantheman.jpg
誕生 スタンリー・マーティン・リーバー
Stanley Martin Lieber
1922年12月28日(91歳)
アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク州ニューヨーク市
職業 マーベル・コミック編集委員
マーベル・メディア名誉会長
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1939年 -
ジャンル 漫画原作
代表作 アメイジング・スパイダーマン
ファンタスティック・フォー
X-メン
アイアンマン
ハルク
マイティ・ソー
デアデビル
ドクター・ストレンジ
アベンジャーズ
主な受賞歴 ジュール・ヴェルヌ映画祭生涯功労賞
2007年
親族 マーティン・グッドマン叔父
ラリー・リーバー
テンプレートを表示

スタン・リーStan Lee1922年12月28日 - )は、アメリカン・コミックス漫画原作者。本名はスタンリー・マーティン・リーバーStanley Martin Lieber)。マーベル・コミック編集委員、マーベル・メディア名誉会長

マーベル・コミック発行責任者などを歴任した。

概要[編集]

1960年代にマーベル・コミックで『スパイダーマン』、『X-メン』などのスーパーヒーローコミックの原作を手がけ、業界に変革をもたらした。現在はマーベル・コミックの編集委員、マーベル・メディアの名誉会長を務め、マーベル・コミックの実写映画版の製作総指揮などを務めている[1]

来歴[編集]

1922年、マンハッタンのウェストエンド街でルーマニア系ユダヤ人の家庭に生まれる。少年時代はジャンルを問わず多数の映画読書を嗜んだ[2]。文章を書くのが好きで1937年にはニューヨーク・ヘラルド・トリビューン紙の作文コンテストに応募し、佳作に2度選ばれている[3]。また役者を志し、演劇学校に通っていたのもこの時期である[4]

1939年、タイムリー・コミックス(後のマーベルコミック)に入社[2]。社長のマーティン・グッドマン(叔父)に編集助手を任されるが、すぐにコミックの原作にも携わるようになる。当時人気だった『キャプテン・アメリカ』は戦前から戦後にかけて脚本を担当している[5][1]

1942年、兵役で3年間アメリカ陸軍通信隊に所属。軍部に(当時はまだ無名だったが)コミックライターと知られると教育用映画の脚本部[6]に回され、訓練用マニュアル、時事漫画、ポスターを作った[1]除隊後、同僚のジョー・サイモンなどがDCコミックに引き抜かれる中、社長に「代わりが見つかるまで編集をやって欲しい」と頼まれ[5]、グッドマンが指揮するビジネス戦略の元、当時の流行に合わせて西部劇、SF、戦争物、メロドラマなど、多種多様な作品を量産していった[1]

1961年、50年代に出した怪奇・ホラー・SFコミックが不振であったことから方向転換を決意し、倒産を覚悟でスーパーヒーローのコミックに限りなく現実的要素をつぎ込んだ『ファンタスティック・フォー』を創刊[7]。これが人気を博し、以降の数年間でマーベルコミックの代表作となる幾多のスーパーヒーローコミックをアーティストのジャック・カービースティーブ・ディッコなどと共に矢継ぎ早に出していく。スタンは「フィクションに現実世界を導入させる」という試みの元に、舞台を現実の都市としヒーローなのに生活に困窮する様子を描くなど、それまでのコミック[8]とは逆の視点で描き出していく[9]。また、それまでは画一的であった登場人物の台詞や言葉使いを各人物の性格や特徴に合わせたもの[10]へと変更することで、物語にも弾みが出るようになり、リアリティ溢れる描写はアメリカン・コミックス全体に大きな変革をもたらした[11]。これまで堅苦しい言葉で綴られていた編集後記は砕けた文法に改め、親しみやすい雰囲気を作り、読者との間に出来ていた垣根を取り払った。編集後記の締めに使われる「エクセルシオール!」[12]は彼の代名詞となった[1]。今では当たり前となった作家陣のクレジット表記もスタンの発案により取り入れられた[1]

1962年、『ハルク』、『ソー』の原作を手がける。

1963年、『アイアンマン』、『ドクター・ストレンジ』、『スパイダーマン』、『X-メン』、『アベンジャーズ』の原作を手がける。

1964年、『デアデビル』の原作を手がける。10年間休載していた『キャプテン・アメリカ』を復活させる。

1968年、『ファンタスティック・フォー』の登場人物である『シルバー・サーファー』を単独シリーズ化し、その原作を手がける。これらの作品群の脚本をある程度手がけた後に、脚本業は後続のロイ・トーマスなどに任せ第一線を離れた[1]。出版業に従事するようになり、スポークスマンとして各地でマーベルコミックの宣伝を精力的に行うようになる。

