出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NATOの軍を表す兵科記号

(ぐん、英語: army)は、軍隊部隊編制単位の一つ。戦略単位としての性格を持ち、主に陸軍部隊の編成をする際に用いられる。おおむね軍団師団の上、軍集団方面軍の下に位置するが、その規模や位置づけは国と時代によって多少の差異がある。

概要[編集]

大日本帝国陸軍[編集]

大日本帝国陸軍では、軍団という編制単位を用いなかったため、軍が師団の上級部隊であった。日中戦争支那事変)開戦以前の平時の内地における高級部隊は師団のみであり、海外領土には朝鮮軍台湾軍関東軍支那駐屯軍の4軍が置かれていたが、これらは外地駐留の警備部隊であり、駐留部隊を管轄する組織なため規模も小規模なものであった(このうち常設師団を持つものは朝鮮軍のみであり、他は師団とくらべ規模兵力が特に大きかったわけではない)。

有事の際には作戦の都度その作戦に応じた規模の軍が編成された。これらの軍は、数個師団および独立部隊等その他の直轄部隊によって編成されていた。日中戦争開戦以降、陸軍の拡充に伴って多数の軍が設置されたことから、これらの上級部隊として他国の軍集団に相当する方面軍が編成され、さらには総軍である支那派遣軍が新設されている(総軍自体は日露戦争当時に満州軍が編成されていたが、当時は方面軍が存在せず総軍が各軍を隷属していた)。

軍の長は司令官軍司令官)と称し、主に陸軍中将親補された。軍隊符号Aで、1A(第1軍)、2A(第2軍)などと表記する。

1942年6月以降、陸軍航空部隊においても従来の飛行師団(FD)を統括する上級部隊として、地上軍の軍に相当する航空軍(FA)が編成されている。

陸上自衛隊[編集]

陸上自衛隊方面隊については、日本陸軍なら軍、アメリカ陸軍なら野戦軍に相当するものとされており、訳語もarmyとされている。

アメリカ陸軍[編集]

アメリカ陸軍において、野戦軍: Field army; armyと略称)は、基本的には師団(: division)の上級部隊であるが、必要に応じて軍団: corps)を隷下に入れることもある。軍は通常、陸軍の部隊としてはもっとも大規模なものであり、その上級部隊は戦域コマンドとなる。ただし、必要に応じて、軍集団が編成されることもあった。現在、部隊番号で呼ばれる軍司令部の多くは、各統合軍の陸軍司令部として改編されつつあり、例として韓国に駐留していた第8軍司令部は、太平洋陸軍(USARPAC)司令部と統合される計画である。イギリス陸軍も同様の編制法を採用している。

ソ連陸軍[編集]

ソ連陸軍において、軍は複数の師団から編成されており、西側諸国の軍団と同規模の部隊である。ソ連陸軍の軍は複数集まって戦線軍集団と同規模)を構成する。

関連項目[編集]