1972年、マーベル・コミックの発行責任者(社長)となるが、主な仕事である財務会議に馴染めず、他に適役がいると判断し、すぐさま辞退した[1]

1977年、弟ラリー・リーバーと共に『スパイダーマン』の新聞連載を開始する。このコミックは各国の500紙以上の新聞に掲載され、最も成功を収めたアクション・コミックとして認知されている[1]

1981年、テレビアニメ『スパイダーマン&アメイジング・フレンズ』と『ハルク』の制作総指揮を手がける[1]

1986年、マーベル・コミックとマーベル・プロダクションがニュー・ワールド・エンターテインメントに買収されたことが契機となり、以前から興味のあった映画やテレビなどの映像分野に活躍の場を移した[1]

1992年、テレビアニメ『X-メン』の製作総指揮をする。

1994年、テレビアニメ『スパイダーマン』の製作総指揮をする。

1996年、テレビアニメ『超人ハルク』の製作総指揮をする。

1999年、ヒーローコミックをアニメ配信する「スタン・リー・メディア」を立ち上げるが、企画者が南米に資金を持ち逃げし詐欺にあう[13]

2001年、DCコミックで『スーパーマン』をはじめとするさまざまなコミックをミニシリーズ[14]としてリメイクした[1]

2002年、映画『スパイダーマン』の収益配分が支払われないことに不満を感じ、1000万ドルを求めてマーベル・コミックを提訴。2005年に和解(事実上の勝訴)となり、スポークスマンとして週15時間以内の宣伝活動を行う代わりに、あらゆる面で厚遇する旨の契約が執り行われた[15][16]

2007年、ジュール・ヴェルヌ映画祭で生涯功労賞を受賞[17]

2011年、これまでの功績が認められ、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの2428番目の殿堂入りを果たす[18](この時点のアメリカ映画の歴代興行収入100位のうち、7つの作品がスタンの原作によるものである[19])。

人物[編集]

編集後記では自らをスマイリースタンと称しており[1]、インタビューの最中には常に笑顔で接し、ユーモアを交えた巧みな話術を展開する[20]。アニメ『スパイダーマン』(81年版)のナレーターを自ら担当したり、映画にカメオ出演をするなど目立ちたがりな面がある[1]。ジョン・ジョナ・ジェイムソン[21]のことを「短気で馬鹿で自分を過大評価している。まるで他人から見た私だ」と自らの性格を投影させている。映画『スパイダーマン』の制作では自らジェイムソン役を名乗り出たが老けすぎていると却下された[1]

手がけたキャラクターの中ではシルバー・サーファーに強い思い入れがあり[22]、女性向けのロマンス・コミックスを手がけることを好む[23]。物忘れが激しいため、キャラクターの名前のイニシャルをピーター・パーカー (Peter Parker) のように同じにすることが多いが、『アイアンマン』のトニー・スタークなど例外も存在する[1]

「自分の仕事は所詮雇われ仕事に過ぎない」と自分が原作したコミックの著作権が全て会社に帰属することが圧倒的に多いアメリカン・コミックスの現状を皮肉る一方で、マーベルコミックで原作を手がけたコミックの扉頁には「スタン・リー・プレゼンツ」と長年に渡って表記されるなど格別の扱いを受けている[24]

マーヴル・メソッド[編集]

一時期、マーベルコミックのライターはスタンほぼ一人しかおらず、50年代には多いときで月に82本のコミックの脚本を担当していたこともあった[25]。そうした状況から偶然生み出されたのが「マーヴル・メソッド」である[1]。スタンはアーティスト達に仕事を滞りなく与えるため、まず物語のプロットだけを渡し、作画が出来上がった状態で具体的な台詞を入れていった[26]。最初は苦肉の策に過ぎなかったが、出来上がってみると以前よりも作品の質はあがり、この手法を導入してからコミックの売り上げも上昇した。その後もアーティストと脚本家間で物語をフィードバックする目的で用いられ、1970年代にDCコミックスにもマーヴル・メソッドは取り入れられることとなった[27]

評価[編集]

第41代アメリカ大統領のジョージ・H・W・ブッシュは「彼の作品は若者達の創造性を伸ばすことに大いに貢献した」と評している[1]

映画監督スティーヴン・スピルバーグは「彼と私の創っているものは同じ。ただ私の絵が動くだけ」と明言している[1]

DCコミックの発行責任者だったポール・レビッツは「同年代のライターにとって手本となる存在。その功績は大きい」と評している[1]

翻訳家の光岡三ツ子は「創作の才能と意欲に溢れ、最良のコミックを作るためなら、どんな労力も惜しまずそれを周りにも要求する人物」とし、その仕事ぶりについてはジャック・カービーとの不仲を指して「押しが強くアイディアを人に伝えるのは上手いが、その分周りを省みない」と評している[28]

作品[編集]

原作[編集]

脚本[編集]

  • キャプテン・アメリカ(100-141号の脚本)
  • ホワット・イフ(200号の脚本)

製作総指揮[編集]

実写映画・アニメ化された際に製作総指揮を務めた作品。

※印の作品にはカメオ出演

その他[編集]

出演[編集]

劇場映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

  • Pryde of the X-Men(1989年、テレビアニメ) - ナレーター(本人役)
  • スパイダーマン(2000年、ゲーム) - ナレーター
  • ザ・シンプソンズ(2002年、テレビアニメ) - 本人役
  • SPIDER-MAN2 ENTER:ELECTRO(2002年、ゲーム) - ナレーター
  • コミックブック・ザ・ムービー(2004年、オリジナルビデオ) - 本人役
  • Robot Chicken(2007年、テレビアニメ) - 本人役、映画のナレーション
  • Spider-Man: Shattered Dimensions(2010年、ゲーム)
  • The Amazing Spider-Man(2012年、ゲーム) - ナレーター

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t DVD『スパイダーマン 誕生の秘密 -スタン・リーの世界』(2002年、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)。
  2. ^ a b 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)154頁。
  3. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)171頁。
  4. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)178頁。
  5. ^ a b 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)161頁。
  6. ^ 同部にはウィリアム・サローヤンフランク・キャプラもいた。
  7. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)158、159頁。
  8. ^ 例えばバットマンは、その正体は大企業の御曹司であり、舞台はニューヨークを元にしているが架空都市のゴッサムシティである。
  9. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)157、158頁。
  10. ^ 例えば、シルバー・サーファーは宇宙人であるため、その英語は完璧ではない。雷神であるソーは、ウィリアム・シェイクスピア神話を組み合わせた威厳のある口調で喋るなど。
  11. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)160、178頁。
  12. ^ 英語で梱包用の木屑のこと。第二の意味で「向上せよ」を意味し、ニューヨークの公式標語にもなっている。
  13. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)160、178頁。
  14. ^ 数冊で完結する短編のこと。今回の場合は1年間の連載、全12巻で完結するものが多かった。
  15. ^ CBSのテレビ番組「60ミニッツ」に出演したスタンは「何千万ドルも転がりこんでくる」と話している。
  16. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)229、230頁。
  17. ^ AFPBBニュース「ジュール・ヴェルヌ映画祭」アメコミの巨匠スタン・リーが生涯功労賞受賞2007年12月16日。
  18. ^ サンスポ.com - 「スパイダーマン」の原作者が殿堂入り!2011年1月5日。
  19. ^ アメーバニュース - アメコミ・ヒーローの父 スタン・リー氏、ウォーク・オブ・フェイム入り!2011年1月12日。
  20. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)165、166頁。
  21. ^ 『スパイダーマン』に登場する新聞社デイリービューグルの編集長。悪人ではないが、正体を明かさないスパイダーマンを怪しみ、社をあげてバッシングを続ける厄介な人物。
  22. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)192頁。
  23. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)162、168頁。
  24. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)186頁。
  25. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)162、187頁。
  26. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)187頁。
  27. ^ 小野耕世著『アメリカン・コミックス大全』(2005年、晶文社)188頁。
  28. ^ コラム「『アメリカンコミックス スーパーヒーロー クロニクル』を掘り下げる」 第3回
  29. ^ a b c d e f g h i j k Jethro Nededog (2014年2月4日). “Stan Lee Reveals More Details on ‘Agents of SHIELD’ Cameo”. The Wrap. 2014年3月26日閲覧。
  30. ^ a b c Andrea Towers (2014年2月4日). “Stan Lee previews his 'Agents of SHIELD' guest stint”. EW.com. 2014年3月26日閲覧。
  31. ^ a b c d e f g h i j Terri Schwartz (2014年2月4日). “Stan Lee appears on 'Agents of SHIELD': 'It's a big moment for me'”. Zap2it. 2014年3月26日閲覧。
  32. ^ 『Marvel's Agents of S.H.I.E.L.D.』にスタン・リー御大が特別出演!”. 海外ドラマNAVI (2014年1月9日). 2014年3月26日閲覧。
  33. ^ Agents of S.H.I.E.L.D. (TV Series) - T.R.A.C.K.S. (2014) - Full Cast & Crew”. IMDb. 2014年3月26日閲覧。